ウソの国:st5402jpのblog

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

年寄りです。1954年2月24日、長崎市の生まれ。17か18歳で、佐世保で洗礼を受けたクリスチャン。現在、教会へ行っていない逸れクリスチャン。ブログのテーマは、キリスト信仰と、カルト批判が中心です。ヤフーブログから移行してきました。ブログは、2010年からなので、古い記事も多いです。サポートに問い合わせて、ようやくコメントボタンが付けられました。ソーシャルボタンは、コメント欄の上に表示されることも知りませんでした。

 
  楽山の悪用
 
 「信仰と懐疑」羽仁もと子著
 2020年06月25日 楽山日記(LD)
 http://mn266z.blog.jp/archives/25292787.html
 
 
キリスト者でもない楽山が、人が信仰と懐疑の間で揺れているなどと言っています。信仰を知りもしないで、楽山が言うのは、余計なお世話であり、何でも分かるつもりの楽山の凄まじい自分信仰の思い上がりなのです。
 
「信仰と懐疑」は、『羽仁もと子著作集15 信仰篇』に収録されている文章であるが、タイトルにひかれて読んでみた。
まず著者はこの二つについて、「信仰と懐疑とは、いつでも並んで私たちの心の中にあるものです」と書いている。これはその通りだと思う。まんが的な表現で、心の中で天使と悪魔が議論するというものがあるが、そのように人の心はいつも信仰と懐疑の間で揺れている。
 
余計なお世話なのです。反キリストである楽山は、キリスト者が信仰に疑いを持っています、というような、こういう話が大好きなので、本を漁っては、攻撃材料にしてきます。神から人を離反させるのが、使命であるかのように、心の隙をうかがっては、信仰を蝕みたいのでしょう。
 
次に著者は、信仰と懐疑の関係について、「私たちのどんな小さな行動でも――いわんや大きな行動になると――信の力が疑いに勝っているから出来るのです」という。たとえば人生を続けているということは「人生を否定するよりも肯定している部分がいくらか多いため」であろうし、その他、結婚、子育て、旅行などについても、そのよい結果を信じている気持ちが、それを疑う気持ちより勝っているから出来るし、それを続けられるのだろうとする。
 
著者へのおべっかです。楽山は、必要とあれば、なりふり構わず、世辞も言う人です。社交の言葉で、お付き合いを始めて、楽山の、致命的な無明の世界に誘い込んでゆきます。何も明らかにならず、信仰もほどほどに、というような、社交と同じレベルの結論を刷り込む輩です。
 
そしてこの後、著者は「信」の強さや、質についての話に進んで行く。この辺りは、なるほどと納得できる話ばかりである。
自分は過去に、「信仰は100パーセントでなければならぬ。99パーセントではゼロに等しい」という話を聞いて、そんなことは可能であろうかとあれこれ考え込んでしまったことがあるので、著者のように現実に則したバランスのとれた話は非常にありがたい。おかげで余計な悩みを抱えないですむ。
 
「なるほどと納得できる話ばかりである」・・嘘だと思います。だから中身を書きません。信仰は完全にはなりませんが、代わりに、祈りによって、成長することで、生きてゆくのです。
 
楽山は、自身の、いい加減な詭弁の気安い信仰?でもいいんだ、と思いたいから賛同しているのです。はっきりした、敵も味方もなく、肯定も否定もなく、利用できるものを全て利用し、自尊のために悪用するような、楽山の言を信用してはいけません。
 
信仰は、パーセントのような、数量的比較などは、できない性質です。人においては、100%などあり得ず、御心の寛容な憐れみによって歩む道です。楽山の詭弁に、くれぐれも、だまされないように願います。
 
そういえば他の本で、信仰とは90パーセントの疑いと、10パーセントの希望であるという話を読んだことがある。この表現は美しいと思うし、この10パーセントの希望は、90パーセントの疑いよりも質において勝り、強いかもしれないという考えは感動的でもある。これはつまり信仰は物質ではなく、心の話であるから、黒か白かという単純なものではないということなのだろうし、羽仁もと子の文章もこのことをよく分からせてくれる名文だと思う。
 
信仰を字面の小理屈で語り、否定したり、肯定したりして、しかも、嘘を吐き、かつ、神も、キリストも、他者も、上から見下ろしている楽山は、求道する心がないために、それこそ、1%の信じる心の切っ掛けにも至っていないと思います。
 
今まで言ってきた嘘や詭弁を、チャラにするために、有名人を引き合いに出して、楽山が、世辞を言っているのは、他者の言葉を借りて、自分を高めるために他なりません。あの人も、この人も、こう言っている、という進め方ですが、総て、発言の断片だけの悪用であろうと思います。狙いが、とても、卑しいからです。
 
楽山が信仰を「黒か白かという単純なものではない」と言うのは、自分のいい加減な話を、否定せず、反省もせず、正当化するためです。
 
信仰は有無であります。心の無い楽山の、信仰についての言は、逐一、的外れです。神もキリストも、対象物として、屁理屈で見なし、屁理屈で否定してきたのです。もはや、この1年余りの、楽山の、鼻が曲がりそうな臭い話は、反省しない限り、人間とさえ思えないようなことです。
 
この、既に1957年に亡き人である明治生まれだからクレームも来ないであろう著者に対する、おべっか的な、楽山の記事は、手段を選ばない楽山の悪知恵に過ぎません。どうかどうか、決して真に受けないように願います。
 
恐らく、楽山やシャロームは、大人しいキリスト者(クリスチャン)に出会って、こいつらアホやと、組みやすしと、にらんだのでしょう。よく言われるところの、敬虔な、悪口を言わないし批判もしないキリスト者を、すっかり、舐めてかかっています。
 
人間らしい心を持たない楽山とシャロームは、反キリストであり、すなわち、キリストと、質朴なキリスト者の、敵です。
 
 
 エゴと信仰(『滅びゆく日本へ 福田恆存の言葉』)
 2020年06月27日 楽山日記(LD)
 http://mn266z.blog.jp/archives/25309964.html
 
 
批判を始めて、1年以上たっても、まだ書き続ける楽山の我執の強さが、表れています。反省せず、学習することがないために、楽山が、批判者を悪者として、自らを、批判の被害者、または、批判を返す者という自覚で、実際に、書いているのは、当てつけ、愚痴、言いがかりの類で、理路が全く成り立っていません。
 
楽山は、こちらの批判に対して、一度も、根拠を示して返したことがなく、自分は正しい、相手は間違っている、という前提で書いてくるので、悪い人だと、偽善者だと、卑怯者だという印象だけが積み重なってゆきます。人のことなど言う資格の全くない人であり、そういう状況に、まるで、気づかない病者であります。
 
