ウソの国-詩と宗教:st5402jp

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

年寄りです。1954年2月24日、長崎市の生まれ。17か18歳で、佐世保で洗礼を受けたクリスチャン。現在、教会へ行っていない逸れクリスチャン。ブログのテーマは、キリスト信仰と、カルト批判が中心です。ヤフーブログから移行してきました。ブログは、2010年からなので、古い記事も多いです。


  己(おのれ)
 
あるとき悪魔であり鬼であり
しばしば疫病神(やくびょうがみ)であり
畜生類であり冷血動物であり
虫でありバグであり
生まれない方がよかったものであり
近寄ろうとすればするほど
長くなる距離があり
触れようとすればするほど
高く厚くなる壁があり
逆に近寄るものは次々に裏切られ
加わる集(つど)いは中止され
いつの間にか約束事は破棄され
いつからか
交(まじ)わるのに向いていない
生きるためのセンスがない
と呟(つぶや)くようになり
さらに卑小になって
呟くのも一人だけ
この世でただ一人だけ

と壁を作り堀(ほり)を作り
測れぬ距離を隔てて
これでよいか
これでよいか
と気づけば崩れる壁の外にいて
水を入れ忘れた堀
の中に落ちて雨を待っている
水を流してくれ
水に流してくれ
 
(1999年07月15日)
 


  集いと孤独
 
集いが団居(まどい)であっても
何か頼りなくて
本物なのかどうか
あやふやであるのに
孤独はいつも
きっぱり孤独だ
さらに
ときに集いはいっそう孤独だ
だから
どこへ行っても帰っても
孤独によって
死に誘われることのないために
行ってきっぱりと
あやふやな団欒を悦び楽しみ
帰ってきっぱりと
自らの拠るべき関わりにおいて
ひとりの人であれ
 
(2006年12月26日)
 
 
  食欲と孤独と忍耐
 
ブラウン管を見ていた
あれが人間だよ
というふうに眺めていた
この世の寄生虫
まだ食欲と僅(わず)かの信仰があります
信仰は食欲を超えられるだろうか
希望は愛はどうだろうか
試(ため)す機会はあるだろうか
食欲さえなくなれば
森か山の中にでも行って土へ帰る
ことなど出来はしない
食欲がなければ体力もない
虫のように小さく干涸(ひから)びる
ことも出来はしない
ヒトの肉体を持っている以上
ここで腐臭を放ち膨らみ
蛆(うじ)が湧き蠅(はえ)が飛ぶのだ
しかしまだ食欲があります
何も感じなくなる前に
最後まで残る問いは
食欲と孤独と忍耐の三つであり
最も長い泡沫の管は食欲であり
最も腫れ上がる虚無の空洞は忍耐であり
耐えて意味なく萎(な)えて耐え難く
しかして最も大いなるものは孤独である
多くの悲劇の預言者において
恐らく一見そうであったように
一人の愚かな凡夫において
恐らく実際そうである
 
(1999年07月22日)
 


  祈りとお呪い
 
折りに触れ祈ってはいるが・・・
祈り祈りとこだわると
お呪(まじな)いになってしまいそうで
本当に必要があって願いがあって
神様に向かって祈っているのか
されど祈らなければ
あるいは祈りたいときだけでよいなら
いつか祈りを忘れ信仰を忘れ
神様から離れてしまいそうで・・・
いやきっと
神様は離さないでいてくださる
祈らずにはおれない気持ちも
神様のほうから
忘れないように
時と心を
思い出させて下さる
与えて下さる
神様との約束を
信仰を忘れない限りは
神様は忘れないように導いて下さる
・・・・・・?
また分からなくなった
 
 
  神・信仰・人
 
神様は人を顧みて民として選ばれる
人は自ら必要と感じて信仰を求める
神様の憐れみと導き
人の信教の自由意志
神様が与える試練
耐え忍ぶ人
神様が与える恵み
賛美して自らの知恵とする
信仰を与えられること
信仰によって与えられるもの
信仰によって目指し求めること
信仰が人に求めるもの
全能と無力
信仰と不信仰
神は人に・・・
人は神に・・・
人は人に・・・?
 


  完璧な敗北
 
徹底的に負けて
完璧な敗北者となる
負けて負けて
負け尽したとき
老いても若くても
余生は
与えられるもののみによって生きる
負け尽した者のみが知る
その一途な悦びは
この世の人々からは
鬼畜に見えるかもしれない
 
(2006年11月14日)
 
 
  罪を重ねて
 
罪に罪を重ねて
裁かれることを恨んで
憎しみに憎しみを重ねて
憎みながらぼろぼろになる
憎しみはぼろぼろになる
 
罪に罪を重ねて
許されることを信じて
悔いに悔いを重ねて
祈りに祈りを重ねて
安らかにぼろぼろになる
ぼろぼろは安らかだ
 
(2006年11月14日)
 


  枕する所
 
忘れてはいけない
ユダヤは散らされ
キリストを殺した民と蔑(さげす)まれたが
キリストはユダヤに生まれ
キリストの教えも
ユダヤから始まったことを
 
主は知っておられたのです
十字架の後も
人が罪を犯し続けることを
 
集まれば噛み合わず
散れば孤独で
また集まれば諍(いさか)い啀(いが)み合い
また散ればまた孤独で
愛しながら傷つける相手を
求めて止まない人の罪を
 
もううんざりして
この世に疲れたとき
御国を求めることが
死を求めることにならないために
 
忘れてはいけない
狐には穴があり
空の鳥には巣がある
人に枕する所があるために
神の子には枕する所がなかったのです
 
 
  強さ・弱さ
 
強い者を私は
あまり好きになれない
弱い者を蔑(さげす)むからだ
 
弱い者を私は
あまり好きになれない
信仰の力を信じていないからだ
 
弱い弱い私を私は
あまり好きになれない
信仰の強い強い力に
与(あずか)ろうとしないからだ
 
弱い弱い私を私は
あまり嫌いになれない
信仰以外の強い強い力に
頼ることができず
信仰に向かうしかないからだ
 
弱ければ弱いほど信仰は強くなる
されど痛みがなくなるわけではない
刺されればやはり痛い
痛みが強ければ強いほど
信仰は強くなれるだろうか
 
元々の強さ弱さと
信仰の強さ弱さとは
原因・理由・根拠・経過・結果
いずれも少しばかり
あるいは著しく異なってはいないか
 

このページのトップヘ