前に書いたことを含めて改稿
―――――――――――――――
 
 
信仰と確信(2)
 
 
信仰は仰ぎ
確信は見下ろす
 
信仰は仕え
確信は使う
 
信仰は人間を求め
確信は聖になりたがる
 
信仰は恥じらい
確信は恥を知らない
 
信仰は悔い
確信は侮る
 
信仰は罪の赦しを願い
確信は罰することの許可を願う
 
信仰は罪の明らかなることを喜び
確信は罪の隠れることを悦ぶ
 
信仰は自らの依存と偏見を戒め
確信は他者のそれらを責める
 
信仰は存在の根源を求めており
確信は表面の見かけに終始する
 
信仰は恥の名を残して隠さず
確信は恥の名を残さぬように削除する
 
信仰は失われるものを愛し
確信は獲物を見せたがる
 
愛は無知を知り
偽善は知識を誇る
 
かくして
信仰は見逃さない御方を恐れ
確信は見えないところで手段を選ばない
 
 
(2014年02月03日)