ウソの国:st5402jpのblog

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

年寄りです。1954年2月24日、長崎市の生まれ。17か18歳で、佐世保で洗礼を受けたクリスチャン。現在、教会へ行っていない逸れクリスチャン。ブログのテーマは、キリスト信仰と、カルト批判が中心です。ヤフーブログから移行してきました。ブログは、2010年からなので、古い記事も多いです。サポートに問い合わせて、ようやくコメントボタンが付けられました。ソーシャルボタンは、コメント欄の上に表示されることも知りませんでした。


  在る・祈る
 
あの頃に戻りたい
という あの頃が
どこを探しても見当たらない
 
人生が二度あれば…?
あってたまるか
二度と生まれては来ない
としか言えない今
 
かといって
不幸体験合戦をして何になろう
不幸と言えば
ぶん殴られそうな怠(だる)い日々
 
感謝と賛美で埋め尽くさねば
気の済まない信仰もあるのだろう
そうせずにはおれない何か
事情があるのかもしれないし
 
コリント・パウロの愛の賛歌
「愛は寛容であり、…」
の肯定否定を総て逆にしてみると
自分にそして今の世に
蔓延(はびこ)り流れ落ちる
愛と呼ばれるものの
実相が浮かび上がる
 
賛美すべき誠の愛も
そしてまた憎しみも
絶えることのない今の世に在って
戻りたいあの頃探しも
もう一度生まれる人間願望も
信仰も希望も大いなる愛も
否定も肯定もアンビバレンスも
総ては神の手の中に
祈りへ祈りへ
 
(2003年06月30日)
 


  完全と自然
 
完全な人間は一人もいないが
完全数と名付けられた数がある
その数を含まず
1を含む全ての約数を足すと
その数になるという
しかも完全数は1から
ある一定数までを足した数でもある
6と28が代表的で
不思議な数だが
よく知られているらしく
電子辞書にも偶数の完全数を
求める公式が載っている

自然界に数はない
自然は数えられるために
存在しているのではない
数は人間の頭の中にだけある
と書いたことがあるのは
数というものに対する不信と
自然数が自然に存在する
と思い込んでいたら
虚数に至って
つまずいたからだが
数にも
偶然とは思えない美しさがある
自然数にも不思議の謎は尽きない
 
改めて
「神様のなされることは皆
 時宜にかなって美しい」
   (伝道の書3:11)
という聖句を思い出す
 
人間の頭の中にだけあるものも
神様が造られたものだ
人間の心の中にだけあるものも
神様が造られたものだ
数学だけではない
芸術だけでもない
考えることも感じることも
神様が造られ
人に与えられた賜物だ
ありとあらゆるところに
神様の御心は行き渡っている
 
不完全なものとして
人間は造られている
神様の摂理に従順なものとして
自然は造られている
自由意思を与えられながら
神様に反逆するのは人間だけだ
 
御心は人にも自然にも行き渡り
求める者には惜しみなく
注がれる用意がなされている
導かれる用意がなされている
 
どんなに意見が違って
今は噛み合わなくても
どんな疑問や批判や不満や
いさかいが今はあっても
唯一完全な御方によって
無条件に導かれることを
無条件に賛美できるだろうか
問われ続ける
人は
 
(2007年07月02日)

 


(数学問題・・・私の好きなテレビ番組から)
 
問題:
足した数(和)と掛けた数(積)が等しくなる
5つの正の整数を求めなさい。同じ数があってもよい。
 
解答例:
100+100=200,100×100=10000
つまり、大まかな目安として、大きい数は 和<積 となる。
小さい数から始めることになる。
5つを(a、b、c、d、e)と表すことにして
便宜的に左から小さい数を並べることにすると、
(1,1,1,1,1)では成り立たない。和-積=4。和>積。
(1,1,1,1,e)でも成り立たない。和-積=4。和>積。
(1,2,2,2,2)でも成り立たない。これは、和<積。
(2,2,2,2,2)でも成り立たない。これも、和<積。
5つの中に1が0,1,4,5個では成り立たない。
5つの中に1は、2つか3つということになる。
小さいほう(1,1,1,2,2)から計算を始めると・・・
 
