臨終の夢
 
この俗物根性では
無理だろうけれど
その時に
言えたらなあ・・・
 
お金がなくなり
食べ物がなくなり
それを得る術もなくなりました
ふさぎこんだまま
死の床に就いています
水は飲んでいます
すでに数日を経て
空腹は覚えなくなりました
痩せた体のあちこちに
発疹や吹出物が見られます
お腹に水が溜まって
少し膨れてきました
できれば自殺はしたくない
飢渇からの病死を望みます
病による死を望みます
それは苦しみだろうか
苦しみだろうか
死の床で夢見ているのは
死でも闇でもないのです
 
(2007年06月16日)