バカとモンスター
 
 
いかなる道を選んでも
 
集団や組織の中で
しきたりや規則に染まりながら
(マニュアルは指針であって心ではない)
いずれ競争を強いられ
慣れる人もいるだろうけど
 
たとい孤高を目指しても
孤高は孤独な孤立なのだが
 
いかなる道を選んでも
 
論理に身を投じる人は
論理つまり理屈だけだと
人間離れしたモンスターになるから
論理バカを自覚することが救いになる
 
情緒に身を投じる人は
情緒つまり感情だけだと
感情的なモンスターになるから
情緒バカを自覚することが救いになる
 
「バカ」は
とても人間的だから
 
専門は
専門バカを自覚することによって
改めて我に返り
人間に戻れるだろう
 
「バカ」を忘れて
専門権威になれば
「権威」というモンスターになる
 
「バカ」を自覚する人
自覚せざるを得ない人
また
自覚しない人
最悪なのは
自覚してるつもりで全然してない人
様々である
 
最も大切なことは
論理でも情緒でもなく
人間であること(ヒューマニティ)から離れず
人道からの道理を
求めて止まない経過と結果が
たとい路上でも小屋でも豪邸でも
馬小屋でも神殿でも
呆けた口笛の
自由な散歩だ
 
(2013年01月30日)
-------------------------------------------
かなり断定的に書いてみましたが・・
私は呆けた自由に首を絞められそうです。
なんか、デジャブ感、あるんだけど・・?、失礼。