楽山の放屁・追記2
 
 批判をスルーすることについて
 2020年07月26日 楽山日記(LD)
 追記分を改めて批判。
 
 
楽山は、言い訳がましい追記をしてきました。
 
◇◆ 追記 2020.7.26 ◆◇
*スルーの理由
記事を読み返してみて、ちと不親切と感じたので、スルーの理由について以下に補足説明してみた。
・時間…リアルの議論であれば、せいぜい二、三時間もすれば一段落できるだろうが、ネット上の議論であれば、何日も、何週間も続くことがある。人によってはこちらが何も書かなくなっても何カ月も何年もねちねち悪口を書き続ける者もいる。これには付き合いきれない。
 
楽山は、議論など出来ません。賛同者と世辞の遣り取りをするだけです。そして、あたかも、議論したかのように、議論できるかのように、論者であるかのように、見せかけているだけなのです。私の批判記事に、反論も弁明も、一度も成り立ったことはないのです。楽山はペテン師です。
 
「リアルの議論であれば、せいぜい二、三時間もすれば一段落できる」・・そんなことはありません。生涯にわたることもあるでしょう。その都度、保留して、整理して、考えてゆく姿勢が必要です。
 
楽山は、真実追求の、あらゆる理路において、破綻し、欠落し、妄想的にショートカットして、フリーズしているに過ぎません。
 
・真理…世の中には、真理を多角的に理解できる人もいれば、理解できない人もいる。たとえば、ueyonabaruさんはこのようなコメントをしていた。
1. ueyonabaru2013年05月01日 23:08
さやかさんのお考えは好きです。楽山さんはクリスチャンのような感じを受けます。どちらも、正解。
  0
2. 楽山 (自由)2013年05月22日 19:59
ueyonabaruさん、お返事が遅くなってしまいましたが、コメントありがとうございます。
当方、クリスチャンではありませんが、キリスト教には興味を持っています。とはいっても教会には行かず、自分なりにキリスト教関連の本を読むくらいですけど。
http://mn266z.blog.jp/archives/17512161.html
 」
 
だまされた人がいるようです、いや、いたようです。2013年ですか。ずいぶん前ですが、楽山は、そういうところまで持ち出さないといけなくなったようです。気持ち悪さは変わりません。昔は、こんなにも、軽く、だましていた、という思い出話でしょうか。
 
楽山は、反キリストです。楽山が、多角的視野と言っているのは、何も結論が出せず、いい加減に、信じると信じないを、さまようことを意味しています。楽山も、さまよっているように見えますが、実際は、否定して悪用しているだけです。何の助けにもなりません。
 
多角的視野など、楽山は、全く持っていません。批判に何も返せない楽山は、自己満足の自己愛だけで、書いて、だまして、やさいいお人柄ですね・・などと、褒められることが大好きです。くれぐれも、だまされないように、決して、関わらないようにしてください。
 
これはつまり、HS教義とは違う考え方であっても、アンチが言ったことであっても、真理は真理だと認識できていることを示している。またその考えが何の影響を受けているのかも分かっている。こういう人とであれば信者とアンチという立場を超えた議論は不可能ではないだろう。
 
意味不明です。「真理は真理だと認識できている」「何の影響を受けているのかも分かっている」・・すごいことを、平気で言っていますが、そういう人はいないので、楽山と議論できる人はいません。何を思い上がっているのでしょう。
 
楽山とは、いかなる議論も、交流さえも、不可能です。しっかりした立場など、楽山にはありません。だから、気持ちよさを維持するために、曖昧なボンヤリ言語で語り、不都合を無視し、反省せず、責任を負わないで済むと思っていることが、文章に表れてきたのです。
 
でもHS教義に合致していないものは真理ではない、アンチがいうのは真理ではない、アンチで退転者の楽山が言うことに真理はないという風に、党派的、護教的な決めつけばかりで、真理の何たるかを全然分かっていない人とは、まともな議論ができるはずもなかろう。
 
すでに、上で、真理は真理だと認識できていると、軽く書いた時点で、真理についてはアウトなのです。楽山の言葉は、腐っているようです。楽山は、あらゆる人間の真実に背いている卑怯者です。この人に、他者を云々する資格は、全くありません。
 
