哲学・神学・人間学のブログ「日常×非日常」コメントから
(管理者の承諾を得ましたので記事にいたします。)
----------------------------------------------------
 
「神の不在」
 

神はいない。
 
たしかに、そうだろう。
神がいるなら、こんなひどい災害はあってはならないからだ。

 
V様は今回の震災で初めてそう感じたのでしょうか。
今まで感じたことはなかったのでしょうか。
阪神淡路は、スマトラは、広島・長崎の原爆は、
さらに遡って徴収され人を殺すと誉められる戦場は、
さらに個人的な出来事は、人が目の前で死んだり
狂って行く光景を見たことは、・・・
 
今回の震災に際して・・ってのが、
それで今更のように「神はいない」と言われても・・
という気がしないでもありません。
 
多くの人は、どこかで悲劇が起こっても
悲劇的現実からは乖離して生きる残酷な鈍さを持って生きているから、
V様は今回何か特別身に迫るものを感じられたのでしょう。
2011/10/30(日) 午後 4:09[ st5402jp ]
 
私としては「神は恐ろしい」のほうが先に来ます。
「生者も死者も支配する神のなさることは人には恐ろしい」
だから人にとって「神はいない」かもしれないが、
 
そこから生まれる心境や境地よりも、
「(私に)信仰はない」と言うことよりも、
「神はいない」ということは、
直ちに私の存在を狂気に落とすことなので、
さらに救いがたく恐ろしいのです。
 
では「神はいる」と信じているかというと、いるとしても
「迂闊に近づけない、語れない神」ということになります。
その神に対する殉教の証しがキリストということになりますが、
こういうことを書き出すと決まって、
何か公式みたいに整理してまとめようとしているな
・・・という私自身の気持ち悪さを感じるので、
こういうとき私は、どうにでもしてくれ・・・というか、
軽やかに自分を捨てて放心できたら・・・と思ったりします。
祈りたいのは危険や絶望を抱えたこういうときかもしれません。
V様は祈ることもやめたのですか。・・・
2011/10/30(日) 午後 4:12[ st5402jp ]
 
私のコメント間違い「徴収」→「徴集」
 
前のV様のコメントに「心理的距離」・・・
今回よっぽど近かったのでしょうね。
2011/10/30(日) 午後 4:23[ st5402jp ]
 
しつこくすみません。
V様が「神はいない」と言っても、私は耐えられますが、
私が「神はいない」(と言う)ことには耐えられないようです。
2011/10/30(日) 午後 4:28[ st5402jp ]
 
STさん
 
私は別に無神論者になったわけではありません。
神はいない。これは神はいるとかいないとか、そういう議論を超えているということです。
神が人間と同じようにどこかに存在しているという話になると、上に述べたような神義論の問題(神がいるならなぜ悪や悲劇があるのか)は解決不可能になります。
神は人間が考える存在というカテゴリーを超えているのです。
これは、STさんの詩においても表現されていたことだと思います。
人間が神について論じると、それは必ず偶像を作り上げることになってしまう。つまり、神の存在について議論することは、偶像崇拝につながります。そういう議論を避けるために、「神はいない」ということになるのです。
2011/10/31(月) 午前 7:50
 
STさん
 
私は今回の震災まで、世界各地で起きている自然災害について、あまり真剣に考えていなかったのだと思います。
やはりどこかで他人事という意識があったのでしょう。
別に弁解するつもりはないですが、多くの人がそうなのではないでしょうか?身近に起きたこと以外は、すべて他人事として考えてしまうのが、人間の愚かさではありますが、いちいちすべてのことに反応していたら、生活は成り立たないという気もします。
2011/10/31(月) 午前 8:02
 
想うところに神はいない、あるいは
足下の崖を掘り下げる・・・のほうかな・・
2011/10/31(月) 午前 8:09[ st5402jp ]
 
コメントすれ違いました。レスありがとうございます。
>いちいちすべてのことに反応していたら、生活は成り立たない
>他人事
仰るとおりだと思います。一種の防衛本能かもしれません。
・・・と済ませていいか・・・
やっぱり元々人の性格とかによって敏感と鈍感の違いはあって、
むしろV様は敏感のほうだと思いますよ。私の鈍さに比べれば。
2011/10/31(月) 午前 8:19[ st5402jp ]
 
いやいや、私はそれほど敏感な人間ではありません。
今回の震災にしても、
私は慣れ親しんだ土地が傷ついているという意識が強いので、敏感にならざるを得ないですが、まったく知らない土地のことだったら鈍感だったと思います。
その程度の違いです。
2011/10/31(月) 午前 8:25
 
>人間が神について論じると、それは必ず偶像を作り上げる
 
私としては、想う(考える、論じる)ところに神はいない、
けれど、どこか人の測りがたいところに神はいる
ということで、耐え難いと書いたのは
「どこにも神はいない」のは耐え難いということです。
「どこにもいない」で、無神論でないというのは、・・・?
「(人が、どことは分からない)どこかにいる」となると、
やはり神義論?の問題は生じてくるのではないかとも思います。
 
飛躍かもしれないが、古代のイスラエル人も、戦争や災害など、
無秩序で悲惨なだけということには耐えがたく、
そうした酷い状況の背後に絶対者がいると思わないではおれない
というところから、信仰が生まれてきたのではないかと考えています。
神義論?は解決できない問題として残り続ける・・・?
2011/10/31(月) 午前 9:53[ st5402jp ]
 
