ウソの国-詩と宗教:st5402jp

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

年寄りです。1954年2月24日、長崎市の生まれ。17か18歳で、佐世保で洗礼を受けたクリスチャン。現在、教会へ行っていない逸れクリスチャン。ブログのテーマは、キリスト信仰と、カルト批判が中心です。ヤフーブログから移行してきました。ブログは、2010年からなので、古い記事も多いです。


「だまらっしゃい」という題名について:
信仰をしばしば人間の理屈で程よく辻褄を合わせようとしてしまう
自分に対して発した一喝。信仰は理屈ではないですから。
 
  だまらっしゃい
 
全てを明け渡して委ね自分で自分に苦を強いることをやめるという考え方も
ある程度分かります。
聖霊体験については直接理解できているとは言い難いが目指す理想については共感できるところもあります。
しかしそれは基本的にイエスを主・キリストと仰いでいるという共通の素地があり加えて幾度かメールや投稿を拝読した上でお互いの信仰(観)を尊重するという認識の上に立てるようになって初めて可能になることです。
キリスト教初めてという求道者や一般の人に対して同じような言い方をすれば
前者は「頑張ってはいけないのですか?」
後者は「自我に死んで?土の器になって?聖霊様に考え行動していただく?カルトじゃないの?」ということにもなりかねませんから
そういう人には聖句の引用などから始め言葉遣いにはそれなりの配慮が必要であることは言うまでもありません。
つまり信仰観について話すとき我々の言葉は相当に特殊な言語になっている。
さりげない言葉が、ある人には特別な意味を持つことがある。
一般には馴染みのない言葉が当然のように使われたりしている。
しかもそういう特殊な言語と普通の日常会話的言語が殆ど意識されずに混ざって使われているという現状を自覚しておくことが必要でしょう。
ですから説明や返事を書くときには相手の立場を考え尊重し自分が納得できる範囲で相手にも分かりやすく…
 
ええい、だまらっしゃい!
あ、失礼。これは冗談です。というより私の頭に向かって怒鳴りました。
……………私は鬱っ気(け)もシゾっ気(統合失調症の傾向)もあって幻覚体験もありますが、今特に幻聴が聞こえたわけではありません。
私は詩のようなものを投稿していますが、説明文となると表現に気を使うだけではなく理屈を整えなくてはならず詩のようなものを書くのとは全く違う思考で違う思路を辿(たど)ることになるようです。
先走る理屈に耐えきれず「私の頭に渦巻く理屈よ辻褄合わせよ屁理屈よ黙れ。」ということでした。
 
詩は詩に感動できる人が愛する世界で詩の読み書きには詩心・感(受)性・センスなどと呼ばれる知的資産が要求されます。
信仰は前提条件として人間性以外のいかなる資産も要求しません。
この全く異なる二つの事柄ですが、奇(く)しくも共通した部分があります。
どちらも「理屈ではない」ということです。そしてどちらも独特の言葉の世界だということです。
かくして旧約聖書には詩篇があり、旧約にも新約にも心に残る聖句・御言葉があります。
しかし好きな聖句というのも人によって違います。
それは人それぞれが異なる道のり・人生経験を経て、信仰観も微妙に違うからでしょう。
そういうことで
今まで幾度か「全てを委ねる」お勧めを頂戴してきましたが、
そんなに委ねていないと思われているのだろうか…
というのが正直な感想でございます。
例えば「自分を責める」という行為ですが、
これは罪を自覚するときには自然に伴なってくる行為~現象のようなものであって自分で自分に苦を強いているわけではない。
 
自分を責めることなくして
どうやって悔いるのだろう
悔いることなくして
どうやって罪を認めるのだろう
罪を認めることなくして
どうやって許されるのだろう
 
しかし自分を責め続けることは精神衛生上よくない。
それより前に責め続けることに耐えられない。
それより前に耐えられないと分かっているから、
いつまでも責めることはしない。
ある時点で罪を悔い許しを乞い願い祈り
ボロボロの私をそのまま運んでください導いてください
と委ねるのでございます。
 