楽山の、真理は、思いつきのように、あまりにも、軽いのです。かつ、お伽噺かホラー話のように幼稚です。楽山の視野は、おもちゃ箱以上ではありません。
 
「真理の何たるかを全然分かっていない人とは、まともな議論はできるはずもなかろう」などと書いていますが、楽山は、真理の何たるかを語る資格はありません。自己愛の自尊過大に凝り固まって、あらゆる真実に背いているのが、楽山です。
 
有頂天の煽動者、誇大妄想患者、無反省・無責任の自己愛性パーソナリティ障害NPDの楽山に、決して近づかないでください。
 
・ケチ…真理を求めての議論なら意味もあるだろうが、無暗な人格批判だとか、否定のための否定だとか、ただ相手にケチをつけたいがための難癖などにはいちいち付き合う気にはなれない。
 
無暗ではありません。根拠を示して、楽山の人格の偏向、自己愛性人格障害と、無益な教え方をしている自己満悦を、指摘し、批判しています。責任を負わず、反論も弁明も出来ないなら出てくるな・・という批判です。
 
楽山は、自己愛性パーソナリティ障害NPDのために、自らの欠点など非を認めることが全く出来ないのです。そして、いつも、見下ろす視線で、学者気取りで教えたがります。高みから見下ろしている人とは、議論も交流も、出来はしないのです。
 
根拠のない嘘や悪意の詭弁を武器として、無反省で無責任な人格的欠損によって、何事にも、共感できず、感動できないので、共感や感動や反省という言葉だけを多用しています。全部、言葉だけの飾りのオモチャに過ぎません。
 
その嘘を、ごまかすために、反省とか、トホホとか、書いてきますが、文脈においても、記事の流れにおいても、何も、良い方向に変わっていないことが分かるから、芝居に過ぎないわけです。楽山は、自分さえ満足できればよいだけの利己主義の自己中の、嘘吐き、詭弁家、精神の詐欺師です。
 
・テーマ…事実関係についての議論であれば、思想、主義、信仰、感性などが異なっていても可能だろう。でも、「神とは何か?」「信仰とは何か?」「いかに生きるべきか?」という答えのない問題については、思想、主義、信仰、感性が異なる相手と議論しても平行線に終わるだけであまり意味はない。とくに当事者間に悪感情がある場合は、ただの喧嘩になるだけだ。
 
思想と宗教は、事実関係とは限りません。むしろ、知性と感性の両方を必要とする精神の作業です。しかし、楽山は、理路の調和も情緒の共感も成り立たないために、言葉の字面を細工する詭弁に終始してきたのです。
 
楽山は、自分が出来ないものだから、平行線に終わると言っています。・・平行線は、決して終わることはないのです。放り出して無視するから終わるのです。楽山という基準のない平行線が、ガラス片のように、人を傷つけ、人を滅ぼしかねないから批判を続けています。
 
こういう言い分こそが、自らの非を認めず、人のせいにする自己愛性パーソナリティ障害NPDの症状です。思想も主義も信仰も感性も持っていない楽山と、話し合おうなどと思ってはいけません。否定し続けることだけが批判であり、逃げることだけが安全保障であります。
 
楽山は、批判や議論を、喧嘩になるだけと短絡をしています。こういう短絡も、楽山の特徴です。深く感じることと考えることが、楽山は、できないのです。だから、すっ飛んで、他者を無視することに専念し、逃げているのです。一気に楽になりたいカルトの特徴的な習性でもあります。
 
「喧嘩になる」種を、いつも、バラまいているのは、楽山です。そして、無視、無反省、無責任、訂正不能、自己中の誇大妄想なら、議論など、成立するはずもないのです。
 
少なくとも「神とは何か?」「信仰とは何か?」「いかに生きるべきか?」という問題について、「答えのない」「あまり意味はない」と決めつけている楽山こそ、答えもなく、意味もないのです。人間は、人生の様々な問題に直面して、その都度、考えることで成長してゆくのです。
 
・公平…人は身内に甘く、敵対者には厳しくなりがちなものだ。だから少々のタブスタはやむを得ないことではある。
 
ダブルスタンダードが止むを得ないのではありません。違う定めに生きている人もいる、という共感によって、許容できることがあるということです。それに、楽山は、相手を疲労させることで、既に、とてもいやらしい報復だけをしてきたのです。
 
