MgM批判:批判ストーカー?
 
   追記あり、批判ストーカーされてます。
   
https://blogs.yahoo.co.jp/magtaranomaria/43071811.html
    by Mary Magdalene (以後、MgM)
    Yhoshuah (以後、ヨシュア氏)が書いた可能性あり
    というより、二人は同一人物である可能性が高い
    と今回の記事を見て思います。
 
 
一応、MgMの記事として見てゆきます。
記事のあとのほうに次のように書いています。
 

私が、畏れ従うのは、
イエス様の父さまである天地創造の神様と、イエス様のみ、。
栄光と誉は、すべて、、
天の父さまへ、、そして、我主イエス様へお返し致します。
私は、取るに足らぬ者、。
そんな私を、選ばれた父なる神様、、、、。

 
ここは、だいたいにおいて、キリスト者が書いて可笑しくない文章です。
しかし、記事の大方は、罵詈雑言と言ってよいでしょう。
 
私が強調したいところは「 」で囲んでいます
 

そのくせ、「持論を受け入れて、正しいとしろ」って言われても、、
批判的行為したり、話もまともにきかない人相手に、
はいそうですか、、という人はいません、。

 
こういう言い方はしていません。
コメントを入れたのは、対立意見を対峙させるためです。
 

人間は、、人間が、、、こうあるべき、。
信仰の自分勝手はない、という批判コメントには、、呆れました、。

 
なぜ呆れるのでしょう。信仰に自分勝手はあってはいけないのです。
 

聖句の論は、聖句によって、論証と論拠を明確にするべきで、
自分がこう思うから、こう、、という論が、まかり通ってしまったら
神学もなにもありません、。

 
聖句の言葉の辻褄合わせだけによって理解したつもりになって、
一番の問題は、それを絶対化し訂正不能にしていることです。
だから、異なる意見を全く寄せ付けません。
 

すべて、ただの独りよがりの論です。
感情論でしかなく、聖書に背く内容なので、
到底、受け入れる気にはなりませんし。

 
私が言いたいことです。感情的になっているのはどちらでしょう
 

それで、批判的なコメントを入れないように、と
私が何度も言ってるにもかかわらず、、、
批判を続けるぞ、と暗に脅す態度ばかり、、、。」

 
こういう言い方もしていません。
 

やってる行動、「ストーカーと同じ」なんですけど、。
はぁ、。(大きなため息、。)「すごく面倒くさい、タイプ」、。
普通、来ないで下さいとか、
コメント入れないで下さいと言われたら、
行くのも、コメントも入れるの、やめますよね、。

 
ストーカーという言葉が、なぜ当てはまるのか、分かりません。
 
やめろと言われたら、批判をやめるのが普通と思っているようですが、
問題が大きければ、やめるわけにはいきません。
多くの批判において、そうです。
 

第一、、もともと、良識あるクリスチャンは、
おいこら、、自分の言うこと聞かなきゃ、批判し続けるぞ」、と
暗に脅すような思考も行動もしないし、、

 
こういう言い方もしていません。
 

普通は、、自分のサイトで、
自分の信仰体験や気づいたことを、
ちまちま書いてるだけ」でしょ?
私もそうです、。

 
真実を追求する者が、ちまちまと書くでしょうか。
 

ふざけんなよ、記事で晒すぞ、、
お前が、持論を取り下げるまで、
このまま批判し続けるからな
。」的な
ニュアンスの思考から出た批判コメントをされて、

 
このニュアンスの表現は、度を越しています。
 
悪口と違う批判においては、こういう書き方はしません
 

言葉は、ここでは、やや普通ですけど、要求内容は、
上の思考が元なので、同じことを何度も何度も言ってきて、
実に、し・つ・こ・い・です、。
まるで、「餌に食らいついたスッポン」みたいですよ、。

 
ここまで見てきて、文章が
ヨシュア氏のブログでコメントの遣り取りをしていたときと
極めて似ていると思いました

 

御自分が、私の上に立って、
あれこれ指図し出来たなら、手のひら返して、、
批判はやめて、黙るかおだてるか、するのでしょうけど、。

 
そんなこと、考えもしません。
 

こちらの話、完全無視で、持論の押しつけし続けるのと
「批判され続けるのが嫌なら、自分の軍門に降るように」と、いう
ストーカー的な手口で、

 
こういう書き方はしません。
 

クリスチャンの中で、柔順で、心弱くおとなしい人を
「ノイローゼにしてきた」わけで、、仕方ないので、、、
生きてる人の判定も仰ぐべき、と思いまして、、
公開記事を書くことにしました。