罪を認めてから委ねるまでのタイムラグの違いなのでしょうか。それとも明るい面よりも暗い面を見てしまう私の体質の所為(せい)なのでしょうか。私は自分をいつまでも責めてくよくよしている哀れな人ということになっているような気がいたします。
どう思われようとも、ちょっと遅れて委ねるという繰り返しはこれからも続くだろうと思います。
そういう前提の上で
今の私にとっては
自分を責めるということが
人間であり続けるための最低条件なのでございます。
それができなくなったら私は人間ではない、人間性を保ち得ない。私の信仰は妄想か狂信に過ぎなくなるとさえ思うのであります。
 
以上
提供は肥後の国
びっくり交信局でした。
 
--------------------------------
(※ このころは熊本にいました
 クリスチャンのMLに投稿した記事です。)
 


  履き物
 
スリッパは
履く人の足になじむほどに
柔らかくなり汚れてきて
つぶれたり破れたりした
靴はいっときの化粧のように
磨かれて光沢を放つが
なじむほどに皺が増えたあげく
裂けて笑ったりもした
 
おおかた人の寿命よりも短く
人の重さを背負いながら
なじんだ末に捨てられる
のはまだいい方で
なじむこともなく
ある日下駄箱のもう片方を開けると
埃をかぶったままの
硬い顔が並んでいた
 
(1997年5月31日、HPにアップ)
 
 
  過ごし
 
佇んでいるつもりでも
飛んでいたり
歩いているつもりでも
回っていたり
走っているつもりでも
それが自分じゃなかったりする
 
起きているか
眠っているか
集中しているか
散漫であるか
何かしているか
何もしていないか
いや何か思っていた
何かしていたはずなのに
比べようもない
永遠からやって来たような
長くするものがあり
短くするものがある
何もかも思いのほかだった
私は過ごしていたのか
私が過ぎていたのか
 
この二年はまるで
まばたきする間だったのに
あの二十分は
まだ終わってさえいないんだ
 
(1996年11月30日、HPにアップ)
 
 
  私の分
 
私はもう何もしなくていい
広い空も青い空も遠くていい
私は物乞いはしない
でも乞食でいい
ここでひび割れていればいい
秋は窓近く佇んでいる分だけで
若い光を少し恵んでくれた
小鳥はカーテンの向こうから
朝のさえずりを誰かに与えながら
身近な空を切り分けて風に似せてくれた
私はもう何もしなくていい
遠くでざわめく予感のような流れの合間に
耳元で舞っている塵の分だけの
冷気の苛立ちと
星屑の痛みをほんの少し
入れることのできる器であればいい
 
(1996年ごろか)
 
 
  遥かに得たもの
 
四角い風船に乗っていました
確か子供のころはそうでした
誰かが吹いたのです
過ちなど何もないと
四角でよかったのです
乗っていたでよかったのです
計る必要などないのです
過ちなど何もありませんでした
今はもう乗ることも
引かれることもなくなっても
何も失ってはいない
一度だけで充分でした
静かに手に入れたはずなのです
身の内にも外にも
風船の自在な中身だけを
 
(1998年1月4日、HPにアップ)
 
 
 


    夜汽車
 
一、眠れない夜汽車の旅に
  うす目をあけて外を見ていた
  またひとつ明かりが消えて
  静かな闇へ
  別れてゆくね
  流れゆく光に追われ
  いつか名もない過去へ帰ると
 
  残された 灯(ともしび)そっと
  消して あなたの
  旅が始まる
 
二、できるなら夜に抱かれて
  僕も小さな夢になりたい
  時のない眠りの中へ
  退く愛を許していたい
 
  この身には測りしれない
  あなたの世界 たとえようもない
 
  そこにだけ あなたの夢が
  あるというのか
  まだ問われずに
 
三、眠れない病の夜を
  遠い旅路へいざなう汽車に
  どれほどの明日(あす)を拒んで
  よどむ命をまかせたのだろう
 
  戻れない時へ幾度も
  今日も別れを繰り返すだけ
 
  今はただ まぶたを閉じて
  これが最後の
  あなたへの歌
 
四、やがてまた窓にもたれて
  うす目をあけて外を見ていた
  ほのめく闇 重なる光
  いつか全てが同じところへ
 
  いつの日か僕も去るだろう
  それが約束 尽くせぬ歌に
 
  残された灯(ともしび)そっと
  隠して 僕の
  旅が終わると
 
(1997年1月8日、HPにアップ)
(2013年05月27日、若干修正)
 