恐らく、楽山には、本当に身内と呼べる人はいないと思います。共感できない楽山は、規範のほうをいい加減なものにして、自分かわいさだけで、正当化して、二重規範(ダブルスタンダード)を許容してしまうのです。これは、妄想信念による自慰行為です。
 
ただそれには程度があるのであって、他人のコピペブログを強くしつこく批判していながら、お友達のコピペブログは殆ど不問に付すとか、自分が批判されたらすぐに相手をネットストーカー呼ばわりしておきながら、多数からネットストーカー扱いされている問題児が、自分の論敵に喰いついてるのをみて、正当な批判が行われているかのようにいうのは、ダブスタにもほどがある。こういうダブスタ人間とは、意義ある議論は期待できなかろうと思う。
 
「自分が批判されたらすぐに相手をネットストーカー呼ばわり」・・楽山がやってきたことです。実に、きたない。また、程度などという曖昧な言葉で表されるような問題ではありません。楽山の、自己に慢心している様子が、楽山の発言に表れています。
 
人間の規範は相対的ですが、楽山のように、同時に2つの、特に相反する規範を持っているのは、詭弁であり、人格乖離か真実追求とは違う目的があるとしか思えないのです。楽山は、人を傷つけることに快感を感じているとしか思えません。
 
そういうとき、楽山は「疲れたんじゃないですか」などと言うことがあります。気遣いや思いやりなどと思わないでください。サディストが、うまくいったと、独りで満悦しながら、勝利宣言みたいに、同情芝居をしているのです。今までの、楽山の、鈍く冷たく粗野な性格が根拠です。
 
また、批判に答えないまま、反省しないまま、修正しないまま、学習も成長もなく、ネットストーカーのように、自己満足の詭弁の記事を書き続けて、公に垂れ流し続けているのは、楽山のほうであります。つまり、楽山は、自分の精神病理の構造を、自分で語っているようなものです。
 
・地雷…巷には、プライドが高く、何かというとすぐに怒り、逆恨みし、粘着してくる人がいる。こういう人と議論すれば、易怒性を誘発し、面倒なことになるのは目に見えている。触らぬ神に祟りなし。以前はこういう人の存在は知らなかったが、いまはこの手の人物が存在することはわかったし、批判があったからといって、相手がどういう人物か確かめぬうちに、すぐに議論に応じるような迂闊な真似をする気にはなれない。
 
楽山は、高等感情が鈍麻しているのに、自尊が過大で、粘着した雑言を妄想して語ります。ゆえに、怒らない人のように見えることがありますが、感じていないからであり、人の意見を受け取る器がないからなのです。やさしい柔和と、うすぼんやりの鈍麻を、混同しないようにしてほしいです。
 
「プライドが高く、何かというとすぐに怒り、逆恨みし、粘着してくる人」・・怨念が根底にあることを知れば、これが当てはまるのは、楽山だと分かるでしょう。表に出すと、現実的に、見放されるので、ボンヤリ丁寧語の一点だけ保って、客観的に見せかけて、分かりにくくしています。
 
楽山の、スルーは、無視であり、アドラー教(アドラー心理学)の、気に入らないことは無視しましょう、という説教を書いていたのは、他でもない、楽山その人であります。
 
私は、途方もない病的な疲労を与えるだけの楽山と議論をする気はありません。デタラメな記事を書くのをやめなさいと言っています。言論の責任を負わない人に言論の自由はないのです。
 
楽山は、迂闊なのではない。楽山は、能力的にも、議論や話し合いのできる人ではなく、無責任であり、都合の悪い他者を平気で無視して、作為的に、賛同者だけを選んで、世辞を言います。
 
・関心…人は自分に対する批判には敏感なものだ。だから批判があればどんなものかと興味を持ち、つい見てしまうし、反論してしまうこともある。でもあんまり下らぬ批判ばかりが続くなら、じきにバカバカしくなっていちいち確認することもなくなるだろう。楽山日記には愛読者ならぬ、嫌読者もいるようだけども、自分は嫌読者が何を書いているかいちいち見に行くほどの興味関心はない。
 
