驚砂
 
 
認識できる範囲の現象を
認識できる範囲の理論で
説明しようとする認識は
神が与えた砂場
 
認識不能な世界から
ときおり少しだけ表れる砂が
人に気づかれないように
違った表れ方をそっと
表れる世界に書き込んでゆくが
砂場に遊ぶ人々は
それを発見と呼んだり
啓示と呼んだりする
 
「変わらない世界」を
「変わらない人」が
「変わらない真理」として
明らかに出来ると思っているのだ
 
兄弟は他人の始まり
家族も他人の始まり
裏切り裏切られた感いっぱいで
生きそして死んでゆく人
 
他人は家族の始まり
他人は友人の始まり
と期待せずにはおれないから
 
 
 
※ 
驚砂(驚沙)
キョウサ
風に吹かれて飛ぶ砂
 
 
(2013年12月27日)