神の前に
 
 
神様の前に出るのに
何が必要か
 
何も要らない
という人も多いだろう
 
そうではない
必要なものがある
 
捧げものだ
何を捧げるのか
 
金でもなく
物でもない
 
讃美の美辞麗句でもない
 
そんなもの
神の前には糞尿同然だ
 
人が体裁のために偽ること
神が知らぬと思うのか
 
むしろその逆
ただ一つ
偽らないことだ
 
偽りはリアルタイムで
神様にはバレバレだと思うべきだ
 
神様を
またかと
いつまでうんざりさせるつもりか
 
どんなに惨めでもいい
どんなに醜くてもいい
どんなに泣いてもいい
 
神の前に偽るな
 
偽りのない正直さだけを
神の前に示しなさい
 
神の前そこは
 
日頃気にしているところの
いかなる体裁も体面もプライドも
無意味になる所
 
お世辞の大仰な讃美など
人に巣食う寄生虫に過ぎない
 
神の前に
正直以外は意味がない
 
神の前に出るのに必要なものは
日頃気にしている不必要なものを
すべて捨て去った裸の人間
 
何故なら神の前に見抜かれて
いかに飾ってもすでに人は裸だから
 
神に見抜かれるか
自ら捧げるかの違いは
余りにも大きい
 
 
(2016年10月28日)