「批判があればどんなものかと興味を持ち、つい見てしまうし、反論してしまうこともある」・・楽山には出来ていません。嘘と詭弁だけを返してきました。批判に興味もなく、反論も出来ないでいて、言説の皮だけを、まともに見せかけようとしても、無駄なのです。
 
「あんまり下らぬ批判ばかりが続くなら、じきにバカバカしくなっていちいち確認することもなくなるだろう」・・これが、楽山の、怒気であります。「下らぬ批判」は、楽山の判断基準に過ぎません。少しだけ、感情的な表現ですが、楽山は、内心、怒り狂って吠えているのです。
 
これが、楽山の心を満たしています。日頃、隠していることが、批判されることによって、表れてきます。丁寧語が通用しなくなって、楽山がキレるとき、どうなるかを思うと、恐怖です。
 
結論だけで、根拠が全く示されていない、という特徴を見逃さないでください。これが、楽山の、無視の、実体であります。悪口や罵詈雑言を、論者風味の学術用語や、インテリ風味の引用で飾って、見た目、柔和を装う楽山の記事が出来ています。
 
つまり、楽山は、自分以外に「興味関心はない」のです。また、興味や関心で議論が成り立っているという楽山の曲解でもあります。ということは、自己中の楽山と、議論をしている、交流している、などと思うのは、勘違いです。何も進行しておらず、ただ、疲労だけが積み重なります。
 
他者は、誰でも、楽山にとって、利用して自分を飾るための対象でしかないのです。それが、自己愛性パーソナリティ障害NPDなのです。体質的で、ほぼ、不治の病です。関わらないようにすることだけが、自己防衛になります。どうか自衛してください。
 
・わけあり…通常の感性を持っていれば、大川隆法は神だとか、霊言は真実だとか信じることはできないだろう。いまだに信者を続けているということは、それ相応の理由があるのだろう。たとえば、「持病があって苦しんでいたが、信者になってから体調がよくなった。信仰に疑問はあるけれども、退会したら体調が悪くなるかもしれないし、止めることはできない」「夫婦で信者になったが、つれ合いは熱心信者のまま亡くなった。自分は疑問を持っているが、さきに亡くなったつれ合いのことを考えると棄教できない」「二世信者で生まれた時からずっと信じて来たので、おかしいとは思いつつも、すべては嘘だったとはどうしても受け入れ難い」など。自分はこういう人たちと議論し、退会を説得したいとは思わない。
 
思いやりのある自分をアピールするための芝居です。ここでは、意見の違う人を、やすやすと無視してきた履歴が、楽山を否定します。楽山に、思いやりの欠片(かけら)もありません。もっともらしいことを書いてきますが、楽山には、思いやりや共感という高等感情はないと判断しています。
 
高等感情の鈍麻によって、共感や感動も得ることはないでしょう。楽山の筆致に、概念的、通念的、そして、無味乾燥の粉みたいな感覚を覚え、生き生きとした活性を感じないのは、そのためだと思います。この粉は、盲目と混乱と疲労と鈍麻をばらまくだけの、浴びてはいけない有害言質です。
 
・弱味…ブログ村騒動のときの信者らを見ていたら、アンチによる大川隆法批判はほぼスルーしていたのに、自分が批判対象にされたときには、わあわあ騒いでいた。自分はこれはみっともないことだと思ったので、不当に貶められている他者を庇うことはしても、自分に対する批判はスルーを基本にした。
 
他者の意見を「わあわあ騒いでいた」くらいにしか見ていないことを、楽山自身が証言しています。何を根拠に「わあわあ騒いでいた」のかを書けない楽山こそ、このような記事で、いたずらに、わあわあ騒いで、スルーを決めこんできたのです。楽山は、人の意見も気持ちも分からない人です。
 
そういうわけで、ずっと前は自分の意見が誤解、誤読されていると思えば、「それはちがう」とすぐに喰いついたりもしたけれども、今は誤解、誤読による批判があったとしても放置することが多くなった。
 
無責任な男です。しかし、むしろ、誤読し、曲解しているのは、楽山のほうに、頻繁に見られます。聖書がそうです。キリスト教思想がそうです。楽山は、基本的な理解力がないのです。無視・放置・スルーをするなら、それだけ、自己中を自分で証明することになります。
 
