信仰の心と体?(2)
 
 ブログ:その名は不思議
 記事「誓約と結婚 信仰告白の奥義と洗礼」
http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27088943.html
  に書き込んだコメントによる私の批判の続き
 
 
彼は記事に加筆してさらに聖句引用を追加しています。
タイトルに「奥義」という言葉が加わりました。
 
同名の記事の続きで、
今回はまとめずに、コメントの続きをそのまま載せています。
彼からのレスは、前のコメントも含めて、今のところ全くありません。
 
 
記事の追加による修正ですか、珍しい・・
奥義を示したつもりなのですか・・??
 
>イエスの十字架の死によって人のわざを再逆転してくださり、
>神の言葉の本質である神の愛が私たちに注がれているのです。
>なぜなら 
>イエスに神ご自身と完全な人とが一体となった姿と出会うことができるからです
>この出会いに「誓約と結婚 信仰告白と洗礼」の奥義があるのです。
 
どうしても完全でないと気が済まないようです。
どうしてもあなたは
自分は完全な御方に出会ったと言わないと気が済まないようです。
 
「イエスに神ご自身と完全な人とが一体となった姿と出会う」
こう言って、聖句引用で終わらせてしまうと
完全に出会って完全になるのが信仰
・・という意味に受け取られてしまう危険を考えないようです。
 
2015/11/28(土) 午前 4:48 [ st5402jp ] 返信する
 
つまり、どうしても
自分は完全なる御方に出会って、完全になった
ということにしないと気が済まないのでしょうか。
 
出会い方は色々あるでしょうが
完全なる御方に出会った私たちは完全でない
ということを書かないで済ませるのは
 
言葉だけ
完全な神、完全なキリスト、完全な出会い、
ということにしなければ
神を称えたことにならないかのような
済まない、また、足りない気持ちになるのでしょう。
 
2015/11/28(土) 午前 4:49 [ st5402jp ] 返信する
 
聖句
>わたしを見た者は、父を見たのである
>わたしが父におり、父がわたしにおられることをあなたは信じないのか
 
無神論ではないのだから
神を見たのです。神がキリストにおられることを信じているのです。
ただ人は、そして私は、不完全だから誤解している可能性があるので
神に出会った・・などと言葉だけ押し出すことを控えるのです。
そういうところが、あなたには欠けていると申しあげます。
 
聖句
>もしわたしのいましめを守るならば、
>あなたがたはわたしの愛のうちにおるのである
 
短い聖句引用の危険に直接触れているような気持ちです。
解釈も解説もなしに、これらの聖句引用で終わらせている。
 
あなたはキリストの教えを守っているつもりなのですか。
 
信仰について語るときには
そこがいちばん大事なのではありませんか。
 
2015/11/28(土) 午前 4:50 [ st5402jp ] 返信する
 
やはりあなたは
自分に罪を認めていない・・だから罪について書けない
と言われそうな書き方をしていることに気づかないのですか。
 
罪びとの立場で書けないのですか。
救われて完成した立場からしか書けないのですか。
 
神と信仰について賛美したつもりで
言葉だけで整ったことを探して書いて満足するつもりなのですか。
 
神もキリストも、人に、あなたに、
賛美してもらわないと失踪するような御方ではありません。
 
信仰について気づくためにある聖書を
自分一人で辻褄合わせで納得している言葉を書いて
前から書いているように悪から自分を除外して
人に指図でもするように
説明しにくいことを説明したつもりなのでしょうか。
これが・・奥義なのですか。
 
2015/11/28(土) 午前 4:51 [ st5402jp ] 返信する
 
信仰は聖書を読んで
キリストに出会うことで始まりますが
始まるのであって、そこで奥義を得て
完成するのではありません。
信仰は経過であり成長だと思っています。
 
あなたはそう思わないということでしょうか。
 
出会いを奥義と言って完成したかのように
あなたは満足できるのかもしれないが
他の人々はそうはいかないと思います。
 
削除しますか。
 
2015/11/28(土) 午前 4:51 [ st5402jp ] 返信する
 
コメント欄に書いたこと、と言っても私のコメントだけだが、記事にします。
 
2015/11/28(土) 午前 5:55 [ st5402jp ] 返信する
 
 
コメントが削除されないだけでも違うとは思います。
とはいえ、
記事を見ると、どうしても違和感も、ときに反感も禁じ得ません。
 
 
(2015年11月28日、同日一部修正)