 
私が批判してきたヨシュア氏は心弱くおとなしい人ではありません
私の個人情報までネタにして、元気に、侮辱してきます。
 

私には霊的な護りがあります、。
過去に、まだ、ここを父様のご指示で開設した初期の頃の話ですが、
霊能者と言ってきた方が、ゲストへの内緒コメで、
そのような醜いなりで、マグダラのマリアの名前を名乗るとは笑止千万!と
言って、なにやら霊力勝負をしかけてきてたらしくて、
高熱が出るから、これに懲りて反省するよう言い捨てて言ったのですけどね、。
微熱さえも出ませんでした、。
ひっくり返ったのは、あちら様だったのでしょうね、。
後から、ゲストの内緒コメント削除していかれましたから、。
・・・
悪意のある批判を、続けると返り念現象で、
本人の悪念によって悪い報いが発動する危険性を感じましたから、

 
この辺が、カルトくさいと思っています。
 

見えない世界は、正直です、。
悪い行いには悪い報いが良い行いには良い報いがあります。
彼は、知らないのでしょう、。

 
ここも、あまりキリスト教的ではありません。
 

バレなきゃ、いい、警察に捕まらなきゃ、たいしたことない、。
警察に捕まるだけが罪じゃないのですよね、。
いわれの無いことで、
人を貶めたり、押し付けたり、苦しめたら、天法違反となって、
罪が蓄積していきます。

 
誰がこんなことを考えるのでしょう。
 

嫌だと言ってるのに、、異常なしつこさ、。
これでまともな行動だと思ってるから、ほぼ、精神病ですね。
心を深く病んでるのでしょう、。

 
ヨシュア氏も、私を侮辱するために精神病扱いしました。
 

人を思いやることが、全然、出来ないんだから、。
持論の押しつけ、自己都合の理屈オンパレード、。

 
それは、どちらでしょうね・・。
 

くだらない義人きどり」して、
クリスチャンに、批判コメしてる人には、
イエス様は必要ないのでしょうね、。

 
この乱暴さ、極端な書き方、ヨシュア氏にそっくりです。
 

父上さま、、お聞きになりましたか、。
命を捧げるそうですよ、。
笑っちゃいますね、。
そんな覚悟、これっぽっちもないのに、。

 
神様は、こんなことで笑わないと思います。
ヨシュア氏なら、笑うでしょう。
記事とコメントで、彼は、今まで
「ハハ」、「フフツ」、「ふふ」、と3回笑いを入れました。
 

自分の「薄汚なさ」さえ認めれずに、自己の正当化のため、
同意者、賛同者をかき集めようと、、
夜中の1時に、良いお年のお年寄りが、、
あちこちを必死になって「徘徊」して歩く。
一匹狼で強く生きれぬ弱き者、。
綺麗事しか言えない「が」、何を言う、、、。

 
ひどいものです。
 

ほんとに神様を愛してたら、
神様が、とても愛してるイエス様を信じ、、愛している
クリスチャンの兄姉を追い詰めるような、お馬鹿な真似はしないのよ、。
それは、、神様の御心に背くことだもの、。

 
ここで、女性言葉になっています。
 

異なる意見だから、受け入れないのではなく、
聖書に反してるから、受け入れれないのです、と
腐るくらいにレスしても、まだ、これ、、、。

 
腐るくらいのレスとは・・。
 
自分の解釈を絶対化しています。
 

受け入れないとレスしても、「なんで受け入れないんだ」、、と
言い張る言葉が、堂々巡り、、。

 
このような言い方、私はしません。
 
悪を排除する思考は、自らの中の悪しき部分を認めないこと、。
 
違います
キリスト信仰は、まず自分の悪つまり罪を認めることから始まります
 

悪しき者も、神様に砕かれ清められ、救われて、
すべてが、真の完全完成に至る、。

 
地上では、罪を犯し、祈り、そのたび、赦されて生かされてゆきます
 

もっと、大きな器になって、思いやりを身に着けて、
身勝手な批判もやめて、聖書に背く持論でなくなれば、、、
容認くらいしても、良いのだけどね、、。

 
どういう容認なのでしょう。気味が悪いです。
 

アブラハムの記事のコメント欄で書いた、、
クリスチャンだと言うなら
御自分の受洗年月日と、洗礼を受けた所属教会名と牧師の上の名だけで良いので書いて下さいな。の私の問いの部分は、、

 
答える必要があるのでしょうか。
 
もう昔のことですが、ここは、私の記事なので、書いておきます。
1972年、高校3年のとき、長崎県の
日本基督教団、佐世保教会にて洗礼を受けました。クリスマス頃だったかもしれません。
集団が苦手なので、教会には、20代半ばで、行かなくなりましたが。
 

綺麗にスルーされてましたので、彼は自称クリスチャンなのですね。
クリスチャンサイトを潰すために回ってる、。

 
嘘です
 
 
以上、読んで、キリスト教ではなく、やはり、カルトだと思います。
かなり、悪意のある記事です。
 
 
(2018年07月31日、同日一部修正)
(2018年08月02日、一部修正)
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]