豆腐の心
 
 
冷めかけた湯豆腐
やわらかく押しただけでも崩れやすいが
まだ僅かに温もりは残っている
 
力などは何処にもなく
温もりは残っていて
壊れかけている
湯豆腐
 
怒りによって緊張して
睨みつけるような視線で
棘だらけになっているとき
 
何処にも力がなく
温もりは残っていて
壊れかけの
心なら
 
負けてはならぬ
という意地を張る必要はなく
あら探しをする必要もない
 
相手は間違っていて自分は正しい
よりも
相手の期待にも要求にも
応えられないと
勝ち負けというなら負けでよいから
正直に答える
 
湯豆腐は壊れ崩れるが
温もりは辛うじて残る
 
 
(2013年04月12日)
---------------------------------------
ちょっとした反省のために・・
 
コメントの遣り取りも、議論も、
勝ち負けで考えていると疲れます。
 
以前ネットで、相手の
「・・に責任は一生かけても負うべき・・」に対して
しばらく考えているうちに疲れてしまって、
「その責任は一生負えないまま死ぬでしょう」
と答えたことがあります。
そのとき不思議なくらい肩の力が抜けて
気持ちが楽になったのを思い出します。
天恵か・・!?・・とも思えた・・失礼。