固着
 
 
信仰者は何故「神の義」に固まろうとするのだろう
 
いったい何処を目指して固まることが出来るというのだろう
 
 
信仰は問いに生きるしかないのに何故
 
答えを求めるプロセスではなく
 
答えを得たという結果に立とうとするのだろう
 
 
風に崩れる積み木の人でありながら何故
 
高く高く城のように
 
答えを積み重ねることが出来るというのだろう
 
 
不惑と不動に持続する安定を求める限り
 
そこには心をふるわせるものはなく
 
よって心を解き放つものもなく
 
計り知れない神ではなく
 
浅はかな自らの恥多き観念が
 
既知としてしまった枠の中に
 
自らを閉じ込めるだけだというのに
 
 
(2014年07月24日、同日一部修正)