ウソの国-詩と宗教:st5402jp

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

年寄りです。1954年2月24日、長崎市の生まれ。17か18歳で、佐世保で洗礼を受けたクリスチャン。現在、教会へ行っていない逸れクリスチャン。ブログのテーマは、キリスト信仰と、カルト批判が中心です。ヤフーブログから移行してきました。ブログは、2010年からなので、古い記事も多いです。


  小屋から       戸田聡
 
小屋から屠殺(とさつ)場まで
死ぬのは一瞬で
死んだあと食われること
など分からないから
殺されるとも知らずに
飼葉(かいば)をのんびり食(は)んでいます
涎(よだれ)を垂らして何度も何度も
反芻(はんすう)しながら
 
小屋から刑場まで
飼葉桶(かいばおけ)から十字架まで
殺されると知りながら
血と肉の
ブドウ酒とパンの福音を
罪人とされた人々に述べ伝えながら
来し方・行く末を何度
反芻されたのでしょうか
民族も人種も違う東の国の
家畜以下の怠け者が一人
深い罪の淵(ふち)で
あなたに こだわっています
気の遠くなるような時を超えて
 
(2001年03月11日、HPにアップ)
 
 
  異教徒        戸田聡
 
私はクリスチャンである
それにふさわしい生活はしていないが
自称クリスチャンの端くれである
キリスト教は人格的唯一神信仰である
神様のことは知らない
我が主イエス・キリストについて言えば
私の信仰は排他的である
異教の神々を認めるなど以ての外である
私は縁あってイエス・キリストだけに
望みを託すものである
だからキリスト教と異教の
共存・和解ましてや融合など考えない
彼らと仲間になる気などさらさらない
では彼ら異教徒についてはどう言うべきか
地獄へ落ちる者か人でなしか
あるいは悟らない恵まれない者と言うべきなのか
無神論者を含めて彼ら異教徒
血も涙もある人間であることに変わりはない
(中にはそう思えない者もいるようだが
そういう事情は人間共通のものだ)
尊敬に値する優れた人物もいる
紛れもない事実として異教徒が
人間として存在する
同じ人間なのだから
ただ同じ人間・人格として尊重して
苦難の時代をともに生きるべきである
言うまでもなく彼らは
クリスチャンより上でも下でもない
クリスチャンもただ人間に過ぎないからである
私もただ人間に過ぎないからである
軽んじてはならず哀れむべきでもない
と書いたのはそのためである
 
しつこいようだが
私の信仰は排他的なのである
クリスチャンの人々にさえ
理解してもらえそうにないのである
 
(1997年2月3日、HPにアップ)
 
 
  できることを       戸田聡
 
たまに訪れる
小冊子・パンフレットを持って
キリスト教系の新興宗教
彼らの多くは金持ちではなさそうだ
ぎりぎりの貧しい生活に耐えながら
暇を作って布教活動をしている人を
少なくとも一人は知っている
 
昔見たことがある
粗末な服を着て列車の中
揺られながら何か手帳にメモしていた
大きな荷物を傍(かたわ)らに置いて
ひたむきに祈るように
これもキリスト教を名乗る新興宗教
 
彼らの主張や聖書の解釈は
私にはとうてい受け入れがたい
はっきり言えば間違っていると思うのだが
ふとキリストの言葉を思い出す
「彼女は自分の出来ることをしたのだ」
 
彼らが駆り立てられて暴力に走るなら
明確に否(いな)と言えよう
しかしもし彼らが一生涯を
清貧のうちに貫(つらぬ)くなら
神様は裁き・憐れみ・御国へ至る道を
ただ単に宗旨(しゅうし)や解釈の
違いや正誤によって決められるだろうか
神様が人を見て顧(かえり)みられ
憐れまれるのは・・・
私は恥ずかしさに項垂(うなだ)れ
またキリストの言葉を思い出す
「先の者が後になり、後の者が先になる」
 
(1999年05月29日、HPにアップ)
 


なぜ私はこんなにまとめて投稿するのだろう。
1.暇だから。
2.壊れつつある心身を抱え
 何か奇跡的とさえ思えるほど
 今も死なずに生きている。
 いつまで投稿できるか。
 いつ出来なくなるかわからない。
 いろんな意味で人間には寿命がある。
3.HP、ブログ、ML,といった、ネットの世界の、
 はかなさを思うから。消えたサイト、HP、
 更新されないブログ・・・等々
4.私は、ジコケンジ野郎だから。
 自己存在・未完成・未消化・未熟・未決・・・の
 安定剤では癒されない末期症状?
まだあるような気もするが、また・・・よくわからん・・・
 
 
  逆行        戸田聡
 
二輪車にバックギヤを付けて
エンジンをかけて
それでも君はペダルを踏む
遡れ
遡れ
もう前も後ろもない
平衡は保てない
君は転倒する
未来へと
 
(1998年3月31日、HPにアップ)
 
 
  駆けよ        戸田聡
 
君は足りないもののために喜ぶだろう
満ち足りることのために悲しむだろう
たまらず君は駆ける
走りながら強(したた)か転ぶ
前のめりに顔を潰す
鼻も唇も擦り切れる
血が流れて止まらない
そこが元の場所だと知る前に
傷んでいるのは君の背中だ
 
(1998年3月31日、HPにアップ)
 
