その名は失望に不安
 
 
 (ヨハネによる福音書、口語訳)
1:29
その翌日、ヨハネはイエスが自分の方にこられるのを見て言った、
「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。
1:30
『わたしのあとに来るかたは、わたしよりもすぐれたかたである。
わたしよりも先におられたからである』とわたしが言ったのは、
この人のことである。
1:31
わたしはこのかたを知らなかった。しかし、
このかたがイスラエルに現れてくださるそのことのために、
わたしはきて、水でバプテスマを授けているのである」。
1:32
ヨハネはまたあかしをして言った、「わたしは、
御霊がはとのように天から下って、彼の上にとどまるのを見た。
1:33
わたしはこの人を知らなかった。しかし、
水でバプテスマを授けるようにと、
わたしをおつかわしになったそのかたが、わたしに言われた、
『ある人の上に、御霊が下ってとどまるのを見たら、
その人こそは、御霊によってバプテスマを授けるかたである』。
1:34
わたしはそれを見たので、このかたこそ神の子であると、
あかしをしたのである」。
 (ヨハネ書1:29-34、新約聖書)
 
 
洗礼者であり預言者であるヨハネさえ
わたしの言うことは神の言葉だから、文句言わずに黙って信じよ、とは言わなかった。
つまり、根拠を示している、説明責任を果たしている、説得力がある、
ということを覚えてください。
 
「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。」という言葉は、
 
イエスに、聖霊の導きを、ヨハネは感じたのです。
どんな罪でも偽善でも、奇跡的に取り除かれて聖となるなどとは言っていません。
 
自分に都合のよいことなら、他の人が言ったことでも、どこからでも持ってきて、人々に広め、そのことによって、自分が正当であることを主張したがる者の言説に惑わされてはいけません。
 
>それは私たちが罪の支配と力から解放され、私たちに平安を与えるためだったのです。
>どんなに豊かそうでも、罪の支配するところに平安はないのです。
>罪は罪なき命の代価を払われなければならないのです。
 
罪の支配するところに平安はないと言っています。ましてや偽善をや・・ということです。
罪と偽善を犯して、何でも許され救われると、悔い改めもしない者は、命の代償を払わなければならないのです。
彼が自分のために引用した文章が、彼の不法を明らかにしているのです。
 
>私たちがイエスを心に信じ受け容れると、イエスは私たちの心を掃除し、
>少しずつ平安を注ぎ込んでくださいます。
>この平安はどのような出来事によっても奪い去られることのないものです。
 
そうです。少しずつ平安を賜るためにも、掃除のプロセスが必要です。それが信仰です。それを受け入れない者に、ましてや、最初から約束され完成されたかのような平安がいっぱい与えられて、誰の言うことも聞かなくていい、など、あり得ないのです。
 
>この世にあっては試練も苦しみもありますが・・・
>それさえも益としてくださるのです
 
苦しみを経て、耐え忍んで、悔い改め、祈りを経て、神が与える益としてもらえるのです。神が定めた人のための益であって、人の都合のよい益とは限りません。言い換えると、益となるのは、神の民である人間として、精一杯、生きたからこそ、ということです。主イエスの訓練を受けた信仰者は、決して、何でも許され救われるなどとは考えない、ということです。
 
 
 (ローマ人への手紙、口語訳)
5:1
このように、わたしたちは、信仰によって義とされたのだから、
わたしたちの主イエス・キリストにより、神に対して平和を得ている。
5:2
わたしたちは、さらに彼により、
いま立っているこの恵みに信仰によって導き入れられ、そして、
神の栄光にあずかる希望をもって喜んでいる。
5:3
それだけではなく、患難をも喜んでいる。なぜなら、患難は忍耐を生み出し、
5:4
忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。
5:5
そして、希望は失望に終ることはない。
なぜなら、わたしたちに賜わっている聖霊によって、
神の愛がわたしたちの心に注がれているからである。
5:6
わたしたちがまだ弱かったころ、キリストは、時いたって、
不信心な者たちのために死んで下さったのである。
5:7
正しい人のために死ぬ者は、ほとんどいないであろう。
善人のためには、進んで死ぬ者もあるいはいるであろう。
5:8
しかし、まだ罪人であった時、
わたしたちのためにキリストが死んで下さったことによって、
神はわたしたちに対する愛を示されたのである。
5:9
わたしたちは、キリストの血によって今は義とされているのだから、
なおさら、彼によって神の怒りから救われるであろう。
5:10
もし、わたしたちが敵であった時でさえ、
御子の死によって神との和解を受けたとすれば、
和解を受けている今は、なおさら、彼のいのちによって救われるであろう。
5:11
そればかりではなく、わたしたちは、
今や和解を得させて下さったわたしたちの主イエス・キリストによって、
神を喜ぶのである。
 (ローマ5:1-11、新約聖書)
 
 
「平和を得ている」から「さらに、彼により」と続きます。彼は、主イエス。
 
ゆえに「神の栄光にあずかる希望をもって喜んでいる」とは、希望ですから、
神の栄光に与って、誰が何と言っても、ずっといつも平安がある、という意味ではありません。
人が、神の意志を確定すると、人は完全を自分に引き寄せたがるのです。
 
「いま立っているこの恵みに信仰によって導き入れられ」が先立ち、
 
しかもそれは洗礼を受けたときに、万能になるではなく、完成するのでもなく、終末に向かって、希望となるのです。
 
「患難をも喜んでいる。なぜなら、患難は忍耐を生み出し、
 忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っている」とは、
 
私たちは、神によって鍛えられることで、希望を抱くことが出来るということです。決して、一度に完成して、人の意見など無視しても成就する、というのでないことは明らかでしょう。
 
「わたしたちに賜わっている聖霊によって、
 神の愛がわたしたちの心に注がれているからである」というのも
 
超常の聖霊が自分には注がれているから正しいので自分の言うことを聞け、他の人の言うことは、信仰者は、そして自分も、聞かなくてよい、ということではないと分かるでしょう。
 
「御子の死によって神との和解を受けたとすれば、
 和解を受けている今は、なおさら、彼のいのちによって救われるであろう」
 
神との和解が、一度受けて、あとはオートマチックだから、何をしてもよい、ということはないのです。和解を受けている今は現在完了形と進行形と、継続を拒まないかぎり「であろう」の未来形という恵みの約束であり、それを無にするかどうかは、人にかかっています。何か特別なことをしなければならない、ということではなく、神の民として、不全の罪を自覚し、それによって、さらなる悪である偽善を避けることだと思います。
 
特別でない当然するべきことをしないで、当然してはならないことをしているのは、聖書によれば偽善者であります。そういう者こそが、せっかくの救いに至る道を外れて、キリストの負いやすい荷さえも拒んで、逆にキリストをまたしても十字架につけようとしている者です。
 
他者の説教を引用して、自らの正当性を確保し、自分と自分の言ってきたことを、見境もなく高めようとする卑しい企てに惑わされることのないようにしてほしいです。
 
いい説教だから引用しただけ、という言い訳は成り立ちません。今までのことを考えると、いい説教だと思ったら、自分の今までの説教の過ちに気づかないではいられないからです。正直な人なら、そのことを記事に書かずにはいられないからです。今までずっと、その一点が、いつも欠如している人を批判しています。
 
 
 その名は不思議
 失望に終わることのない平安
 
http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/27547952.html
  見るのは構わないが、決して好意的に関わってはいけないサイト。
 
 二種類の平安
 http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/21500212.html
 失望に終ることのない希望
 http://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita/13082472.html
  のコピペのようです。
  自分を特別視すると、断りもなく、神の啓示だから、
  何度、同じことを言ってもいいと安易に思っているようです。
 
 
(2016年06月28日、同日一部修正)
 
 
   序
 
自らの信仰を暴き
すなわち十字架を倒し
墓を掘り起こし
死地を招き
振り返ったものすべてを否定し
背教の命題と
血の反証を繰り返し
繰り返し
我に問い
かかる実験の後にも
否むことのできない像
拒むことのできない絆
それだけを
信仰と呼ぶ
 
 
  悔い改め
 
キリストの民と称して
罪を形而上の供え物とし
飼犬を神と名付けて
乞食にくれた残飯を愛と錯覚して
受難に耐えんとする信仰の下で
見逃されたものが
黴(かび)のように陰を好み
知らぬ間に はびこっていく
それゆえ暴かれると
あるいはひそかに垣間見られたときでさえ
ぞっとするほど陰惨な風景を見せ付ける
 
それに気づいた者が
今一度(ひとたび)悔い改めんとして
祈りを捧げたとしても
血の海に沈んでいくキリストをよそに
またしても
虐げられたと十字架をかかげ
憎しみにさえ旗を
そして旗は なびく 旗を呼んでくるのだ
 
 
(20代中ごろ~96年頃、再録)
 
信仰は道であり、終末に至るまで、求める学習の、
経験による継続です。
 
自説から、信仰はこうだ、神はこうだ、
神の啓示だから議論の余地はない、などと思い込んでしまうと、
逆に、全能の絶対者である神を言葉だけ引き寄せて、
自分が何をしても、なついてくれる飼い犬にしてしまいます。
・・犬でさえ、人の横暴には、逆らうこともあるでしょうから、
ましてや神を、何をしても、どんなときも救い・・と
決めつけることなど出来るはずもありません。
 
 
(2016年06月28日、同日一部修正)