教えと救い
 
 
 (マタイによる福音書、口語訳)
5:27
『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。
5:28
しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。
 (マタイ5:27-28、新約聖書)
 
前にも書きましたが、キリストのこの厳しいと思われる教えを私が受け入れられるのは、守れという意味ではなく、罪なき者は一人もいない、という意味だと思うからです。
 
心に情欲を抱いたら姦淫ならば、悪意を抱いたら殺人か傷害であり、人の物を欲しがったら盗人でしょう。この厳しさをまた考えてみます。
 
キリストは、救われるために守るべき教えが厳しいのではなく、罪の定義についての教えが厳しいのです。罪の罠となる網から誰も逃れる者はいないということでしょう。そうでも言わないと、自分は大丈夫つまり罪はないと言い出す人が多いからです。それは、キリスト信仰においては、罪の自覚がないと赦しようがなく、即ち、救いようがないからです。
 
罪の定義を、人は、一般的な道徳から考えやすいということだと思います。それによって、一般的な道徳によって罪はないと思いやすく、気安く思い込み誓ったりもするのでしょう。誓いを果たしたつもりでも、神から見れば人は気づかない罪だらけなのです。
 
今もそう言う人は多いのです。あるいは、十字架の贖いによって赦されたから今は罪はないし、罪を犯すこともない、犯さないように聖霊に導かれているから、と言う人もいるのです。
 
そういう典型のような者が私にメールで言ってきたことがあります・・決して(他者に)謝るな、と・・。のちに、恐ろしいほどの自己正当化に聖句を利用していることが明らかになりました。
 
その者は、結局、めちゃくちゃな信条?を持っていましたが、一見敬虔を装っていたので見分けがつきにくく、おかしい分かるまで数年を要しました。そういう人がいるのです。
 
 
 (マタイによる福音書、口語訳)
5:33
また昔の人々に『いつわり誓うな、誓ったことは、すべて主に対して果せ』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。
5:34
しかし、わたしはあなたがたに言う。いっさい誓ってはならない。天をさして誓うな。そこは神の御座であるから。
5:35
また地をさして誓うな。そこは神の足台であるから。またエルサレムをさして誓うな。それは『大王の都』であるから。
5:36
また、自分の頭をさして誓うな。あなたは髪の毛一すじさえ、白くも黒くもすることができない。
5:37
あなたがたの言葉は、ただ、しかり、しかり、否、否、であるべきだ。それ以上に出ることは、悪から来るのである。
 (マタイ5:33-37、新約聖書)
 
このように人の判断と神の判断は違います。
 
私は、偽キリスト者と思う人を数年にわたり批判してきて、更新が止まって、一応の一安心と思っていたのですが、祈りを新たにしています。
 
37節は批判を禁止していないけれど、私はしばしば、宗教や政治の記事とコメントにおいて、是非の判断を超えた辛辣な表現をしている、つまり罪を犯しているからです。理路だけを書くのは苦手なので先が思いやられるのですが・・(苦笑・嘆)。
 
人は、神のように全知によって判断することが出来ないので、神に対して誓うということをする資格も能力もないということでしょう。既に、キリストは、誓っても守れない罪、あるいは、守った、守っていると言い張る偽善を、うんざりするほど?知っておられたのでしょう。
 
 
神は人知を超えていると言いながら、その神の超常の救いの仕組みを人知を超えて見たかのように得々と語る者がいて、明らかに矛盾しているのですが、何を言っても聞き入れず、弁明も反論も反省もしないまま、言うだけは同じように言ってくるのです。それが揺るがない信仰だと思っているようです。
 
このように「揺るがない」という言葉一つとっても、悪用されることがあります。前に書いた「幼子のように」「弱さを誇る」「いつも喜んでいなさい」などもそうです。
 
そういうことを考えているうちに、再び、人の言葉がいかに頼りないかを実感します。私たちは人の言葉で信仰を語るしかなく、しかしそれゆえに、他者のみならず、自らをも、辻褄を合わせて分かったと思い込むような詭弁の罠にかけてしまいやすいのです。
 
気づくたびに、自らを省みること、即ち、反省が、いかに大切かを痛感します。そのために祈りの機会が不可欠のものとして与えられているのでしょう。
 
神への音信である祈りを、キリスト者らしさを誤解して讃美ばかりに費やすよりも、今はそれどころではなく、反省と告白を第一とし、つまり悔い改め、そして新たに、赦しと癒しと救いを乞い願いたいと思います。
 
 
(2018年03月28日、同日一部修正)
 
こい-ねが・う【希う、冀う、乞い願う、請い願う、庶幾う】
(ウィクショナリーより
 
https://ja.wiktionary.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%84%E3%81%AD%E3%81%8C%E3%81%86
 
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]