福田恆存の本で読みやすいものはないかなあと思いつつ、その名言を集めた本書を手に取って何の気なしに開いたら、次の言葉をみつけた。
自我の強い男といふものは容易に自己催眠にかゝるのがつねである。
(『滅びゆく日本へ 福田恆存の言葉』佐藤松男編、河出書房新社、2016年、p.12)
某カルト信者をみていると、どうして自分の判断ミスを認めることができないのだろう? どうしてマインドコントロールが解けないのだろう? と疑問に思うことがあるが、結局のところ、この言葉にある通りであって、我が強いから、自分は宗教選択を間違ったということが認められず、「この宗教は正しいと判断した自分は正しい。自分には本質を見抜く眼力がある」という自己催眠をかけないではいられないのだろう。
 
楽山というカルトは、自分を教祖とする、即ち、自己満悦からの、自分信仰であります。だから、反省することがなく、自分の言動のあやまちを認めることが出来ないのです。
 
楽山は、自らの理路を組み立てることが出来ないために、他者の言葉を悪用して、その辻褄を悪用して、自分に都合の良い言葉を見つけては、当ててくる習性があります。ゆえに、この浅薄な楽山を説得するのではなく、否定し続けることが、使命となってきました。
 
まさに、我が強く、いつまでも、いつまでも、楽山自らの過ちを認めることなく、自分が正しいと判断した自分は正しいという循環に陥って、自覚なく、自分には本質を見抜く眼力がある、という自己催眠によって、書き続ける亡者となっているのが、楽山その人です。
 
自分もカルトにハマり、なかなか抜け出せなかった経験があるので、あまり人のことは言えないのではあるが、
 
だったら、反省して、人のことは言わなければよいのに、言うわけですから、楽山の嫌らしさが増幅されてゆくだけなのです。
 
字面の辻褄合わせだけを常習として、学習障害だけではなく、感動経験のない、鈍麻した情性の、無表情・無感動・無反応の人ではないかと思います。深みのない感情で、快楽原則だけの原始反応の動機だけで、概念の字面を並べている発言が、おびただしく連なってきました。
 
それだからこそ、我が強いほど、いったんこうと思い込んでしまったら、それをあとから修正することは困難になることはよく分かっているつもりだ。だから、カルトから抜け出せるかどうかは、エゴを捨てることができるかどうかにかかっているとも思う。
 
つまり、楽山は、エゴだけのヒト型生物になっているということなのでしょう。自己愛性人格障害の我執の強さは、人間離れした思想と信条から抜け出すことが出来ないために、このように訂正不能だということを、毎回、自ら、本能のように表しています。
 
活性のある人間性においては、「あとから修正することは困難になる」ということはなく、良心があれば修正可能であり、良心のない楽山は出来ないでいる、ということでしかありません。
 
こちらとしては、楽山の、言い訳がましく、またしても、人を悪者にする記事に対して、ひとつひとつ、批判を貼りつけてゆくしかない、という成り行きになっています。
 
自分がカルトにハマっているとは全然気づいていない人はともかくとして、そのことにうすうす気づき始めている人には、エゴから離れ、自分の間違いを率直に認めることができるように頑張ってほしい。
 
人のことをとやかく言う資格は、楽山にはありません。嘘を平気で吐く、偽善の言辞を平気で続ける、人の間違いを言っても、自分の間違いを真摯に認めたことが一度もない、というような者には、出てくる文章ごとに、批判を当ててゆくしかないのです。
 
楽山の、反省の言も、思いやりの言も、一切、信用できない、という、私が関わってきたところの、1年以上の履歴が、積み重なってきました。
 
そういう嘘とともに、楽山が、シャロームの反キリストの信条に賛成したのが、実に、遠い昔のように思われますが、今に至るまで、訂正などは、一度もしたことがないのです。
 
他者に頑張ってほしいと言いながら、自分が頑張ることだけはしない楽山という偽善者の慢心を見逃していると、どこまでも、図に乗ってしまう履歴ゆえに、さらなる詐欺的詭弁の被害を防ぐ意味でも、楽山が、言論のブログから去ってしまうまで、この異常者を、甘く見てはならず、また、いっさい、妥協してはならないのです。
 
そしたらきっと迷いから抜け出せるし、とても神とは思えぬ人物を神だと信じなければならぬという精神的な拷問から解放され、広い青空の下で自由を実感できると思う。
 
私は、楽山の思いやりめいた嘘の文章に、出会ってしばらくの数か月の間、楽山に、まんまと、だまされていましたが、今は、もう、誰も、だまされてはいけません。
 
楽山は、じわじわと精神的な拷問のような疲労だけを与える人であり、青空を遮蔽する人であり、何の実感もなく、字面のきれいごとの無感動を並べ、高慢によって膨れ上がり、経過と結果において情緒障害を来たして、まともに見せかける芝居だけで、周囲をだましてきたところの、口先だけの偽善者です。
 
 
(2020年07月01日)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
https://ameblo.jp/st5402jp/
https://stdsts.hatenablog.com/
(古い記事は載っていません)
 
https://st5402jp.blog.fc2.com/
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
https://twitter.com/st5402jp/
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
https://philosophy.blogmura.com/christian/
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ 
 
ブログランキング
https://blog.with2.net/rank4482-0.html
 
 

 
  楽山の自己正当化
 
 『死なないつもり』横尾忠則著
 2020年06月23日 楽山日記(LD)
 http://mn266z.blog.jp/archives/25268829.html
 
 
気に入らないことは全部無視して忘れて、自己正当化をせずにはおれない楽山の体質が表れています。自己正当化に、有名人や学者の言を利用して、都合の良いことだけを受け取ってゆく生き方だから、言動の、いたるところに、現実逃避と、真実から目を背けてゆく姿勢が表れてきます。
 
タイトルが微笑ましく、面白いと思ったので手に取ってみた。内容は芸術や人生についてのエッセー集であり、明るく前向きで楽天的な話題が多い。タイトルから、「死」や「老い」について書いてあるのだろうと思ったのだが、いい意味で裏切られた気分。
著者のものの見方は、自分から見るとすごく新鮮だ。たとえば、世間的には「飽きっぽい」ことはよくないこととされることが多いが、著者からすれば「飽きるということは、自分を守るためにも、自由になるためにも必要なこと」(p.59)だという。たしかに、飽きっぽいとは、一つことに囚われず自由だ。
 
飽きっぽいのと、故意に無視するのとは違います。
 
また著者は「理屈をこねないで、無頓着で暮らすのが一番です」(p.203)という。その理由は「『なぜ』に答えるためには、物事を理屈で考えていくことになります。それを繰り返すと、どんどん細くなっていって身動きが取れなくなる」(p.202)からという。これは耳に痛い話だが、それだけによく分かる。
 
