崖っぷち
 
 
どうしようもない崖っぷちにおいては
命の異常な瀬戸際なのだから
どんなに激しく思い込んでも構わない
激しく救いを思い込み
激しく望み
激しく祈り叫ぶべきだ
 
藁(わら)は
神が与えた救いの綱であるかもしれない
 
しかし崖っぷちを過ぎることが出来たら
そこには
生き続けるという
新たな恵みと試練が待っているのだから
 
さらに経験を与えられ
加増された理性は
神の民である人間として考えるべきだ
 
そのときには区別がつくだろうから
もはや藁を神の救いだなどと思い込んではならない
 
 
(2015年09月29日)