私はソーシャルスキルがないので
リアルの付き合いが苦手です。
だからネットを比較的大事にするほうでしょう。
だからこの記事を書く・・と言えばそうなるでしょう。
・・でもそうでもない・・と思うのは、
リアルの付き合いがうまくいかなかったことを恥じていること、
ネットの付き合いがうまくいかなかったことを恥じていること・・
 
 
  「付き合い」
 
 
リアルの付き合い:
信頼するかどうかをその場で仮決定しなければならない。
それに対する相手の反応も、その場だから早く直接的である。
・・顔色をうかがうことになる。
 
ネット(バーチャル)の付き合い:
信頼は時間をかけてもよい。
信頼まで行かなくてもよい。
むしろ信頼まで行かないほうがよいかも・・
保留でもよい。さらに
信頼しなくてもよいのです。
人と思えないときは情報と思えばよい。
そして仕分けしてみます。
・・有害、無益、無用、反対、有用、賛成、共感、同感・・?
そうしないと調子を合わせてしまうことになる・・
 
ネットの攻撃は、執拗なことがあり、辛いが、
 
リアルの攻撃は物理的に怖いし、
精神的にも表情・態度を伴うから、きつい。
 
ネットとリアル、どちらが怖いでしょう。
どちらが・・ということはないのです。
やり方が違うから異なる距離と適応が必要です。
・・どちらも怖いのです。安心はならぬのです。
 
ネットとリアル、どちらが気楽でしょう。
どちらが・・ということはないのです。
 
どちらかを気楽で安心と思い込んでしまったときが
・・いちばん怖いのです。
 
 
(2013年11月06日、同日一部加筆修正)