理屈だけではなく、人間としての心をもって考えないと、楽山のように字面だけの小理屈になって、嘘と詭弁で、自己正当化しながら自分を慰めるだけで、人生を渡ることになるでしょう。
 
また、無頓着がいいと言っても、楽山がしている無視とは違いますし、自分の仕出かした悪と偽善を、自分の非を、忘れてゆくような無反省になったら、成長と進歩がなくなり、荒廃した人生を送ることになります。今回も、自己正当化の癖が抜けないようです。
 
反省する気がないために、このように、他者の意見や人生観や書籍などから、都合の良い言葉だけを拾って来ては、自分はこれでよいと思い込んで、自己正当化し続けてきたのが、楽山の生き方なのでしょう。自己愛の我執から逃れられない楽山です。
 
「老齢になると自然に欲望も執着も消えて、/好きなことだけが残っていく。/隠居の本当の意味は/好きなことで忙しくすること。」(p.127)というのは、理想的な年の取り方だ。三浦綾子のエッセーで、認知症になった老クリスチャンが、昔のことはみんな忘れてしまいましたがイエス様のことだけは忘れませんと言っていたという話が、ずっと記憶に残っているのだが、この話とどこか通じるところがあるようでもある。
 
ここでは、キリスト者の例を出して褒めていますが、本質は、反キリストであることが、今までの言に表れてきたのです。宗教も人生も、おもちゃのように、自分が即席に楽しめることだけを是としてきた楽山だから、無反省に、こういう白々しいことも書けるのでしょう。学ぶ姿勢がなく、利用する姿勢しか持たないと、こうなってしまうということです。
 
自分は悲観的な面があるので、長く生きるほど辛い記憶が積もり、圧し潰されそうな気分になることもあるので、年を取るほど純化されて好きなことだけが残るというのはすごく憧れる。
 
楽山は、しんみり悲しむことが出来ない人だと思います。悲観的とか負の感情を表現したり、反省という言葉だけ使っていても、その発言が記事の流れや文脈と一致しておらず、言葉だけであり、実際には、非を認めることがありません。
 
それで、根拠もなく「年を取るほど純化されて好きなことだけが残る」という文言を、そのまま受け取って悦ぶのです。総て自己中心からの他者の発言の悪用としか思われない楽山の文章です。
 
何事かを極めた人物の言葉には深いものがあるというけれど、本書を読んで本当にその通りだなと思った次第である。
 
そして「何事かを極めた人物」と、べた褒めしても、本を読んだ感想でも、自己中の欲望に強引に当てはめて言っているわけで、楽山の発言において、深みのない特徴として表れてくるために、信用できない人物なのです。こうはなりたくないと思っています。
 
 
信仰は、神という、不可知ながら、絶対正義の存在を知り、人間が、自らを低くすることで、非を認め、罪を認めて、反省し、悔い改めながら、癒されて成長する道であります。
 
その心の器という感性が、まるで見られない楽山は、信仰に対して、条件を付けたり、褒めたり、けなしたり、全く主体的な説得力を持ち得ない迷路の住人となっているのです。
 
しかも、自尊だけは高いために、厚かましく言い続けるので、きわめて迷惑であり、福音伝道の妨害者として、批判を向ける対象でしかなっています。
 
 
 楽山の偽善性・・再録+αです。
 
平気で嘘を吐く。様々な詭弁を弄して、柔和に見せかける。
後悔、反省、修正ができない。学習による成長がない。
理路が常識的にも浅く、破綻しがちであることに気づかない。
相手の意見を受け取っていないので、反論、弁明が全く出来ない。
基本的に訂正不能である。自己愛性人格障害の可能性。
特に批判に対して不感不応なのは、理路が理解できないからだろう。
 
楽山本人は、ブログのタイトルに、LDと書いている。学習障害 learning disability のことであろうか、言及がない。障害の自覚に、全く不釣り合いな満悦感から、厚かましく、学者・批評家・読書家・インテリ気取りで、分かっているという我執から離れられない。
 
深い情感がなく、共感性がない。
後悔することがなく、罪悪感、羞恥心がない。
世辞と社交以上の、議論や交流が、できないし、する気がない。
 
ボンヤリ言語:曖昧で婉曲的な言い方をして印象だけでも刷り込もうとする。
ボンヤリ言語の、曖昧な筆致でごまかしながら、書き続けて、書き続けて、偏見を刷り込む。
 
トホホ言語:謙虚で弱いと思わせて悪意を隠すための嘘の反省言葉。やさしさ芝居。柔和芝居。
トホホ言語と芝居で、謙虚を装いながら、好感を誘い、好感を得るだろうと、自己満悦する。
 
アドラー心理学の宣伝をしていたが、それが抜けずに、自己中が表れてくる。
HSを脱会したと言っているが、真実かどうか、疑わしい。
 
反キリストである。聖書およびキリスト信仰を、貶めてくる。
聖書を字面だけで読んで、理解したと思い込んでいる。
成長がなく、幼稚な疑問のまま、止まっている。
聖書や、他の文章も、心で受け取る、ということがない。
文章の、心無い字面(じづら)の皮相を、いつも、こすっているだけ。
 
霊能者のつもりだが、それに見合う直観的洞察は皆無で、発言に説得力がない。
 
対話形式とか、記事の体裁を変えて書いていましたが、独り芝居を書いても無駄なのです。
 
さらに、政治的には、右翼思想に傾倒しているようです。人の命を粗末にして破壊をもたらす戦争が好きなのでしょうか。右翼青年だったのでしょうか。A級戦犯に賛同しています。7月2日頃アップ予定です。
 
※ 
既に、ある程度、そろってきて、資料となっている "楽山の偽善性" については、今後も楽山の記事によっては加筆修正して、再録することになるでしょう。
 
 
(2020年06月30日)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
https://ameblo.jp/st5402jp/
https://stdsts.hatenablog.com/
(古い記事は載っていません)
 
https://st5402jp.blog.fc2.com/
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
https://twitter.com/st5402jp/
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
https://philosophy.blogmura.com/christian/
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ 
 
ブログランキング
https://blog.with2.net/rank4482-0.html
 
 

 
  楽山の弁神論(3)
 
 神義論、弁神論についての対話 3
 2020年06月23日 楽山日記(LD)
 http://mn266z.blog.jp/archives/25268657.html
 
 
独り芝居です。
登場しているのは、信者ではありません、楽山です。老人は、元信者ではありません、楽山です。
 
*悪の発生
信者 「神は、人に自由を与えました。人の自主性を重んじたのです。でも人の中には、この自由をはき違えて、悪を犯す者が出ました。これが悪の発生原因です」
老人 「神は、人を善きものとして創造したのだろう。それならば人は、当初、悪を持たなかったのだろう。それならば自由を与えられても、悪を為すことはないのではなかろうか」
 