楽山には、人間らしい理路と共感性がないのです。だから、人間としての節操や弁えが育たず、平気で書いて、平気で人を無視して、かつ、この記事のように、ネチネチと詭弁を垂れ流すことが出来るし、今のような事態を迎えても、書き続けることが出来るのです。
 
楽山は、自己愛が勝ってしまうので、無反省、無遠慮、訂正不能が、ベースとなり、関わる人は、疲労するだけです。楽山は、無益で粘着性の、この記事のように、執拗な自己正当化の詭弁によって、だまされる賛同者・犠牲者だけでなく、誰にとっても、有害な他罰的人格となっているのです。
 
大体、スルーの理由についてはこんな感じだ。
これに対しても、文句を言う人もいるだろうけれども、こちらは上にある漱石の田山花袋に対する対応を見習って、いちいち批判者のブログに出張したり、反論したりするつもりはない。侮辱するつもりはないけれども、一部例外を除いて大概の信者さんの話は総裁の受け売りばかりなので、さほどの興味は持てないのだ。
でもどうしても批判を読め、議論に応じろというのであれば、当ブログのコメ欄にでも書いてくれればよい。その場合は一応全部読むくらいのことはするつもりではある。以上。
 
こんな感じでスルーしていたのだから、真実の追求など出来るわけもなく、我執の追求だけをしている楽山だと、楽山以外には、分かるでしょう。ならば、この記事のように、成り立たないことをぐずぐずクレームにして書くのではなく、黙っておればよいのです。
 
訂正不能の結論と感情を、わめいているだけで、スルー・無視の、理由・根拠になっていません。楽山は、読書も同様で、全部読むと言っても、字面に目を通すだけで、理解してはいないと思います。「心の理論」「奇跡」について、救いがたい曲解をしています。
 
「一応全部読むくらいのことはするつもり」・・「くらいの」?・・楽山の言の端々に出てくる高慢ですが、真摯に読むこととは、真逆の見なしが表れています。このような楽山に、軽く扱われたり、あしらわれる人になってはいけません。
 
楽山は、正常人と、見えてる世界が全然違うのかもしれません。完全な自己中心世界なのでしょう。霊が分かるっぽい、と言ってたから、妖怪か幽霊かファンタジーでも見ているのでしょうか。ですから、決して、楽山ブログに、コメントなど書いてはいけません。
 
「一応全部読む」ことなど、楽山には出来ません。楽山には、ふつうの読解力もありません。自分にとって好都合か不都合かを見ているだけです。楽山は、好都合なら世辞を言って利用するだけで、不都合ならクレームのような当てつけを繰り返して疲労させ、無視して去るのを待つでしょう。
 
楽山は、目の悪いナルキッソスなのでしょう。とても醜い自分を、水面ではなく、歪んだ鏡を見ながら、うつくしい!と、うっとりして、水仙の咲いている泉に、ではなく、昔のポットン便所から落ちて、糞まみれになっているようなものだと思います。
 
それで、なおも、自分を、美しくなければならないという強迫観念でもって、様々な嘘と詭弁の気取りだけで飾ってきたのでしょう。その害は、測りしれません。自分の失敗に、他者を巻き込むことに、他者のせいにすることに、何の遠慮もない人です。
 
今まで2年余り見てきて書いた批判記事の数だけ、楽山は、全部、間違っていると、私は主張しているわけです。こういうことが起こるのは、楽山とシャロームだけなのです。ふつうは、何かしら、良いところが人間にはあるのですが、二人には皆無なのです。
 
興味を持つとか持てないとかの話ではないのです。不都合を、何でもかんでも、無視できるというのは、尋常ではない、常人ではない、常軌を逸している、体質的病人だということです。
 
正体を知れば、いままでの、楽山の、霊が分かるっぽい、霊能者気取りと、学者・評論家気取りは、目を覆わんばかりの著しい妄想的曲解でした。楽山が、そういう自説を、そして、そこで生まれた自身の自信を、根底から否定し修正しない限り、楽山に対する批判は、止むことがないのです。
 
