根っこ
 
 
どんなに口酸っぱく言っても分かってもらえないとき
どんなに口酸っぱく言われても分からない自分がいる
 
それでも自分は自分の根っこから考えるしかない
 
人のために何かをするとき
それが犠牲であっても
自分の高等な快楽原則が快を求めて選択している
 
思いやりが大切といっても
遣り取りをするときの
金属や刃物の硬質を切り取ったつもりの小骨なら
食べてケガをすることもあるだろう
 
自分から放たれた文句は
自分を求めて泣きながら返ってくる
 
それでも自分は自分の根っこから離れられない
 
人に向かってバカと言うとき
必ずバカな自分がいる
 
唾液のち汗のち涙
ずぶ濡れはいつもコートの内側だ
 
 
(2014年09月14日)
(2014年11月24日、一部修正)