神という人を超えた存在に対しても、何でも自分の小理屈で辻褄が合わないと信じない、というのが楽山ですが、それは、既に信仰ではありません。楽山は、人の愛情にも、そういうスタンスを取るのでしょうか。だとしたら、何も良い結果は生まれないでしょう。不幸な人です。
 
信者 「ですから、不心得な者が自由をはき違えたのです」
老人 「あなたは因果応報という法則があると主張していたろう。それならば悪の種がない限りは、悪の芽はでないということになるのではなかろうか。人は善きものとしてつくられ、悪の種を持たなかったのであれば、自由を与えられたとて、それをはき違えて悪を為すことはあるはずもないのでは?」
信者 「そもそも悪は存在しないという考え方もあります。人の目には悪と見えしことでも、大きな視点から見れば……たとえば、根本神のような高度な視点から見れば、一切のことには深い意味があり、悪は存在しないのです」
 
ふつう、神は、人の理解を超えている、としか言えないことを、楽山は、自身の頭の中で、辻褄合わせをしようとするのです。それは、信仰理解への努力ではなく、人としての身の程も謙遜も知らない我欲に過ぎないです。
 
老人 「これについてはさっきも話したが、世の中には児童虐待事件というものがあるだろう。罪もない子供が残忍な殺され方をした例もある。どんな理屈を持ち出しても、どんな視点から見ても、これを悪としないことは無理だろう。人としての情緒を失わない限りは…。こういう現実から目をそらして、悪は存在しないということこそ、屁理屈ではないかと思う」
 
悪は存在しない、などと言うことは、直観的に否定できるはずです。しかし、楽山は、小理屈の辻褄合わせを持ち出して難癖をつけます。"根本神" などと、上のほうで言っていますが、神に、根本も枝葉もないわけです。呆れます。
 
*訣別
老人 「この世に宗教はいろいろあるし、信者にもいろいろな人がいる。だから一概にこうだとは言えないのだけれども、あなたを見ている限りは、どうやら自分の信仰を守ることが一番の重要事項になっているようだ。信仰を持ち続けさえすれば、すべての問題は解決できるのだと」
信者 「……」
老人 「実をいえば、私もかつてはそんな風だった。ある宗教を熱烈に信じていて、その教義によって何でも判断していたんだ。複雑な人生問題でも、社会問題でも、その他なんでも、教義によって判断し、ニニが四とばかりに簡単に答えを出して満足していたものだった。この神義論、弁神論のような問題も、宗教教義を信じていたときは、チャンチャンで解決できた。今のあなたみたいにね」
信者 「……」
 
解決、ということが、我欲に沿う、ということになっている楽山のような者は、自分の心の問題を無視して、信仰によって何も解決しないと、神を憎むようになるのでしょう。
 
老人 「でもそのうちに、自分は教義ロボットになってしまっていることに気がついたのだ。何でも教義で考え、結論を出し、行動をするといった具合だ。まさに教条主義者だ。だからこの反省から、教義やら、ドグマやらに染まるのではなく、人間らしい情緒、正直な気持ちを大事にしようと思うようになったのだ。以前は、自分の心を、教義の枠にはめようと無理をしたこともあったが、今はそんな枠は気にせず、自分の心の手足をのびのび伸ばして暮らそうと思っているんだ」
信者 「……」
 
教条主義を信仰?と信じると、信仰?はのびのびしないものになる、ということは、聖書のパリサイ人の話で分かるはずですが、楽山は分からなかったようです。信仰の本質を受け取っていない者の言い分です。
 
老人 「お節介な話かもしれないが、あなたもこの辺りのことについて考えてみたらどうだろう。別に信仰は止めるべきだなどということは言わないが、もう少しだけ心に余裕をもってもいいと思う」
 
ここは、警戒してください。心に余裕を持ってもいいと楽山が言うとき、それは、信仰を信じ足りなくても信じ過ぎてもいけない、という話になります。既に、そのことを、楽山は言っていたのです。信仰は有無でしかありません。信仰を、人の道徳の字面でしか考えていないと、こういう偽善になってしまいます。
 
信仰に過ぎるとか足りないとかはないのです。楽山は、心で信仰を理解できず受け取っていないために、詭弁を使って、信仰を、いい加減なものにして、結局は、背教を促しています。
 
警戒してください。心で理解できない者というのは、楽山のように、憎しみ恨みに転じて、器に合わせるかのように、信仰の敵となってゆくことがあります。
 
信者 「突然、自分語りを始めたので、何を言うかと思ったらまあ…。何度も繰り返し言ってることですけど、ようするに、あなたは信仰を続けられず、退転したということでしょう。でもそういう自分の未熟さを率直に認めることができずに言い訳を並べ、自分は何も悪くないという自己正当化を試み、あろうことが私のことまでも同じ過ちを犯すように誘惑しているわけですね。人というものは信仰を失えばここまで落ちるもんなんですね」
老人 「……」
 
こういう、なじり合いも、楽山の企みなのでしょう。他者は、皆、愚かだという前提に立っている楽山は、「言い訳を並べ、自分は何も悪くないという自己正当化」して、他者を「同じ過ちを犯すように誘惑しているわけ」です。
 
自分の言葉によって、あるいは、酔って、裁かれる、ということが、ここで起こっています。「ここまで落ちる」というのも、まさに、楽山において、まさに今、現出していることです。
 
信者 「でも、おあいにくさま。私は絶対に信仰は棄てません。あなたみたいにはなりません。なりたくもありません」
老人 「……」
信者 「ブログを読んだ時は、もう少しまともな人かと思いましたが、それは間違いだったようです。今ようやく、あなたがどういう人かということが、はっきりわかりました。あなたとは話をするだけ無駄です」
老人 「……」
信者 「だから、あなたと会うのは、これが最後です。もう二度と会いませんし、話もしません。同じ部屋で同じ空気を吸うなんてまっぴらです」
老人 「……」
信者 「私はあなたに真理はお伝えしました。でもあなたはそれを拒否したのです。死後に地獄に堕ちてから、『誰も真理を教えてくれなかった』などと泣き言はいわないでくださいね。地獄に堕ちたのはあなたの自己責任なんですから」
老人 「……」
信者 「では、これで本当にさよならです」
老人 「そうですか。さようなら」
 
「私はあなたに真理はお伝えしました」・・こういうつもりでいるのが、まさに、楽山です。
 
私たち信仰者は、真実を求めています。真理をつかんでいるわけではありません。
 
「でもあなたはそれを拒否したのです」「地獄に堕ちたのはあなたの自己責任」・・これは、脅迫です。そして、楽山の信仰理解?であり、体質なのです。
 
本当に、楽山は、何も書かないように、さよなら、したい人です。
 
 
 「無駄なこと」についての対話
 2020年06月23日 楽山日記(LD)
 http://mn266z.blog.jp/archives/25268771.html
 