(1,1,1,2,5)が先ず正解。――――――――――――――――①
 
さらに1が2つの(1,1,2,2,2)から、これが先ず正解。―――――②
 
さて、和=積の場合、和-積=0だから
 (a+b+c+d+e)-abcde=0
その中のどれでもよいが例えば e を(e+1)にして
和-積 を計算整理すると 1-abcd になる。
これが0になるためには、
a=b=c=d=1でなければならない。
しかし上に書いたように、1が4つでは成り立たないので、
すなわち 1-abcd<0 ということは、
正解が見つかった場合、
その5つのどれかに1を足すと、和<積となり、
成り立たないということになる。
 
この関係は、和<積 の場合も 1-abcd<0 となり、
言える。つまり
上の正解の5つの数のどれかに1を足すと成り立たず、和<積になる。
さらに、その5つの数のどれかに1を足しても、和<積となり、
成り立たないということになる。この関係が続く。ということは、
すなわち
正解が見つかったら、
その5つのうち、複数でも、どれかが大きい5つの数の組合せでは
成り立たないということになる。
(※ ただし、その場合、どれかを小さくしてはならない。)
 
さて正解を検証すると ①より
(1,1,1,2,5)が正解なので、
(1,1,1,2+1,5)(1,1,1,2,5+1)
(1,1,1,2+1,5+1)以上は実際に計算しなくても
成り立たないということになる。しかしまだ
(1,1,1,2+1=3,3(<5と小さくなってる!))
以上については調べていないので成り立たないとは言えない。
実際(1,1,1,3,3)は正解である。――――――――――――――③
ならば
(1,1,1,3,3+1)(1,1,1,3+1,3+1)
以上については、和<積となり、正解にならない。
これで1が3つの総ての場合についての検証完了ということになる。
また②より正解(1,1,2,2,2)は、1が2つの場合の
一番小さい5つの数の組合せなので、
どれが大きくなっても、和<積となり、成り立たない。
これで1が2つの総ての場合についての検証完了ということになる。
 
以上より答えは、①②③の
(1,1,1,2,5)(1,1,1,3,3)(1,1,2,2,2)
であり、それ以外にはないということになる。
 
(※ n 個 の正の整数の組合せについては?・・・
 正解を見つける作業が最低限必要だったので・・・一般解は
 ・・・分かりません。失礼。)
 

 
  若者の知恵
 
若者は気を使う
衝突はしたくない
こすれあってもいけない
空気にさえ気を使う
雰囲気は人が作るもの
空気はどこにでも自然にあるもの
 
気を使わなくなると
いじめの世界だ
気を使わなくなると流行(はや)りやすい
どろどろ ねちねち べたべた
密着を強いられる
 
できることはする
できないことはできない!じゃなくて
できないことはムリ(無理)
距離を保つために
空気を壊さないために
相手のために自分のために
若者は若者らしく気を使う
だから「明るく、あっさり冷たい」
生活の知恵なのである
 
(2010年10月10日)
 
※  「高圧的」「頭ごなし」「居丈高」「高飛車」「見下す」は、
 正面衝突しそうで、きついから、「上から目線」と言う・・・?
 
 
 
 
 


  はね
 
しずく はらい
あめの ぬくみ はねて
かえろう いまいちど
ひざかりの つみくさの
のはらの ゆめ まどろみ
あしたの つゆに あずけて
にたものどうしの わかれみち
はおと も なくて しののめに
とびたつのは ぬれて
ただひとひらの はね
ふきすさぶ くもの まつ
いつも ひとつの そらへ
 
(1997年4月21日)
 
 
  かえらないもの
 
もう そこには ないのですね
うつむいた ときから
もう そこには いないのですね
なぐさめようもなく
うなだれた ところから
ひとは みな かえってゆきます
たずねびとが みちに まよい
たびびとが よわきになった
そのみちを ふたたび
あう やくそくも できないまま
みつからない ひみつを のこして
いいつたえと なぞの あけくれに
ひとは みな いってしまいます
ないものと いないもの もう
たれも さがしは しないのですか
 
(1997年9月7日)
 
 
  うしなったよる
 
みそこなった このみちは
たれのみち どこへ つづく
みうしなった このよるは
たれのよる なにを つつむ
みすてられた このときは
たれのとき いつを かくす
みな ねむるころ
めさめる いまを さかいに
みとどけたい あしたを
くらやみの くさむらの
むしたちの こえと むねに
おちる しずくの おとが
なくしたものを ひろげながら
とおくへ くぎってゆく
 
(1997年9月7日)

 
 
 

このページのトップヘ