 
  山へ、そして夕方、夏     戸田聡
 
暑い
ただそれだけの理由で
夕刻からバイクで山を目指す
日差しはまだ強い
山上へ向かう近道を走る
気温が下がっていくのが体感できる
山の上は曇り
涼しい
景色もいい
だが束の間だ
まだ暗くなるまでには間があるのだが
そうじゃない
雨が降りそうでもないのだが
そうじゃない
一人では山の上で格別することもないし
そうじゃない
一つの柵(しがらみ)を捨てたときから
すでに解放されたはずだった
帰る
という習性はプログラムの
バグの欠片のようでありながら
染み付いている次元の時限で束縛する
下りてゆく
下界への道
下り坂の前に
恵みとも罪とも罰とも付かぬまま
終わりに向かって巡り続けることを
しばし忘れさせ
また忘れさせて
返ってきた蒸し暑さの向こうに広がる
涼やかに確実に移ろいゆく
この日山上に置き忘れた
ひとときを見下ろしてくるひととき
 
(1998年7月7日、HPにアップ)


  耐えてひるまず      戸田聡
 
虐げられたという怒りの前に
なだめるように墓標は立つでしょう
虐げたことは一度もないと言えますか
そして哀しげに見回すでしょう
恨みを晴らしたいのですか
それとも不正をただしたいのですか
恨みを晴らしたいのなら
怒りに身をゆだねるのが早くたやすいこと
しかしもし不正をただしたいのなら
いかなる闘いにおいても
人が人を切ることの恐れと罪を知り
義を足場として固く立つべきでしょう
 
怒りは怒りを生むだけだから
いかなる不幸を前にしても
最後まで耐え忍ぶべきことがあるはずです
あらゆる理不尽と不正と
差別と犯罪に対して闘うことを
勇気と呼ぶために
 
主イエスは言われました
「心の柔和な者は幸いである」
そして命を賭した柔和さを示されました
 
この身はたとえ死の谷を歩もうとも
墓標の石板に
それら勇者の名は刻まれる
人には悲しい戒めのように
 
ディスクリミネーション
クライム


耐えてひるまず
 
(作成年月日不明・・・96年か、それ以前?)
------------------------------------
誰からも、私の座右の銘からも、
「何様のつもりだ!」と言われそうな作です。
被害者と言われる人々だけでなく、
個人の苛められ体験や、個人の恨みも、
もちろん私自身も問われることだと判断いたしました。
 


  罪と神の御業(みわざ)     戸田聡
 
病むことの苦しみは
病んだ者にしかわからない
 
病気は罪の結果であり
病人は罪人であり
近づく者さえ汚(けが)れた者とされた時代
一人の盲人について
「誰の罪ですか」と問う弟子にイエスは
「誰の罪でもない
ただ神の御業が現れるためである」と答えた
そのように公然と言うことが、ゆくゆく
どれほど危険な結果を招いていくか
百も承知で
 
負わされることの苦しみは
負わされた者にしかわからない
 
長い間いわれもなく
負わされてきた「罪」が
「神の御業」に言い換えられたとき
そう公言して憚(はばか)らない人が
目の前にいることが
癒し・奇跡と言えるほどの
驚くべきことであったのだと思う
 
聖書はそのあと
盲人の目が見えるようになったと記している
あげれば忘れてしまいそうなくらい
同じような奇跡物語が多く記されている
奇跡が実際起こったのかどうか
私は知らない
どちらとも信じていない
疑いの中をさまよいながら私は思う
それでも使徒たちが伝えないではおれないほどに
驚くべき何かがその時々にあったのだ
それはきっと
肉体や物を揺さぶるよりはるかに強く
彼らの魂を揺さぶったのであろうと
 
(作成年月日不明・・・96年か、それ以前?)
 


  去り際の願い      戸田聡
 
いくつかの微笑と
数々の哀しげな顔や
苦悩の表情が
私とともにあって
それらが皆
去り際の人間の顔として
私とともに流れてきて
私は今ここにある
(どこか)
私はどこに
いざなわれるのだろう
いったい私の去り際に
(いつか)
どんな顔を
誰に向けるのだろう
 
願わくは
眠りに入る刹那のような
安らぎとともにあらんことを
ぬるい夢に流れてゆく
私の呆(ほう)けた顔が
その時だけは雲間から淡く
広がる光の中に
小さくきらめく
雫(しずく)のようであらんことを
何よりも無邪気ならんことを
 
 
  人の季節       戸田聡
 
うっとうしい梅雨である
眠れない夜である
と思っているうちに朝は早く
日差しはなく
薄暗く
薄明るい
 
許さない、と幾度も
心の中で
わめいたと思うのだが
どういうわけがあったのか
特定の人に対してだったか
背教のつもりだったのか
忘れたのだが
それらよりもずっと多く
自分に対してだったような気がする
言った後で何の救いも
希望もなくなることに
おののいて
聖書の幾頁かをめくる
特別新たな感動が
生まれるわけでもなかったりして
もはや信仰は凝り固まった
しこりのようだと考えるけれど
しこりはまだ
ほんのわずかに
熱を帯びている
ぬくもり
と懐かしい友を呼ぶようにつぶやく
 
ひょっとしたら
許さない、ではなくて
許されない
許されるものか
であったかもしれない
 
熱は癒え
冷たい氷は溶け始め
また新しい罪が生まれる
許していただくほか
救いも希望もありません
と産声(うぶごえ)を上げる
あらゆる季節の
人間の
冬の終わりに
幾度も幾度も冬
の終わりに
 
(作成年月日不明・・・HP開設時か?)
 

このページのトップヘ