この記事において、楽山は、似たような人物を登場させることによって、今までの記事がHS批判であったかのように見せかけていますが、無駄です。イワンの話、神義論の話なども書いていたからです。こういう、ごまかしもしてきます。どこまでも汚い言い逃れの楽山です。決して近づかないでください。
 
 
速報ですが、楽山の自己正当化は、だんだん下等になってきて、著名人の言葉さえ、字面だけを悪用して快老生活などと言っています。言葉を、ことごとく勘違いして、または、わざと曲げて、言い逃れ、もはや、内容がなく、的外ればかり。殆ど自滅行為です。7月上旬にアップします。
 
楽山は、不十分ながら出来ることを精いっぱい努力して生きてゆこうというのではなく、自分の言い分が通らないのを、通さない奴が悪いと決めつけて慢心するような、いちばん厄介な存在として、詭弁などの細工だけで、言い張りを続けてゆく類の人間なのでしょう。いわゆるルサンチマン(弱者に募る怨念)の人であり、仲間がいるのかもしれません。
 
ということで、当分、私は、ブログの題材に不自由する心配はしなくていいようです。
 
 
(2020年06月29日)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
https://ameblo.jp/st5402jp/
https://stdsts.hatenablog.com/
(古い記事は載っていません)
 
https://st5402jp.blog.fc2.com/
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
https://twitter.com/st5402jp/
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
https://philosophy.blogmura.com/christian/
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ 
 
ブログランキング
https://blog.with2.net/rank4482-0.html
 
 

 
  楽山の弁神論(2)
 
 神義論、弁神論についての対話 2
 2020年06月23日 楽山日記(LD)
 http://mn266z.blog.jp/archives/25268499.html
 
 
楽山の、偏向した負の情熱、つまり、怒気のベクトルが、無反省に、執拗に、詐欺的言説によって、にじり寄ってきます。
 
*なぜ神は悪を止めないのか
信者 「神は悪を止められるはずなのに、なぜ止めないのかと仰いますけどね、そこには神の深いお考えがあるんですよ」
老人 「たとえば、どんな?」
信者 「神の愛は、砂糖菓子のような愛ではないんです。砂糖菓子は美味しいです。でもそればかり食べてたら虫歯になってしまいます。だから神は、人々の魂を鍛え、進歩させるために、幸いを与えるだけでなく、試練を与えることもあるんです」
老人 「つまり、神は、人々の霊性の向上のために、あえて悪の存在を許容しているということかな」
信者 「大雑把に言えばそうとも言えますが、だからといって神は悪を奨励しているわけではありませんからね。悪と見えし、この世の苦難困難は、魂を磨き、霊性を向上させるための砥石としての役割があり、そこに意味があるということです」
 
このように、神を、人間の考える正義の立場から、矛盾だ、矛盾だと、正論を繰り出したつもりになるのが、楽山のような偽善的無神論者の生業(なりわい)なのです。
 
楽山は、霊性の向上、などという、一見、高尚に見える言葉が大好きでが、それに見合う中身が全くありません。信仰に必要なのは、人間に相応しい心なのです。
 
信仰者は、先ず、苦悩があり、そこからの、慰めでも、励ましでも、癒しでも、救いでも、いただきたいと思う人です。ゆえに、聖書を読むのです。
 
上に立って、机上で小理屈を捏ねている気取り屋とは、種類が違うと言ってもよいでしょう。ですから、決定的なこととして、楽山のような偽善者は、人を救う道を、何も提示しえないわけです。総て、机上の空論だからです。
 
楽山は、愛と共感を知りません。ゆえに、キリストの愛と共感も知りません。それが、妬ましいから、文句を言っている、という、極めて低次元の自己満足人であり、それを、何々論だとか飾っているだけなのです。
 
誰も認めてくれないから、その小理屈を言うことにだけ快感を覚えるのでしょう。言ってみれば、いちばん、この地上で、他者をあざ笑い侮辱し続けている人種なのです。
 
老人 「それは、逆境にある人が、自分自身の心を奮い立たせようとするときには有効な考え方だろうが、他人に対しては適用できないものだね」
信者 「どういうことですか?」
老人 「たとえば、逆境にある人が、『この苦難、困難には意味があるんだ。自分はこれを乗り越えることで、魂を鍛え、さらに高く飛翔できるんだ』と前向きに考えて頑張るのは結構なことだ。でも、児童虐待事件などについて、『この苦難困難は、この子の魂を向上させるためにあるんです。神の愛は砂糖菓子のようなものではないんです』と第三者の立場から言うとしたら、こんなバカなことはない。あなたはそうは思わないかな」
 
まことに、自分に意味付けを欲するのは、楽山のような自己愛性の者であります。つまり、どこまでも気取りだけが目立ってくるのです。
 
誰も、良い意味付けをしてくれないものだから、自分で意味付けをして、それと違うものを否定する、という、みじめな人生を送っているのです。正義の味方気取りで。
 
信者 「それとこれとはちがいます。その二つは同列には語れない問題です。大人の話と、子供の話を同じにするなんて、頭悪すぎです」
 
「頭悪すぎです」これが、楽山の本音です。自分以外の人が、全部、頭悪いと思ってしまう自己愛者なのです。だから、高慢から、説教をしたつもりで、誰も聞いていない、誰にも良い影響を与えられない、という人生を歩むことになります
 
老人 「でもこのたとえによって、この世の悪は、人の霊性を向上させるためにあるという考え方は、逆境にある当人に奮起を促すための精神論としては有効な場合はあっても、この世に悪がある理由を説明する理論としては不完全であることが分かるだろう」
信者 「そんなことは勝手に決めないでください。たったこれだけの例で不完全と決めつけるのは卑怯です。あなたは自説に都合のいい例を持ち出してるだけじゃないですか」
老人「ある仮説が不完全であることを証明するには、その仮説で説明できない事例を一つだけでも挙げればそれで十分だと思うけどね。でもまあいいか。それで、この件について他に意見はあるのかな」
 
仮説をあげても、神を説明することなど出来ていないし、否定することも出来ていないし、ゆえに、信仰者から、キリストの愛と共感の感動体験を奪うことは出来ません。
 
しかし、不思議です。虐待された子供が死んでしまっては救いも何もあったものではない、という疑問を、まだ、楽山は言っていません。気づいいていないのでしょうか。だとしたら、とても、程度の低い疑問ということになります。
 