楽山は、過剰な自己愛による自分信仰カルトです。本名は分からないし、名前を変えてHN使えば、何でも言えると高を括っているのです。そういえば、楽山は、私が本名を出していることを、自己顕示欲だと言ってきたことがあります。私は、修正可能なので、文責を明確にしているだけです。
 
念のために言っておきますが、楽山にだまされる人はいても、楽山によって修正するべきところは、未だ、一つも見つかっていません。楽山が何も受け取らないで、考えないで、思い込みだけを言ってくる人だからです。
 
本名を出して責任を明確にしないうえに、嘘と詭弁ですから、楽山に、思想を、宗教を、カルトさえをも、批判する資格はありません。楽山に近づくのは、怪しい薬局で、わざわざ副作用だけを買うようなものです。楽山には、薬効のような作用も成分もありません。
 
楽山の言は、楽山だけが、楽になるためです。既に、自己愛性パーソナリティ障害NPDの資料になっています。粉末性の放屁を放つインテリ気取りの楽山が、何を書いても、理路の破綻も、詭弁も、詭弁臭さも、表れてきます。どうか、一言も、吸い込まないようにしてください。
 
もう一度、書いておきます。私は、途方もない病的な疲労を与えるだけの楽山と議論をする気は全くありません。デタラメな記事を書くのをやめなさいと言っています。真実を追求してゆくような大きなテーマについては、言論の責任を負わない者に、言論の自由はないのです。
 
 
驕る乾燥塵埃性詭弁

驕る乾燥塵埃性詭弁(おごるかんそうじんあいせいきべん)
 
 
(2020年07月27日、同日一部修正)
(2021年08月10日、再録+)
 
 
 
   夏の終わり
 
陽射しにからんで
山に吸い込まれる風
風に乗る草
気配のように
乱れて舞う
 
家並みは遠く
乾いた玩具のよう
太陽と山の間で
熱が行き交う午後
 
だるい恐れに疲れて
慈愛の錯覚に落ちても
夢の善し悪しを問わず
旅人の来歴を問わず
 
草原に連なる山の間に
止まったオートバイの横で
小さな墓穴のように
くぼんでゆく命と眠り
やがて黒い点となって
遠景の中に消える
 
小さい光 一瞬きらめいた
オートバイを残して
熱は輝く
あらゆる夏の終わりに
 
 
hondaの400ccです

お金のプアマンズ、力と技術のプアマンズ、かっこだけハーレー
ホンダの400ccです。
 
 
(90年代か)
 
 
 
また、楽山は、無責任に、引用だけの記事を書いて、空しい印象操作をしています。
 
 「ブログ村騒動」発言集(悪魔呼ばわり論争)
 2021年08月09日 幸福の科学とは何だろう?
 
 
「悪魔呼ばわり論争」だそうです。映画などに表される超常の悪魔について、私は知りません。しかしながら、悪意だけ、嘘と詭弁だけ、だまそうとする意思、無反省、無責任、という、人間の悪を集めたような精神をもって言動している者は知っています。楽山であります。
 
楽山は、私の批判記事においても、さんざんに批判されていますが、それを、完全に無視して、総ての罪を、他者特に批判者のせいにして、平気で書き続けています。そのようなことは、人間ならばできないはずだと判断し、楽山を、悪魔性と呼んでいます。間違ってはいないと思います。
 
したがって、この記事は、自己愛性パーソナリティ障害NPD楽山の、嫌がらせと言ってもいいでしょう。その証拠に、楽山は、自分の意見を、全く説明できないのです。ただ、憑りつかれたように、悪魔呼ばわりされていることを、不当だと、無根拠に、婉曲的に、言い続けているのです。
 
私は、楽山の非道について書いてきました。楽山は、嫌がらせ以外、何も返したことはありません。この記事もそうです。この人にだけは、誰も関わらないようにしてほしいです。楽山が執拗に、引用という、ぼかした手口で書いてくるのに対して、私は批判記事を書き続けています。
 
もはや、だいたいにおいて、同じような返しをすることしかできない質の低い楽山ブログです。思想を考察して磨くことをしないものは、結局、同じような無責任発言を繰り返すことになります。引用だけで、"悪魔呼ばわり" を書くのも、今までと同じ、悪魔性の、糞尿性なのです。
 
(2021年08月10日)
 
 
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ここは、ブログ記事をリンク・抜粋)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング