ウソの国-詩と宗教:st5402jp

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

年寄りです。1954年2月24日、長崎市の生まれ。17か18歳で、佐世保で洗礼を受けたクリスチャン。現在、教会へ行っていない逸れクリスチャン。ブログのテーマは、キリスト信仰と、カルト批判が中心です。ヤフーブログから移行してきました。ブログは、2010年からなので、古い記事も多いです。


  罪と神の御業(みわざ)     戸田聡
 
病むことの苦しみは
病んだ者にしかわからない
 
病気は罪の結果であり
病人は罪人であり
近づく者さえ汚(けが)れた者とされた時代
一人の盲人について
「誰の罪ですか」と問う弟子にイエスは
「誰の罪でもない
ただ神の御業が現れるためである」と答えた
そのように公然と言うことが、ゆくゆく
どれほど危険な結果を招いていくか
百も承知で
 
負わされることの苦しみは
負わされた者にしかわからない
 
長い間いわれもなく
負わされてきた「罪」が
「神の御業」に言い換えられたとき
そう公言して憚(はばか)らない人が
目の前にいることが
癒し・奇跡と言えるほどの
驚くべきことであったのだと思う
 
聖書はそのあと
盲人の目が見えるようになったと記している
あげれば忘れてしまいそうなくらい
同じような奇跡物語が多く記されている
奇跡が実際起こったのかどうか
私は知らない
どちらとも信じていない
疑いの中をさまよいながら私は思う
それでも使徒たちが伝えないではおれないほどに
驚くべき何かがその時々にあったのだ
それはきっと
肉体や物を揺さぶるよりはるかに強く
彼らの魂を揺さぶったのであろうと
 
(作成年月日不明・・・96年か、それ以前?)
 


  去り際の願い      戸田聡
 
いくつかの微笑と
数々の哀しげな顔や
苦悩の表情が
私とともにあって
それらが皆
去り際の人間の顔として
私とともに流れてきて
私は今ここにある
(どこか)
私はどこに
いざなわれるのだろう
いったい私の去り際に
(いつか)
どんな顔を
誰に向けるのだろう
 
願わくは
眠りに入る刹那のような
安らぎとともにあらんことを
ぬるい夢に流れてゆく
私の呆(ほう)けた顔が
その時だけは雲間から淡く
広がる光の中に
小さくきらめく
雫(しずく)のようであらんことを
何よりも無邪気ならんことを
 
 
  人の季節       戸田聡
 
うっとうしい梅雨である
眠れない夜である
と思っているうちに朝は早く
日差しはなく
薄暗く
薄明るい
 
許さない、と幾度も
心の中で
わめいたと思うのだが
どういうわけがあったのか
特定の人に対してだったか
背教のつもりだったのか
忘れたのだが
それらよりもずっと多く
自分に対してだったような気がする
言った後で何の救いも
希望もなくなることに
おののいて
聖書の幾頁かをめくる
特別新たな感動が
生まれるわけでもなかったりして
もはや信仰は凝り固まった
しこりのようだと考えるけれど
しこりはまだ
ほんのわずかに
熱を帯びている
ぬくもり
と懐かしい友を呼ぶようにつぶやく
 
ひょっとしたら
許さない、ではなくて
許されない
許されるものか
であったかもしれない
 
熱は癒え
冷たい氷は溶け始め
また新しい罪が生まれる
許していただくほか
救いも希望もありません
と産声(うぶごえ)を上げる
あらゆる季節の
人間の
冬の終わりに
幾度も幾度も冬
の終わりに
 
(作成年月日不明・・・HP開設時か?)
 


  無能の面        戸田聡
 
計算される数式の値として作表される
片隅の一つのセルのように
あまりにも危うく日々に過ぎて
収まっては壊されやすい
脆い仮面であるのかもしれない
歩みを止め足を踏む木彫りの面
古びた皺と凹凸は罅(ひび)と剥離を伴い
熱を押し殺し秘めた息を舞う
計算も予測も不能な傷の
責め際に割れかけて
なお私を離れぬ面
紐で括るか
内側で噛みつくか
 
(1998年5月12日、HPにアップ)
 