このように、虐げられたまま死んでしまう人々にとって、神はどうして救わなかったのか、という疑問があります。その答えは、キリストの愛と共感に包まれている、また、それを知る、ということが、私たちの知ることのない、地上を超えた世界では、あるのかもしれない、という希望だけになります。それで不服な人たちは、耐えるのではなく、信じないほうを選ぶのでしょう。
 
ゆえに、天国ということが聖書には登場するのです。その希望を支えるのは、愛と共感のために、命を惜しまなかったキリスト、その御方に対する私たちの愛と共感なのです。
 
これは、楽山のような野卑な屁理屈をこねる者には、分からないのでしょうね・・。
 
信者 「当然あります。はっきり言って、あなたは我が強すぎます。我が強すぎるから、自分の小さな頭で考えたことが全てだと思って、それで結論づけて得意になってるんです。物事はもっと大きな視点でとらえるべきです。悪についてもそうです。そういうことは、自分の小さな頭で考えるんじゃなくて、もっと大きな視点…いわば神の視点でみてこそ、その意味が分かるんです。それでこそ、悪、苦難、困難、悲惨…などが存在する本当の意味が分かるんです」
 
若い楽山も、年寄りの楽山も、何も分かっていません。神の視点で見ることなど、人には出来ません。ここに、でっち上げの、にわかクリスチャンの正体が、バレてくるのです。
 
老人 「つまり巨視的視点からみれば児童虐待に宗教的な意義を見出せるってことかな。いやいや、どういう視点から見ようとも、児童虐待に存在意義を見出すなんて、人としての情緒を保っている限りは、それは無理だよ」
信者 「だから言ってるでしょう。人の視点では分からないんです。神の視点でなくては…。あなたはこの問題について、あれこれ言うなら、まず神の視点を得てから言ってください。神の視点も、神の心も何も分かっていないくせに、あれこれ言うのは傲慢というものです」
 
どうしても、楽山は、その狭い視野に入るような小理屈で、神と信仰を考えるようです。知らないこと、分からないこと、見えないことがあるという信仰の世界に、楽山が、どこまでも反発してくる病理のわけが、ここにあるのでしょう。
 
*イワン
老人 「この辺りの議論については、『カラマーゾフの兄弟』のアリョーシャとイワンとの対話で表現されているね。有名な「大審問官」の少し前のあたりだ。イワンは、神の存在と児童虐待の関連について熱く語っているよ」
信者 「話をそらさないでください。あなたに神の視点が分かりますか。分からないなら黙りなさい。あなたの努めは、知識自慢をして知ったかぶりをしないで、まず黙ることです」
 
ここは、私への当てつけです。楽山の言い分が、あまりにも幼稚で、かつ、批判に対して何も答え得ない男なので、書くな、ということは、前から言っています。その理由は、言論の責任を負えないから、言論の自由はない、ということです。楽山は、虫男、つまり無視男です。
 
老人 「なかなか手厳しいね。すぐ終わるから、ちょっと話を聞いみてほしいね。記憶に頼って話すので、不正確な部分があったら申し訳ないのだが、この物語の中で、イワンは、神の計画のために幼児の犠牲が必要だとするなら、自分は天国への招待状は受け取る気にはなれないという風なことを主張しているんだ。神の計画が成就したあかつきには、犠牲になった幼児も、他の人たちもみんなが天国で幸せになるとしても、そのために罪のない幼児を犠牲にしなければならないというのには納得できないと…」
信者 「それで一体何が言いたいんですか」
老人 「あなたは児童虐待について神の視点から見ればその意味が分かり納得できるというけれども、私はそれが神の計画の一部であったとしても納得できないということだよ。人としてそれに納得してはいけないとも思っている」
 
信仰の原動力が愛と共感であることを知らないし感じることも出来ない楽山の言です。神が、その被造物である人を、いちいち納得させる必要はないのです。それでも、人は、キリストに引き寄せられてゆくのですから。つまり、楽山のような屁理屈者は、神の計画にも、信仰の世界にも、必要ないのです。邪魔しないように。
 
信者 「それは確信犯として神に逆らうということですよ」
老人 「イワンはそういうところはあるかもしれないね。多分彼が言う幼児というのはキリストのことなんだろう。神の計画のためには幼児の犠牲が必要であり、その犠牲の後は、その幼児も他の人も天国で幸せになるだとか、罪のない幼児を犠牲にして天国に入りたいとは思わないだとか主張しているからね。ただイワン本人は、教義、ドグマを批判しているだけで、神そのものに異議を申し立てているつもりはないかもしれないが」
信者 「なにやらグチグチ言ってますが、ようするに神がすることは気にいらないと文句を言ってるのでしょう」
老人 「上のことは、イワンの心理を自分なりに想像してみただけだ。私自身の考えをいえば、もし神が存在するとしたならば、こういう問題については、宗教教義やドグマによって簡単に割り切って済ませてしまうのでなく、大いに迷い悩むことを人に求めていると感じるね。だから神は、苦悩するイワンはもちろん、イワンに反論できないアリョーシャのことも温かく見守っているだろうと思う」
 
楽山の考え方として、もし神が存在するとしたならば、という、あとの理屈を、楽山の狭い世界観によってこねていることです。まず、信仰は理屈ではないですし、その時点でアウト、さらに、楽山の貧相な理屈で分からなければ否定、という傲慢の時点でアウトなのです。
 
信者 「呆れた。自己都合信仰も、ここに極まれりですね。あなたの言い方だと、神は、人が信仰に迷い、悩み、棄教して、無神論者になることを期待しているかのようではありませんか。自分が退転し、無神論者になったからって、神がそれを望んだからだというのは、自己都合信仰にもほどがあります」
老人 「私が言っているのはそういうことではなくて、ちと口はばったいのだが、端的に言えば愛が大事だということだよ。この世の悲劇、悲惨について、宗教教義やドグマによって「因果応報ですね」「前世のカルマですね」「霊性向上のための試練です」などと簡単に判定して済ませてしまうのは冷淡すぎるのであって、それよりは宗教教義やドグマによって割り切ることはできず迷い悩む方が人としてまっとうな生き方だろうということ」
 
楽山は、愛を、字面だけで概念だけで語れると思って、信仰を、愛だから冷淡ではいけない、とか言うことで語っている時点で、信仰を、薄い同情に貶めています。これは、つまり、楽山は、神の理路を、人の理路、実際には、楽山の、みすぼらしい壊れた心無い理路で考える時点でアウトなのです。こういう野蛮な理路は、結局、信仰に難癖をつけるだけに終わるからです。
 
心に半端な持ち物が多い人は、信仰に至りません。その最悪な場合は、他者の信仰を尊重することさえしなくなり、自我の執着で一生を、不平不満でいっぱいにしながら終えることになるのです。楽山に書くなと言った理由の一つが、ここにあります。我執の不幸をまき散らすなということです。
 
