有名無名を問わず(私は勿論無名)詩を書く人を詩人とすると・・
 
 
  詩人
 
 
詩人は詩を残して滅びる宿命なのに 
詩は詩人を捨てることが出来ない 
 
詩の作者は詩人なのだが
作者としての詩人は書いたとき既に滅びている
 
詩は暫くは生きているが
詩人は例外なく消え失せる
 
詩は時に美しいが
詩人は悪の限りを尽くす
 
詩人などという人種も職人も学者も
人格としては存在しない
 
詩については是非見てほしいと願って止まないが 
詩人の顔など見ないほうがよいのだ
 
詩が真実の魂に触れていても 
詩人の顔は詩を裏切る偽物だから
 
 
(2014年07月15日、同日一部修正)
 
 
どういう関連か連想か・・ちょいと思いついたので・・
 
 
  いろは歌
 
いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす
 
ここに「あ行~わ行」の
 50文字 - (わ行う段、や行い段とえ段の)3文字
 =47文字 が 1回ずつ使われている。
 
1. 色は匂えど 散りぬるを
2. 我が世誰ぞ 常ならむ
3. 有為の奥山 今日越えて
4. 浅き夢見じ 酔ひもせず
 
2.は反語で、1.2.3.は、無常を表す。
それを越えて 
4.は、
浅はかな夢も見るまい。酔いもしない。
つまり、4.は濁点の付いた否定文であることに注意。
 
(※ 蛇足 私としては・・
浅はかな夢も見たし・・酔うこともある・・失礼・・)
 
 
(2014年07月15日)