心得
 
 
まずキリスト者は神に仕えているからといって
ふつうの人つまり非信仰者より自分を上に置いてはならない
 
 あれほど栄えた王たちも今は過ぎ去って跡形もない
 などということを言う人は
 地上で与えられなかった権威を天で与えられる
 という怨念の成就に酔っている人だ
 こういう人に仮に政治的権威を与えたら
 どれだけ残酷な裁きを実行するか分からない
 
 過ぎ去って跡形もないのは
 貧しきも富めるも有能も無能も皆同じだ
 
 神に近づいた、または、神に近づける、
 と思ってはならない
 こういう人は自分を他者より上に置きたい人だ
 
 神は絶対で、神と人との格差も絶対なのだから
 神と人の上下と主従の関係は変わることがない
 
 神の御心を学べば近づけるという発想は
 神と人を何かの量の違いと勘違いしている
 
 神(=創造主)と人(=被造物)
 という絶対的違いを忘れてはならない
 
キリスト教の立場から政治的見解は生まれない
 
 聖書至上主義から政策は導けない
 
 信仰は魂の救いであって政治理念にはなり得ない
 
 聖書は魂の救いのために書かれており
 あらゆる問題に対応する万能マニュアルではない
 
 政治に宗教を持ち込むと悲惨しか生まれない
 という歴史と現実を学ぶべきである
 
 宗教的確信と政治思想が一つになる国は
 惨劇が絶えないだろう
 あらゆる決断が絶対になり有無の戦に結び付くからだ
 
宗教の恵みに浮かれる前に宗教の怖さを知るべきである
 
 まことに宗教人の自己満足と万能感は
 身の毛のよだつ代物である
 
 まるで自らの不遇の復讐を志しているかのようだ
 
 宗教の恵みを享受したいなら
 神の前に
 神を待ち望む一人の人間以上ではない
 という強い自覚が必要である
 
人間の温度を忘れたところには冷血の破壊が広がり
 
人間の涙を忘れたところには血の海が広がるだろう
 
 
(2015年07月27日)
(2015年07月29日、一部修正)