はかる
 
 
ガチガチの
物差しで測るような
格子を組み立てるような
三角定規を並べるような
「ならば」「ならば」で
組み立てられた枠によって
理解を定義する者は
 
それが成り立たないと言われても
分からないと言わずに
相手を否定して
感動とは無縁に
人の気持ちを測ることが出来ずに
レッテルを貼り付けるだろう
 
それが成り立つと思ったら
分かりましたと
うわべだけのお世辞にさえ騙されて
感動とは無縁に
悪意を測ることが出来ずに
真実を見逃してしまうのだろう
 
そこに欠落しているのは
共感という情緒的心性である
 
自分の物差しが他の人々に通じず
理由が分からないで
不満になり突っ張った結果
薄情だとか奇人変人だとか言われると
 
孤独の王国を作るしかなくなって
人を貶めるために
謀るしかなくなるのだろう
 
冷たい人、コールドハート、
冷血漢、などと呼ばれる人は結局
自我の弱い人を見つけて
隷属させて頷かせ
自分を高めたつもりの人生になるのだろうか
 
それほどに共感性は大切で
その有無が人間性と離人を分ける
 
と言ってよいとさえ思えるくらいだ・・。
 
 
(2016年05月30日)
 
理解は理屈ではない
という、前にも書いたことです・・。
 
はかる
(計る・測る・量る、計る・図る、謀る)
騙す(だます)
貶める(おとしめる)
隷属(れいぞく)
頷く(うなずく)