堕落
 
 
やっと洗顔して洗髪して
やっと外出してネット接続料を振り込む
 
消えてしまいたいと時に思って40年
消えてしまいたいと思い続けて20年
 
自分を大切に出来ないから
他者を肉親すら大切に出来ない
 
頭と頭皮と顔面の皮膚が痛い
歯は奥歯の噛み合わせがなくて
下顎の置き所がない
 
しばしば本当に地獄だと思ってしまう
自業自得なのだが
不幸というには余りに努力が足りないのだが
やはり鬱か統合失調症か
 
めまいがすると
心臓が不整に躍ると
「はい・・いいです・・このまま・・」
と祈るような独り言
それも20年
 
小1でリウマチ熱
小3までステロイドを飲んだ
小5まで体育見学
中3までペニシリンを飲んだ
以後持久走禁止
大動脈弁逆流
 
思考は単純化
必然=未知≒希望≒自由
 
おかしいことは
おかしいと言う
 
私は
おかしい
 
 
(2014年03月13日)
 
 
 
  あの夜と病 (再録)
 
 
幼いころ
母と汽車の旅
窓から見た
蒸気機関車の
機関室から吹き出す炎
あの夜とともに
 
母の背にいた
幼い頃ではなく
小学生の私がいた
痛くて足が動かなかった
 
癒えていた確かに
進学し就職した
それだけで孝行息子と
恵まれていると喜んでくれた父と母
 
確かに
耳の遠くなった父母に
今更の病は信じられないことだ
私も詳しく説明はできない
でも追い越し
やがて遮るだろう
 
この類(たぐい)は
自業自得のようでもあり
誰も責めようがない
親不孝に親不孝を重ねて
むしろ恥ずかしい
 
勝ったつもりか病よ
だがお前と私が同じ体にいる以上
お前も恥ずかしい代物(しろもの)だ
私が最後に意識を失うまで
勝負だ 言っておくが
私の恥は
お前の憎々しい喜びほど
軽くはない
 
消してみよ
あの夜を
 
 
あの夜があまりにも遠い
 
 
(1997年4月1日)