 
  すべて意欲は
 
すべて意欲はからからと音をたて
枯れ葉のような空回りをした
その目は絶えず中空(ちゅうくう)にのぞみ
底知れぬ空しさにのめり込むようだ
 
すべて情熱はふれあう縁(よすが)もなく
真っ赤な嘘に目をまわしていた
心は絶えず波の上 木の葉のよう
いつしか海に沈むことに憧れていた
 
 雲がわき
 雲が飛び
 雑多な雲が流れ
 千々に流れて
 虚空(こくう)へ消えた
 
すべて祈りは尽くせぬ歌のよう
とまどう思いに吐息を返した
その手は絶えず
差し伸べる力もなく
さわれぬ何かを待っているようだ
 
ひととき光が枯れ木にさして
ほんの一滴しずくがこぼれた
しずくの下まだ傷ついたまま
春は静かに眠り続けた
 
まぶたの裏に 語らぬ唇に
明日(あす)に届かぬ夢がうずいた
明かさぬ胸に あたためた やさしさだけ
伝えたかった 誰よりも先に
あなたに
 
(1997年1月8日、HPにアップ)
 
 
 


  眠りの息
 
鼻から吸い込んだ空気が
咽喉(のど)を乾かさない
咽喉を冷やさない
湿気と温もりを持ってくると
そろそろ穏やかな眠りの息だ
眠りに入ろうとするときの呼吸だ
もうすぐ眠るんだな
今夜は眠れるんだな

再び目を開けたときには
辺(あた)りはまだ暗いのだが
咽喉が冷たく乾燥して
咽喉の代わりに鼻の中が
水っぽくて詰まりかけている
毎日風邪を引いては治すような
早くも冬の朝の始まりである
 
(1999年01月24日、HPにアップ)
 
 
  孤独な感覚
 
数え切れないくらい
覚えがあるということは
数え切れないくらい
忘れているということだ
計り知れない底力ということは
強いか弱いかを語る
スケールさえ持たないということだ
空は広いが広さは知らない
時は永いが永さは知らない
人は溢(あふ)れているが殆ど無縁
自分は一人しかいないが
過去と未来には無数
数が
無い
感覚
は孤独にも
常に別の自分を求めている
 
(1999年02月05日、HPにアップ)
 
 
  靴底
 
歩く足が踏んでいるのは
靴の底の内側(うちがわ)
を通して外側が踏む地面
踏むのは地面だけではない
底の内側を通して
踏む踏み続ける
踏まれて潰れるものもある
地面は凹(へこ)むこともあるが
大地は潰れない
靴底は足と地面との間で挟まれ擦られ
すり減って割れることもある
踏む踏み通す
潰れてゆくのは
踏まれたものだけではない
 
(1999年02月20日、HPとアップ)
 
 
  ずっと・限りある想い
 
昨日 もう遠い
久々に訪れた人
事務的な用をさっさと済ませて
帰っていったが
これからは みんな
想い出にしようかと
顔色・声色・触れるような
その時の温もりも冷たさも
この眼が瞬きを止めて
角膜が反射を止めて
乾いて瞼(まぶた)に
こびりつくまでずっと
 
(1999年03月05日、HPとアップ)
 
 
  心ふるわせて
 
君は笑っていた
アハアハアハハ
と君は笑っていた辛(つら)いから
他人事(ひとごと)ではなかったのだね
ウソにウソを重ねて
柵(しがらみ)に
しがみついて生きるのをやめたいから
私が笑うときのために
ウフウフウフフウホホ
ヘラヘラヘワワ
と笑うときのために
拒否と受容を
不能と可能を
同じ器(うつわ)に入れたいと思う
だからこの脆(もろ)い器が
ひび割れても完璧に消え去るまでは
気鬱(きうつ)は私の糧(かて)です
生き甲斐です
絶望は私の糧です
生き甲斐です
虚しさは私の糧です
生き甲斐です
ああもっと
喜び以上に震(ふる)えています
 