信者 「なにやら、もっともらしいことを言ってますが、結局は自己正当化のための屁理屈ですね。信仰を全うできずに退転したくせに、それを認めたくないために、屁理屈を並べてる」
老人 「これは屁理屈かな? それではついでにもう少し屁理屈を並べさせてもらうと、イワンは大雑把に言えば無神論者だね。でも深い愛を持っていることは確かだ。だから神は愛であるとすれば、深い愛のある無神論者であるイワンは、神とともにある無神論者と言える。一方、何でもかんでも教義やドグマで割り切ってしまう教条主義的な信者は、愛に欠けている。こういう人は、神を失った信仰者であり、神とともにはいない。あなたは神を信じるかどうかを最重要事項としているけれども、私は信仰の有る無しなんて、愛があるかないかと比較したら些末な問題でしかないと思う」
 
楽山は、深い愛を持てず、無神論者としても成り立たない幼稚さで、慢心しているナルシストです。老人も楽山ですから、「信仰の有る無しなんて、愛があるかないかと比較したら些末な問題でしかない」などと言っています。信仰と、愛を、分ける時点で、アウトなのです。
 
信者 「ははは。『酸っぱいブドウ』ですね。イソップ寓話では、キツネは美味しそうなブドウを見つけて食べようとしたものの、いくら飛び跳ねてもブドウには届かなかったため、『このブドウはどうせ酸っぱくてまずいんだ』と負け惜しみを言って立ち去ったそうです。あなたは退転をして信仰を失ったから、信仰なんて価値はないと負け惜しみを言ってるんです。かわいそうな人ですね。あなたを見ていると、教祖様が『何があっても、絶対に、信仰を失ってはいけない』と繰り返し警告しておられる理由がよくわかります」
 
信者は、合理化機制の話をしていますが、老人は信仰を失ったという設定なのでしょうか。教祖様というのは、楽山が執着しているHSの教祖のことでしょうか。楽山は、分かると言っています。まだ、執着しているわけです。
 
*なぜ神は悪を止めないのか
信者 「あなたの無駄話のせいで、大分話がそれたようなので戻しますけど、あなたはこの件については、そもそも問題の立て方が間違ってますよ。『なぜ神は悪を止めないのか』と言いますけど、この世界には因果応報という法則があるんです。すべては善因善果、悪因悪果です。因果は決してくらますことはできません」
老人 「それについては先に述べてるね。この問いの前提は、神は全能であるということだよ。それだから、『神は絶対、全能、完全で、悪を止めることができる。それなのに、なぜ悪を止めないのか』という問いが生まれる。あなたのように、因果律が絶対で、神はそれを曲げることができないとするなら、この問題が生じないのは当たり前だね」
 
老人が、神の全能によって信仰を捨てたという設定なのか、楽山の、まやかしは、理解できませんし、理解する必要もないのです。楽山の因果律は、楽山の頭の中にしか存在しないものですから、楽山のゴミ箱を漁ることはしません。
 
神を、人の言論で、明らかにすることは出来ません。
 
 
楽山は、こちらが批判記事をアップすると、ぽつぽつと、新しい記事を追加アップするようですが、その中身は、他者の本の都合の良いところだけを引用するような、自主性の無さで、それに加えて、小姑のような愚痴を並べる、という成り行きになっています。
 
楽山は、批判対象記事を、新しい記事で、後ろに、後ろに、隠したいようですが、既に総てコピペしてあるわけですから、こちらは、じっくり、ゆっくり、批判記事を練ってゆくことになります。
 
 
速報ですが、現時点で、楽山は、太平洋戦争のA級戦犯、大川周明の記事を書いて、賛同しているようです。相変わらず理路になっていないようだが、楽山は、右翼青年だったのかもしれません。下書きは出来ているので、7月上旬には批判記事をアップする予定です。
 
 
(2020年06月28日)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
https://ameblo.jp/st5402jp/
https://stdsts.hatenablog.com/
(古い記事は載っていません)
 
https://st5402jp.blog.fc2.com/
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
https://twitter.com/st5402jp/
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
https://philosophy.blogmura.com/christian/
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ 
 
ブログランキング
https://blog.with2.net/rank4482-0.html
 
 

 
  楽山の弁神論?
 
 神義論、弁神論についての対話 1
 2020年06月23日 楽山日記(LD)
 http://mn266z.blog.jp/archives/25268306.html
 
 
弁神論は、神義論とも言い、神の正しさについて追究する学問のようですが、学問で、論理で、神の正しさが証明できる、ということについて、私は、気持ち悪いだけです。楽山のような、半端な知識を振り回す者は、弁神論が大好きなようです。
 
楽山の悪意が発火しています。愚か者は、冷静な理路を通さずに、怒り始めています。これが、楽山の正体なのです。楽山の立場は、反キリストです。惑わされないでください。
 
*再訪
信者 「こんばんは」
老人 「どうも、こんばんは。息が荒いようだが走ってきたのかな」
信者 「走ってなんかいません。あなたのブログ記事に呆れたんです。いつにもまして酷い事を書いてますね。ったく、腹立たしくてなりません!」
老人 「どの記事のことを言っているのかな。そんなに立腹されるようなことを書いた覚えはないのだが…」
信者 「つまり、悪い事をしたという自覚がないんですね。最悪…」
老人 「ともかく、私の記事のどこが問題なのか、具体的に指摘してほしいのだが…」
信者 「具体的に指摘したら削除しますか」
老人 「現時点ではそんな約束はできないが、話の内容によっては検討しないでもない」
信者 「随分と逃げ腰で、歯切れの悪い返答だこと(笑)。でも、まあいいでしょう。問題はここですよ。『神が存在するなら、なぜこの世界に悪があるのだろうか。この世にこれだけ悪があるということは、神は存在しないということを示しているのではなかろうか。そんな疑問を抱かざるを得ない』って何ですか。神がいないわけがないでしょう。何をバカなことを言ってるんですか」
 
「どこが問題なのか」に対して答えずに、「神がいないわけがないでしょう」と言って、頑な護教を示しています。注意してください。楽山に護教精神などありません。悪い例として、論(あげつら)いたいだけなのです。二人は、いずれも、楽山その人であります。
 
