台詞
 
 
どんなに大事なことでも
仲間うちで調子を合わせるように
笑顔と頷きを向け合い
期待通りの言葉を並べるのだろう
 
まるで社交界の儀礼ではないか
 
それを教会の扉を開くたびに
条件づけられてゆくのだろう
 
背く人は背教者、神の敵、
あげくの果ては地獄行きか・・
 
「地獄」も条件付けられた言葉だ
 
キリストが人の罪を背負って
十字架に付けられることで
人の刑罰が終わって
赦されて生まれ変わった
という決まり文句で
許された喜びを生きるなら
 
もう罪を犯さないのだろうか
・・恐ろしい思い上がりだ・・
 
それで感謝し讃美する
「主よ、あのような背教者でないことを感謝します」
 
どこかで聞いた台詞だ
 
 
(2014年10月28日、同日加筆)
・・ルカ18:11・・