 
  予定と未定へ      戸田聡
 
雑音で目が覚める
睡魔の中までテレビが入り込んでいた
内容は覚えていないのに
見るつもりもないテレビショッピングの
喋りまくる宣伝の声
少し息が弾む
テレビを消してまた横になる
耳鳴りと時折遠くで車の音
汗ばんだ体が冷えてゆく
なぜか胸の中だけ急ぐような動悸
霧深い森の中ひっそりと
このようなものであろうか・・・
いやいや今日は廃品回収の日
我に返る
アルミ缶と新聞紙だったな
やって来るのは子供会だったか
業者だったか聞いていない
何か聞いた
何か見たような
リエントリーどこか
いつかリサイクル
再び我に返る
?返ったのか彷徨っているのか
まもなく新聞配達のバイクの音
鳥が鳴き始めた
 
(1998年5月17日、HPにアップ)
 

何か訳も分からず投稿している感じだな・・・
 

  烏兎怱怱       戸田聡
 
月が兎(ウサギ)だったころ
兎は満ち欠けと星を連れてきた
太陽が烏(カラス)だったころ
烏は金色の熱と霜を連れてきた
烏兎怱怱(うとそうそう)
兎は逃げて切り株に転び
逃げ回って草を食(は)むことに長じた
烏は人里を飛んで黒い雲に染まり下りて
啄(ついば)んで嘴(くちばし)を曲げた
日が昇ると人里に幾つもの縮んだ瞳が瞬き
月が昇ると森に光る瞳が開くのだが
霜から泥濘(ぬかるみ)に落ちた
かつての縁(えにし)を
星はもう映さなかった
 
(1998年10月14日、HPにアップ)
 
 
  あの頃僕は      戸田聡
 
あの頃僕は滅茶苦茶頭がよくて
だから今は頭がメチャクチャだ
あの頃僕は無茶苦茶努力家で
だから今はムチャクチャ浪費家だ
今更借りを返すことになろうとは
あの頃僕は我利我利に覚えることに貪欲で
だから今はガリガリに記憶が痩(や)せる
 
(1998年10月20日、HPにアップ)
 
 
  無償         戸田聡
 
祝福もなく夜に生まれ
墓石もなく野辺に朽ちよ
燃える血を竦(すく)み凍らせ
今は亡き人の影を踏め
臨終の霧を呼吸し
濁りの水泡を食らっては吐き
泡吹く毒の晩餐(ばんさん)を
肝胆に秘めて漏らさず
ただ自らの牙を脆く腐らせ
折ってゆけ最早
立てず座せず臥したまま
やがて唯一の薄い揮発の間として
体内を巡る全ての血が
しずかに止まる音を聞くだろう
 
(1998年12月1日、HPにアップ)
 
 
  傷の季節         戸田聡
 
ここは温(ぬる)く舐(な)められた
季節の淡い彩色として
すでに息は暗い
夕暮れの明かりの絶えた
暗夜の森の紅葉よ
彩(いろど)られた傷を
ここは再び舐め始める
深く深く沈黙のうちに癒そうとして
朝の器に盛られる前に
 
(1998年10月20日、HPにアップ)
 


  っ        戸田聡
 

 
 別に「っ」である必要はなかったはずだ。「あ」なら感嘆詞であり得たし「ん」なら軽い肯定か下に「?」を加えれば疑問か好奇を示すこともできた。しかしそれだけでは文章にならない。他の文字から書き始めれば別の意味かイメージを連ねることも出来たかもしれない。しかし私は、それだけでは文章にならない文字の中から、「っ」を題名とし本文の文頭に書いてしまった。(促音)
「っ」よ君は救いがたい
君は文頭に位置を占めてはいけない
 と言い訳めいたことを書きながら幾度かちらりと文頭の「っ」を見ている。そのたび「っ」は視覚から精神へ、私の乱れた知・情・意へ信号を送ってくる。私は鬱(うつ)状態であるらしい。君は上に文字を挿入することも下に加えることも左右に書き加えることも拒んでいるように思えてくる。なのに私はだらだらと君のあとに書いている。(促音)
 
完結とは何だろう
未完とは何だろう
誤謬とは何だろう
 推敲機能を持つワープロは文頭の「っ」に警告のメッセージを発している。私は鬱状態であるらしい。完結の実感はなく、未完は未完のままであり、誤謬の自覚は乏しい。なのに心のどこかで泣いているのだ。(促音)
ぁ ぇ ぃ ぉ ぅ(加えて促音・促音・・・・)
「っ」よ私は救いがたい
君は好きなだけリフレインをもって
文字にならない泣き声を置換せよ
 
(1998年9月23日、HPにアップ)
 

このページのトップヘ