バランス
 
 
静的なバランスの否定
 
ぎこちなく歩いては激しく転びそうな続きに
受け身もせず倒れる体を
地面近くで受け止めるダンス
 
アンバランスが
アンバランスに見えているうちは増しだ
美しいことさえある
 
アンバランスが
バランスを装うことを警戒すべきであり
 
アンバランスが
アンバランスの軌道を危ぶむことなく
バランスが取れているように見えるとき
事態は最悪である
 
人は常に転倒するモーションに生きており
人のバランスは常に
動的なアンバランスに立ち向かうことしかない
 
(2012年03月04日)
(2012年03月04日、同日一部修正) 
 
 
 
真実の舌
 
 
人の舌は真実を語れず
舌を従わせようとすればするほど
繰り返すほど逸れてゆく
 
安らぎの定位置は存在せず
安定と呼ぶとき
すでに鈍麻が始まっている
 
真実は定住を許さない
 
崩壊のベクトルを以って警鐘を鳴らし
咄嗟の結合によって近似を試みる者は
いつも少なく
乏しく哀しげである
 
(2012年03月04日)