そこからか、似たような思いで私は、
人にとって「神は恐ろしい」「人の生死さえも超えた恐るべき存在」
だから「迂闊に神を指して賛美などは出来ない」と思う。
・・・その辺は私のブログでも堂々巡りに近いですが・・・
 
私個人の信仰については、
信仰者という括りに耐えられなくなって、
それでも祈るから信仰者、というのは、
やはりキリストに絆されて
忘れることが出来ないでいるからだろうと思います。
どれも前に大方書いたようなことで・・・蛇足・失礼。
 
神義論?は「御心測り難し」で、
それでもキリストは忘れられない救い主・飼い主で、
神義論?については、悲劇に寄り添うために、
二千年前ではなく、今遣わされているキリスト
以外、言葉が私にはないのかな・・・
2011/10/31(月) 午前 10:10[ st5402jp ]
 
「どこにもいない」という表現がきつすぎるのかもしれませんが、やはり「どこにもいない」と言った方がいいような気がします。
なぜなら、「どこにもいない」を否定したら、「どこかにいる」ことになってしまい、それは即偶像崇拝につながる可能性があるからです。
だから、あえて「どこにもいない」と言っておいたほうがよいと思います。
信仰の立場はいろいろあるので、私が結論的なことを言うことは許されませんが、それでも「私は神の声を聞いた」とか「神を見た」とかいう話には、私は少し距離を置きたいと思います。そういう神秘体験があることは否定しませんが、それが偶像崇拝につながるケースもよくあると思います。
2011/10/31(月) 午前 10:24
 
おそらくSTさんは私のこのような話を誤解せずに受け取って下さると思いますが、かえって混乱させてしまったり、悩みの原因になってしまっているのではないかと心配しています。
あたりまえのことですが、私はSTさんを苦しめるために書いているわけではありません。むしろSTさんの苦悶には大変共感しております。
「今遣わされているキリスト以外ない」ということ。
これこそがキリスト教信仰そのものではないかと思います。
 
すでに書いたように私には信仰はありません。
あるのはキリストの信仰だけです。
いや、それすら「ある」とは言えません。
そういうところに立って、ようやく私にもキリストの十字架の意味が分かりかけてきた。そんな気がしています。
2011/10/31(月) 午前 10:29
 
ゴチャゴチャしてきたんですが、すいません。もう少し・・
 
神は常に正しいことをなさる、けれど、その正しさを
人は死ぬまで理解できない。たとい
神にとっては生きている人がすべてではないとしても、
人は生きている間がすべてだから。だから
人の前で人が「神は正しい」「神の計画です」なんて
言ったり思ったりは、大方ぶんなぐられるに相応しい。
 
辞書引いてみました。
神義論(弁神論)「悪の存在が神の善性に矛盾しないことを
明らかにする」・・・「明らかにする」が信じられません。
2011/10/31(月) 午前 10:37[ st5402jp ]
 
コメント前後しております。すみません。
 
>「どこにもいない」を否定したら、「どこかにいる」ことになってしまい、
>それは即偶像崇拝につながる可能性があるからです
 
「人間のようにどこかにいる」「どこかにいる存在者」
なら否定するのも分かるんですけどね・・・
 
>「私は神の声を聞いた」とか「神を見た」とかいう話には、
>私は少し距離を置きたい
 
そういうのには、あり得るならば預言者ですが、
私も距離を置きたいです。
 
「どこかにいる」だと、「見つけました」が現れる
ということはあるでしょう。それは分かるのですが、
そういう偶像崇拝を避けるために「どこにもいない」ですか。
 
私としては、むしろ、偶像崇拝になる可能性を除外するより、
「神を見た、聞いた」でなくても、
人の信仰は神を信じる限り偶像崇拝にしかなりえない
ということを自覚すべきではないかと思うのですが。
2011/10/31(月) 午前 11:00[ st5402jp ]
 
似たようなことのようにも思えます。
それぞれの表現のインパクトのような気もします。
しかし、まあどうでしょう。
結局、人の言葉だから、つまるところ、
V様は「神はどこにもいない」と偶像について語り、
私は「偶像崇拝にしかなりえない」と偶像について語っているのです。
 
どちらも、普通?の
クリスチャンが聞いたら、とんでもないことです。(苦笑)
2011/10/31(月) 午後 0:14[ st5402jp ]
 
ということで、
私は興味深いので、
出典つまり、このブログのタイトルを書くか、
コメントのHNはバナーなので表示されませんが、
私以外のコメントをぼかすか、できるだけ外すかして、
私のブログの記事にしたいと思いますが
・・・事後承諾になるかもしれません。
2011/10/31(月) 午後 0:17[ st5402jp ]
 
出典が明記されていれば特に問題はないと思います。
どうぞ自由にご利用ください。
 
>結局、人の言葉だから、つまるところ、
>V様は「神はどこにもいない」と偶像について語り、
>私は「偶像崇拝にしかなりえない」と偶像について語っているのです。
 
そういうことになりますね。
要するに、このブログも「余計な話」になってしまうということです。
まあ、余計な話ではありますが、私としては何か一つ解決したような気分です。
ありがとうございます。
2011/10/31(月) 午後 1:01
 
承知いたしました。ありがとうございます。
2011/10/31(月) 午後 1:03[ st5402jp ]
 
(2011年10月31日)