顔
 
 
戻ってやり直せる顔が何処にある
 
産道から虐待から苛めから
転落から落胆から老衰から
屍に向かって
こすれ潰れてゆく
何という仮初の顔をさらして
うそぶいてきたのか
 
風に向けた顔が
濡れていても腐っていても
いずれ干からびた不在へ
 
いつの日もこの地上に
ふるさとはなかった
 
やり直せる顔が何処にあるだろう
 
 
 
  幸福
 
 
幸福という名は
いかなる刹那に付与されたか
 
大きさも形も
当ても果ても知れぬ時の位置とは
 
通わせている
通じ合っている
交わす微笑の何処まで
 
今はとどまっているだろう
 
雨に濡れ
剥がれかけたポスター
 
 
(2013年09月06日、同日一部修正)