依存
 
以前、健康保険が切れていた頃
恥ずかしかったのか
面倒だったのか
母に薬を取りに行ってもらっていたことがある
4週間分もらっていた
特に変わりなければ可という話だった
 
その後、保険証も回復したし
自分で受診して
定期検査も受けないと

薬を出しっぱなしで検査しないのは
病院も診療上まずいだろう
しかしこの不潔な体のままでは
と気おくれしている
 
そのことを母に話したら
こともあろうに母は
それを病院の先生に話したらしい
 
母は先生に
何よりも心配だから
本人に会いたいのです
と言われた
 
当たり前だ
真面目なドクターほど
検査しないとまずいから
なんて言うわけない
参ったな
 
昔は本人受診のみ
処方は2週間分だったのだ
 
しばらく経ってから風呂に入り
ひげ面のままだが久しぶりに
自分で受診して
定期の安定剤をもらってきた
少し緊張するが
ほっとする
 
年をとってから心ならずも
いろいろなことで
さらに高齢の母に依存している
母にだけではない
 
高校のときから長く独り暮らしだったのに
自立した生活が出来なくなって
薬は安定剤だけに絞ったが
依存している
母にだけでも薬にだけでもない
よく言えば
力を借りている
助けてもらっている
ということなのだろうけれど
 
背中が丸くなって、さらに右に傾いて
よろけるように歩く母を
食い尽くしているかのようだ
 
何に頼り
何を食いつぶしているのか
ときおり、異常だが
亡父や先祖や今は亡き人々の気配に囲まれて
慙愧したり睨みつけたりする
 
世の中があまりにも激しく
目まぐるしく動き
季節があまりにも早く
過ぎ去る移ろいに
移ろいに
過ぎ去ることの平安を求めている
聞かないのか
聞けないのか
鳥の鳴き声にさえ
 
(2011年04月15日)
-------------------------------------------------------------
合間に一服しながらも、見つめるエネルギーかなり使って
真面目に書いたつもりなので・・・バカ息子ですが
 
今に始まったことではないが、
今日2つ投稿したから、明日また自分でポチクリして
2作でちゃっかり2日分自己ポイントを
もらおうという虚しくも哀れな魂胆です。(苦・笑)
 
ぽいんとも じこぽちくりが だいぶぶん
なくなることで きえたくはなし
 
ぽいんとも あれば きになる らんきんぐ
じこぽいんとを とるも いたずら