あくまで印象・推測・想像の域を出ません・・
 
 
  あの人
 
 
自分の公理的思い込みの主張の周りを
派手な形容を振り回すだけみたいな人の
はぐらかしや言い逃れは
ほぼ限度も明らかになったように思われるから
見た目の優しさや柔和さなど
実際の思想とは丸反対の顔も
もう長くは見たくないということになるのだが
 
次はあの人が出てくるのだろうか
 
戦車のような顔に屈強な体格
初めから説得を意識していて
説得されることなど
微塵も考えないような一言一言は
論理立てて話すような口調
 
表情は無表情・冷静を基調とするが、
冷淡・氷結から潜熱・温熱・情熱まで
思ったより広く表出され、
言動するに迷いのないような
大変なことでも躊躇なくやって悔いない
将軍のような強面と覚悟、むしろ武人か・・
飾ることをしない言論、
 
連文節で区切りながら話すのは
心をベリファイしながらだろうか
「・・は、・・だから、・・ということで、・・」
 
欠点は情緒面の人気か・・
・・まあそれはどうでもいい
 
注意し警戒して聞いていかなければならない
・・ごり押しに走れば
恐らく前の人よりも強力だろう
 
 
(2015年08月25日、同日一部修正加筆)
 
今日あたり台風直撃のようで、
風と雨の音、近くの物音、
閉め切った部屋の中の扉やガラスが
外の風に合わせるように振動する音、
圧力、揺れる音など、混ざって台風の音・・