「復活の・・批判(1)」
 
 その名は不思議
 復活の恵みの中で
 
http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27352437.html
  のコメントより、編集
 
 
シャロムさんがブログに記事を公開しているということは、自分の言説を広めたい意思の表れです。つまりシャロムさんの言説は、公論ということですから、批判を拒否してはいけない性質のものなのです。
シャロムさんのコメントから、悪意を読み取ってほしいです。
 
 

> st5402jpさん
 
stさんの鋭い洞察力によって、ことごとく私の隠している悪、偽善が丸裸状態にされてしまうようですね。
そんな私のために命を捨ててくださったイエスさまだけが褒め称えられることが私の希望であり、喜びなのですから、恥はわがもの、誉れは主のものとしてくださり、ありがたいことです。
 」
 
 
恥をわがものとするなら、まず私のコメントを承認してください。
 
>そんな私のために命を捨ててくださった
>イエスさまだけが褒め称えられることが私の希望であり、喜びなのですから、
>恥はわがもの、誉れは主のものとしてくださり、ありがたいことです。
 
嘘ですね。シャロムさんは、嘘をつきました
2行目、3行目で、納得しているなら、そもそも
信仰を持つ必要はないのです。
人は、イエスを讃えるために、信仰を持つのではない。
恥に落ち込むことなく、罪を赦されて、生かされる、・・ことを望まない人はいない。
 
>イエスさまだけが褒め称えられることが私の希望であり、喜び
 
何様のつもりだ、と言いたくなるような、きれいごと、・・これは、自分を高める台詞ですから。・・また、白々しい偽善の言葉を、シャロムさんは、吐きました。どこまで、偉そうに、格好つける気なんでしょう。
 
また、都合よく見せるために、都合の悪いコメントを削除した・・また偽善を保身の術にして、信仰を虚しく穢しましたね・・
 
シャロムさんの言い分は、
 一見相手を建て、自分がへりくだるように見せかけながら、実際は、
 STは、洞察力があるが、自分は、主を褒め称えられる、と信仰において自分が優位であることを主張するという卑怯な言い回しです。言動が、どんどん悪質化してゆく、どうしようもない、プロセスを、歩ませているのは、シャロムさんが信仰だと思っている固定した精神の縛りと超常への思い上がりです。
 
シャロムさんは、今日も、「恥は我がもの」と言ったこととは、削除という全く逆の保身行為を行っています。シャロムさんには、一貫性がありません。シャロムさんの言論には、整合性がありません。人生が終わる前に、人生の結論を自分で出している信仰です。
 
 

> st5402jpさん
 
「都合よく見せるために、都合の悪いコメントを削除、偽善を保身の術、卑怯な言い回し、固定した精神の縛りと超常への人の思い上がり、一貫性がありません、整合性がありません、人生が終わる前に、人生が終わる前に、人生の結論を自分で出している信仰・・・」
 
 申し開きの言葉もありません。
 褒められても、誹(ソシ)られても、私の価値は為替相場や、原油相場のように上がりも下がりもしません。ご安心ください。
 人の評価はある人には損になり、ある人には儲けになるかもしれません。いつも温かいご忠告、助言をいただいていますが、お言葉のようにstさんのように人を評価し、裁く、正しさはどこにもありませんが、イエスの十字架の血判付きの保証書があるのですから。ご心配には及びません。
ありがとうございます。
 
2016/3/30(水) 午前 8:11 [ shalom ] 返信する
 」
 
 
>ご安心ください
>いつも温かいご忠告、助言をいただいていますが
>ご心配には及びません。ありがとうございます
 
こういう言い方は、自分が信仰と呼ぶものによって、人間らしさを失った人の、開き直りの、お礼に見せかけた、当てつけの皮肉です。シャロムさんは、とても狡猾です。こういう人は、もう手遅れなのかもしれません。私が心配しているのは、シャロムさんに関わってしまう人々のほうです。
 
>原油相場のように上がりも下がりもしません
 
こういう人は、余裕があるかのように、実際は自覚がないだけなのに、このような、笑えないユーモアのつもりのことを平気でぶつけてきます。ふざけているわけです。心は、意地悪で、・・冷凍庫・・なのです。
 
>人を評価し、裁く、正しさはどこにもありませんが、
>イエスの十字架の血判付きの保証書があるのですから
 
こういう弱者と見せかけたような言葉で、開き直ります。「正しさがない」そのままなら、正しさを目指していない証拠ですが、「十字架の血判付きの保証書」・・と、決めつけを、ここまで確信してしまうと、手遅れなのかもしれません。既に正しいと信じ込んでいるからです。訂正不能になって、いかなる学習も成長も拒否しているのです。自分信仰の最終的な言い逃れは、いつもここにあります。
 
他者のコメントを削除するということは、独善の証拠です。
 
>イエスの十字架の血判付きの保証書があるのですから
 
信仰によって悟った人が、感動して涙を浮かべ、空を見上げて神を讃美ているような、安い芝居じみた演技的表現に惑わされないでください。 悟りではなく、むさぼりの自己満悦表現です。こういう人に捕まってしまうと、同様の、悪意と当てつけでしか、物が言えない人になってしまう恐れがあります。
 
憤慨に耐えないので、こちらの記事にします。おっしゃったとおり、恥をわがものとしてください。

 
シャロムさんの信仰に、誰も巻き込まれることのないように、シャロムさんのように人間離れになる人が、この先、出てこないように、祈っています。 
 
 
(2016年03月30日、同日一部修正)