*神義論、弁神論の前提
老人 「それは神は存在しないと結論付けているのではなくて、『神がいるなら、なぜ悪があるのか?』という問題提起だね。私は基本的には不可知論的な立場だから、あれこれ考えはしても、神は存在するとか、存在しないとか、断言はしない」
信者 「おやまあ、また逃げてますね」
老人 「逃げるもなにも、どうも誤解があるようだから、自分の立場を理解してもらえるように、説明しているだけなのだが」
信者 「言い訳がしたいなら、好きなだけ言い訳をしたらいいですよ」
老人 「そうかね。では、あと一つ、ついでに説明すると、この問題は、神は全能、絶対、完全、善、正義である等とした場合に生じるものだ。これを前提とすると、『神は全能であるなら、悪を止めることができるはずだ、それなのに止めないのはなぜだ?』『神は絶対、完全なら、悪はどこから生まれたのか? 悪は一体どこから来たのか?』などの疑問が出てくるということだよ」
信者 「いつもの屁理屈がはじまりましたね」
老人 「間違っていたら申し訳ないのだが、あなたが信じている神は、どのような神なのかな。もし前述の全能、絶対、完全な神ではなく、いわゆる多神教的な神々だとか、高級諸神霊というような存在を念頭において、この問題を考えているなら、それはちょっとズレてると言わざるを得ない。ここのところは、よく気をつけてほしい」
信者 「そんなことは、いちいち言われなくても分かってますよ」
老人 「そうか、それならよかった」
 
先ず、楽山は、不可知論的な立場ではありません。ただの、安っぽい無神論者です。しかも、とても下劣で、卑怯な詐欺師のような人物です。そこを棚に上げて、論者を気取り、一流を気取っているところの、偽善者です。
 
私は、神の意志と行為を説明できる論は人間の側にはない、ということを、以前から言っています。説明できる、知っている、分かっている、という意見を、背教として否定している立場です。
 
「神は全能、絶対、完全、善、正義である等とした場合に生じる」と言っていますが、違います。問題は、その全能を、人知で理解しようとするから起こることです。さらに、分かったつもりになった者は、かえって、分からないことばかりになるでしょう。それゆえに、理解力がないのに、ますます、意地悪に貶(けな)してゆくのです。
 
何でも分かる、ということにしないと気の済まない楽山が、その思い上がりによって、上のような理屈を捏(こ)ね上げているだけなのです。楽山は、自らの、"完全"、に思い上がっているものだから、神に、信仰に、いちゃもんをつけてくるのです。人間として、罪深さを自覚できないので、とんがって吹聴し、結果、最も醜い様を曝(さら)しているわけです。
 
「『神は絶対、完全なら、悪はどこから生まれたのか? 悪は一体どこから来たのか?』などの疑問」、呆れます。これは楽山などの自己愛の疑問であって、人間の疑問ではありません。人間として、人間の罪の性質を、自覚できない楽山です。神?として君臨したい妄想が表れています。
 
ゆえに、楽山は、多神教のようなと、いい加減な見方で、どうにでもなる神?を、"分かっていますよ"、と言っています。楽山は、神?を哀れみたいのです。この場合、楽山は、どういう立場でしょう、神の上に君臨するものという立場に舞い上がっているわけです。こういう楽山ですから、誰も近づいてはいけません。
 
楽山は、自己愛性人格障害の、恐ろしい顔を見せてきました。恐らく、この辺りの小理屈で、楽山は、一生涯、堂々巡りをすることになるのでしょう。
 
 
 楽山の偽善性・・再録+αです。
 
平気で嘘を吐く。様々な詭弁を弄して、柔和に見せかける。
後悔、反省、修正ができない。学習による成長がない。
理路が常識的にも浅く、破綻しがちであることに気づかない。
相手の意見を受け取っていないので、反論、弁明が全く出来ない。
基本的に訂正不能である。自己愛性人格障害の可能性。
特に批判に対して不感不応なのは、理路が理解できないからだろう。
 
楽山本人は、ブログのタイトルに、LDと書いている。学習障害 learning disability のことであろうか、言及がない。障害の自覚に、全く不釣り合いな満悦感から、厚かましく、学者・批評家・読書家・インテリ気取りで、分かっているという我執から離れられない。
 
深い情感がなく、共感性がない。
後悔することがなく、罪悪感、羞恥心がない。
世辞と社交以上の、議論や交流が、できないし、する気がない。
 
ボンヤリ言語:曖昧で婉曲的な言い方をして印象だけでも刷り込もうとする。
ボンヤリ言語の、曖昧な筆致でごまかしながら、書き続けて、書き続けて、偏見を刷り込む。
 
トホホ言語:謙虚で弱いと思わせて悪意を隠すための嘘の反省言葉。やさしさ芝居。柔和芝居。
トホホ言語と芝居で、謙虚を装いながら、好感を誘い、好感を得るだろうと、自己満悦する。
 
アドラー心理学の宣伝をしていたが、それが抜けずに、自己中が表れてくる。
HSを脱会したと言っているが、真実かどうか、疑わしい。
 
反キリストである。聖書およびキリスト信仰を、貶めてくる。
聖書を字面だけで読んで、理解したと思い込んでいる。
成長がなく、幼稚な疑問のまま、止まっている。
聖書や、他の文章も、心で受け取る、ということがない。
文章の、心無い字面(じづら)の皮相を、いつも、こすっているだけ。
 
霊能者のつもりだが、それに見合う直観的洞察は皆無である。
 
対話形式とか、記事の体裁を変えても無駄だと思います。
 
情報化社会の現代は、聖書の時代と違って、迫害者や偽善者や反キリストが、それだと、すぐに分かるような時代ではありません。彼ら邪悪な者たちは、様々な、だまし方をもって、良心を攻撃してくるでしょう。
 
楽山は、否定か肯定か、はっきり言わず、キリスト者とも付き合い、ときには、世辞も言いますが、最後には、キリスト教は正しくないと言えなくもない、などと言って、裏切るでしょう。楽山は、自らが教祖になる企みを持ち歩いている狡猾な偽善者です。
 
人間らしい心があれば、誰でも、深い信仰に至ることは可能ですが、自己中で無反省の心無い者だけは、どんなに見せかけの知性を振り回しても、真のキリスト者にはなれないでしょう。
 
楽山は、人の意見を全く聞かずに自分の言いたいことだけを言うことに、恥も罪も感じないほど、それゆえに、また、ネットでもリアルでも、彼に出会うことは不幸としか言いようがないほど、疲労だけを与えて混乱させる人格破壊者です。
 
・・怒鳴るより悪い、いやらしい言い方、というのが楽山には分からないんでしょうね・・
 
※ 
既に、ある程度、そろってきて、資料となっている "楽山の偽善性" については、今後も楽山の記事によっては加筆修正して、再録することになるでしょう。
 
 
(2020年06月27日)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
https://ameblo.jp/st5402jp/
https://stdsts.hatenablog.com/
(古い記事は載っていません)
 
https://st5402jp.blog.fc2.com/
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
https://twitter.com/st5402jp/
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
https://philosophy.blogmura.com/christian/
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ 
 
ブログランキング
https://blog.with2.net/rank4482-0.html
 
 

このページのトップヘ