(1999年02月18日、HPにアップ)
 


  悪魔と基督
 
悪魔は密かに隠れて働きかけることを好むが
基督は常に顕れて意識されることを喜ばれ
またそのように導かれる
 
基督の負いやすい軛(くびき)は
人間性の最も温かい部分に架けられ
ゆえに一度架けられた軛は人を捕えて放さない
それゆえ人が基督を忘れようとしても
温もりを求めないではおれないがゆえに忘れられず
死や狂気や悪しき謀に走ろうとしても引き戻される
人が人の都合で神を選ぶのではない
神が神の都合によって人を選ぶ
 
肉の心と体が動くとき悪魔は陰で欲望をけしかけ
知恵に悪知恵を吹き込んでそそのかす
意識できない悪魔を探そうとしても大方困難である
悪魔は隠れ住むことに巧みである
しかし基督は既に明らかな絆によって人を導かれ
御自身も明らかなることを好まれる
ここに明暗は分かれ、光と闇は分かれる
闇は光に勝つことはなく
闇は光が来れば消えるか更に狭く隠れるほかはない
 
このように肉の心と体が動くとき
更に深く潜む悪魔を見出そうとしても至難である
父・御子・御霊の大いなる導きだけが頼みであり
強い軛によって私を放さないで下さい
という祈りによって明け暮れる日々は
人に与えられる分け前として
いかなる苦痛と苦悩の中にあっても
人が希望を楽しむのに必要であり十分である
 
 
  ヨブ記とお叱り
 
ヨブ記などを読んでみますと、
神様に叱られているような気がします。
一人称を用いるので恐縮ですが
「お前(人間)は私(神)の造ったものだ。
私のものだ。
私のものを壊し塵に帰すのに
いちいちお前の考えに沿って説明し納得させ
了承を得る必要がどこにあるか!」
という具合に。被造物である私は泥の中に
ひれ伏すしかありません。
ヨブ記では神様が言葉をかけてくださる。
今の世においては神様の声を聞くこともできない。
異言も止(や)み、預言も廃(すた)れた。
しかし、いや、だからこそ
代わりにヨブ記も福音書も含む聖書がある。
 
 
  悲劇と希望
 
クリスチャン・キリスト者の希望
「最後まで残る」という聖句にもある
希望とはいったい何だろう
 
試練とも導きとも
人には説明できない悲劇が
実際に起こっているという現実
天災であれ人災であれ
生き残った人々にとっては
試練となりうるかもしれない
でも死んでしまった人々は
もはや悲劇を試練と呼ぶことはない
 
突然のように襲ってくる
そういう悲劇から
キリスト者だけは守られている
悲劇を免(まぬか)れるなんて
とても思えない
 
キリスト者に残される希望とは?
 
人が理解できるできないにかかわらず
人が納得するしないにかかわらず
あらゆる人の期待や思惑を超えて
生死さえ超越して
神の御心は必ず成就するということ
そして
いかなる悲劇においても
悲劇の意味を理解できない人間とともに
永遠の友として傍にいてくださり
血を流し苦悩してくださるキリスト
としか今は言えないのです
 
 
  信仰と条件
 
空に向かって
口をアパ~ンと開けて
奇跡が降って来るのを待つ
というのも確かに変だが
 
戒律でもない
境地でもない
信仰に
条件をつけてはいないか
ならば云々
すれば云々
果ては
ねばならない
 
祈りましょ
休みましょう
少し元気があるなら
遊びましょ
学びましょう
地から涌き水を恵まれる 膏肓(こうこう)に
病膏肓に入るとも
恵み膏肓に入る
無条件に

天から恵みの雨を
光を
与えられるものだけ
必ず与えられると知りなさい
注がれる 胸に
 

このページのトップヘ