ウソの国-詩と宗教:st5402jp

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

年寄りです。1954年2月24日、長崎市の生まれ。17か18歳で、佐世保で洗礼を受けたクリスチャン。現在、教会へ行っていない逸れクリスチャン。ブログのテーマは、キリスト信仰と、カルト批判が中心です。ヤフーブログから移行してきました。ブログは、2010年からなので、古い記事も多いです。


  ヨブ・伝道者・キリスト
 
真昼の空にある星たち
真冬の海に降る雪たち
 
かけがえのない
孤独の夜に散る命
孤独の昼に叫ぶ命
 
どこかで過ぎる
この世の時
どこでどのように送られ
過ごすのでしょう
あの世の時
 
ヨブほどに栄えることもなく
ヨブほどに悲惨なこともなく
試されているとき
キリストほどに孤独でもなく
キリストほどに語られることもなく
主よ
空の空
伝道者よ
楽しめる取り分は
目の前に
明日に
昨日に?
見ようとしても
見えないものたち
どこにありますか
 
 
  私の終末
 
世の巷(ちまた)は
聞こうともしないか
聞くには聞くが知ろうとしないか
知るには知るが
わきまえようとしない者たち
ばかりではないか
聞き耳を潰さず
万軍の主を恐れ
いつくしみ深き主を喜べ
神の前にひれ伏し
主の御名によって祈れ
沈黙の神におののき
流血の主に嘆き悲しみ
罪の深さを知れ
そして血を惜しまれることのない
主にあって楽しめ
ひそかに終わりは近づいてくる
その日までを取り分として受け取り
主の血と肉に与(あずか)れ
悦び楽しめ
そして聞き耳を立てて
しずかに目を覚ましていなさい
 
 
  私の祈り・召命
 
キリストの声
キリストの顔
キリストの姿
天国と地獄
絵画、彫刻、映画・・・?
心に思い描いても
いかに思いを馳せても
違う
それらは心のプロセスに過ぎない
キリストのために賜る苦しみ
主イエスを愛するが故の苦しみ
召命による苦しみならば
もっと召命と呼ぶに足る証明を
しるしを欲しがってしまう・・・
自らの駄目ぶりや失敗や
自分のことばかりで
些細なことに戸惑い振り回され
生活とさえ言えないような明け暮れ
そのまま・・・あるがままに・・・?
祈る私の声・顔・姿を
見守っていて下さい
主よ
私の時まで見ることのできない
その御姿で
 


  やさしい夜
 
わたしが泣いていることを
あなたは知らない
やさしい人
わたしをここに残したまま
あなたは部屋に帰り
明かりを消した
ときおり明るくなって
足音がするけれど
また暗くなって
わたしが夜中ずっと
涙をこぼしているのに
あなたは気付かない
ぽとりぽとり独りぼっちで
こぼしているのに
やさしい人
あたりが明るくなったころ
あなたはやっとまた訪れて
その弱々しい手で
わたしを少しだけきつく
しめた
やさしい人
ぽとりぽとりが
止まったのを確かめると
わたしを乱暴にひねって
あなたは顔を洗い
わたしをさらにきつく
しめた
わたしは死ぬのか
死にはしない
もう泣きもしない
やさしい人
あなたが今度は
ずぶ濡れの顔を拭(ふ)く番だから
 
(1999年07月26日)
 
---------------------------------
「わたし」=水道の蛇口です。
 
 


  己(おのれ)
 
あるとき悪魔であり鬼であり
しばしば疫病神(やくびょうがみ)であり
畜生類であり冷血動物であり
虫でありバグであり
生まれない方がよかったものであり
近寄ろうとすればするほど
長くなる距離があり
触れようとすればするほど
高く厚くなる壁があり
逆に近寄るものは次々に裏切られ
加わる集(つど)いは中止され
いつの間にか約束事は破棄され
いつからか
交(まじ)わるのに向いていない
生きるためのセンスがない
と呟(つぶや)くようになり
さらに卑小になって
呟くのも一人だけ
この世でただ一人だけ

と壁を作り堀(ほり)を作り
測れぬ距離を隔てて
これでよいか
これでよいか
と気づけば崩れる壁の外にいて
水を入れ忘れた堀
の中に落ちて雨を待っている
水を流してくれ
水に流してくれ
 
(1999年07月15日)
 


  集いと孤独
 
集いが団居(まどい)であっても
何か頼りなくて
本物なのかどうか
あやふやであるのに
孤独はいつも
きっぱり孤独だ
さらに
ときに集いはいっそう孤独だ
だから
どこへ行っても帰っても
孤独によって
死に誘われることのないために
行ってきっぱりと
あやふやな団欒を悦び楽しみ
帰ってきっぱりと
自らの拠るべき関わりにおいて
ひとりの人であれ
 
(2006年12月26日)
 
 
  食欲と孤独と忍耐
 
ブラウン管を見ていた
あれが人間だよ
というふうに眺めていた
この世の寄生虫
まだ食欲と僅(わず)かの信仰があります
信仰は食欲を超えられるだろうか
希望は愛はどうだろうか
試(ため)す機会はあるだろうか
食欲さえなくなれば
森か山の中にでも行って土へ帰る
ことなど出来はしない
食欲がなければ体力もない
虫のように小さく干涸(ひから)びる
ことも出来はしない
ヒトの肉体を持っている以上
ここで腐臭を放ち膨らみ
蛆(うじ)が湧き蠅(はえ)が飛ぶのだ
しかしまだ食欲があります
何も感じなくなる前に
最後まで残る問いは
食欲と孤独と忍耐の三つであり
最も長い泡沫の管は食欲であり
最も腫れ上がる虚無の空洞は忍耐であり
耐えて意味なく萎(な)えて耐え難く
しかして最も大いなるものは孤独である
多くの悲劇の預言者において
恐らく一見そうであったように
一人の愚かな凡夫において
恐らく実際そうである
 
(1999年07月22日)
 


  祈りとお呪い
 
折りに触れ祈ってはいるが・・・
祈り祈りとこだわると
お呪(まじな)いになってしまいそうで
本当に必要があって願いがあって
神様に向かって祈っているのか
されど祈らなければ
あるいは祈りたいときだけでよいなら
いつか祈りを忘れ信仰を忘れ
神様から離れてしまいそうで・・・
いやきっと
神様は離さないでいてくださる
祈らずにはおれない気持ちも
神様のほうから
忘れないように
時と心を
思い出させて下さる
与えて下さる
神様との約束を
信仰を忘れない限りは
神様は忘れないように導いて下さる
・・・・・・?
また分からなくなった
 
 
  神・信仰・人
 
神様は人を顧みて民として選ばれる
人は自ら必要と感じて信仰を求める
神様の憐れみと導き
人の信教の自由意志
神様が与える試練
耐え忍ぶ人
神様が与える恵み
賛美して自らの知恵とする
信仰を与えられること
信仰によって与えられるもの
信仰によって目指し求めること
信仰が人に求めるもの
全能と無力
信仰と不信仰
神は人に・・・
人は神に・・・
人は人に・・・?
 

このページのトップヘ