不可知
   ・・一神教の本質
 
 
ここでは
可知は人が神の意志を確定的に知り得るということ
不可知は人が神の意志を確定的には知り得ないということ
 
哲学書・神学書は読んだことがないので
いわゆる「不可知論」の「論」は外します。
 
どう考えても何度考えても
神が可知だとは思えないです。
 
 
神を可知としてしまうことから様々な災いが生まれる
 
神の意志だと信じ込むことで
主張は信念としての無謬性と絶対性を持ってしまう
 
神を知っているという伝統宗教が
神を知っているという新興宗教の異なる主張を
どう説得できるというのか
 
どちらも「知っている神」を押し出して
いかなる議論が可能だというのか
 
聖書などから色々理屈をつけてみても
互いの「神の意思」の自己満足の応酬にしかならないだろう
 
 
カルト(新興宗教)の主張など問題にならない
と言って軽く退ける人がカルトを無視するのは
上に述べたように
「私の神が正しい」をぶつけ合う泥仕合にしかならないからだが
格の違いとかで軽く見てはいないだろうか
 
一方の伝統宗教は
神を畏れなさい、神は人知を超えている、
などと言いながら
人知を超えているはずの御方を知っているかのように
知っているを前提に信条を並べている
 
そして
誰かが神を知り得ないと言えば
「不可知論に陥っている」などと言って
悪と誤謬のレッテルを根拠もなく貼り付けて
 
都合のよい日常と超常の奇跡を探し回っている
 
 
信仰は神の意志を信じ込むことではない
 
信仰に信条はない
 
解釈は信仰の手助けをするが
信仰は解釈ではない
 
ゆえに私たちは
神を心から思い憧れるのだが
そこに人知を超えた神の意志と行為を
言語化し不変とする一言も確定されることはない
 
信仰は終末まで神に至ることはない
 
信仰は祈りに至り
祈りに帰る思いである
 
 
不可知と決めれば片付く問題ではありません。
信仰は心の問題なので
すり込みや洗脳ではないものを敷衍(ふえん)する
という大きな課題がそこにはあります。
 
それで前から書いていることですが、
信仰に帰れでもキリストに帰れでもなく
(それらはカルト的思い込みを促進します)
人間に帰れ・・言い換えれば
信仰は人間以上になることではなく
信仰というものが人間に益するのは
人間を求めようとする思いに答えるという一点なのです。
 
帰るところには
「人を殺してはいけない」理由を
説明できない人間が
人を殺さないという大方の合意があります。
 
何故でしょう。
そこに人間の最も人間らしい温度があるからです。
 
このように
言語外に人間が創造されてゆく過程が
言語に頼るしかない人間のために
秘められた神の計画なのでしょう。
 
 
(ウィキペディア)
ローマ・カトリック教会では、神の存在は、人間理性にもともと備わる「自然の光」によって知られるが、神の本体そのものは知られない、神は人間には鏡に映る姿のようにおぼろであり、神と直接に対面できるのは別の世においてである、とした。(ウィキペディアより抜粋)
 
伝統宗教が伝統宗教として健全に存続し
カルトと一線を画するならば
神に対する敬虔に不可知は必須であろうと考える。
 
 
「パンくず」
http://blogs.yahoo.co.jp/st5402jp/17633836.html
より・・(以下は一部修正)
 
人の信仰が思いであって
何故いけないのでしょう
 
それでもなお
神の意志と行為を決めつけ
真理を得たりと信じ込まなければ
気が済まないのでしょうか
 
 
(2015年06月26日)