異界
 
 
私がこの世に示せる好意は
身を引くことでしかなかったのだろう
 
私が正しいと考えたことは
この世では悪と呼ばれ
無と見なされ
偽りと呼ばれるものであったらしい
 
この世の人ではなかった
 
ゆえに信仰者によって信仰を否定され
私の心は最初から無かったか
壊れていたか
異種であったらしい
 
嵐は去り悪魔は滅び神は勝利したと
どこか別の異界の人が
異言するだろう

 
いかなる説教に対しても
意見を述べる無駄だけが跳ね返る
異界から異界へ
 
もう死んだのに
もう死んだのに
 
どんなに叫んでも嘆いても
ずっと不在です
 
 
 
盗人
 
 
食べ物を盗んだのは私です
たくさん盗みました
そのあいだ消耗品は私の盗んだ分だけ
消耗しました
 
いなかったのに
 
排泄して汚して迷惑をかけたのは私です
そのあいだ排泄物は私の分だけ
増えました
 
死んだのに
生きてなどいなかったのに
私にとっては誰もいなかったのに
 
いったい何を言い
しでかしたのか
 
こんにちは
今日はお元気ですか
お見限りですか
 
さようなら
それでは離れて
もうお会いすることもないでしょう
 
誰にも会ったことはありません
 
これが今までのすべての時において
気づくべき唯一のことでした
 
(2011年11月27日)