発散、発散、・・ということで・・
 
 
  遠い景色
 
 
努めて知ろうとする信じられること
それは信じている自らの有様に過ぎなかった
 
人の間にあるはずの真実が
人のいない遠い野生に生きているようだ
 
イメージは汚れた言葉を引きずって
シンクロしない想念はぼろ布の穴だらけ
 
笛を吹いても引っぱたいても
踊るものもなく跳ねるものもなく
伸ばした手に触れる形は形にならず
目を凝らすほどに視線は閉じられてゆく
 
駆り立てられただけの脆い声は
喉から体温を奪いながら
むしろ乾いてゆく果てしない炎症だ
 
荒野から砂漠への
旅立ちに捧げる花は
指圧に血を咲かせて滴るほどに
 
身を埋めよと風土を返す
 
 
(2014年03月26日)
(2014年03月27日、一部修正)