病識
 
 
インプットは妄想で
アウトプットは症状だとしたら
 
これは特定の人だけに当てはまることだろうか 
人に巣食う病気が常態だとしたら 
 
病むゆえに病ませる関係は底なしの闇だろうか 
 
関係は相変わらずありふれているだろう 
常態ゆえに病気は特殊ではない 
 
病気を覚えないことが特殊なのだ 
病気はないと思い込むことが異常なのだ 
 
大丈夫とは健康で強いことではない 
大丈夫とは病気のまま生きていられることだ 
 
狂うゆえに狂わせる関係の 
底なしの闇は天井のない希望だ 
特定の人だけに当てはまることだろうか 
 
希望がなければ 
見ることも聞くことも触れることもなく 
望むことも得ることも動くこともない 
 
手を伸ばしなさい 
伸ばしたところに希望があるからではない 
 
手を伸ばすことが希望なのだ 
保証があって手を伸ばすのではない 
 
 
(2014年04月27日)
殆ど自分に向かって言っています。失礼・・
(2014年04月27日、同日一部修正)
少し頭が冷えてくると修正したいところも出てきて
・・やれやれですが・・景気が良過ぎる?ような変な感じ
になったので・・「天井知らずの」→「天井のない」に修正・・
ときおり訪れる興か魔のようなものに任せて
不安定なままペンに手を伸ばすとこういうことになるのでしょう。