ヨシュア批判:系図
 
 対象記事:サタンや悪霊に譲歩してはいけない。その2
 2018/7/31(火) 午後 10:54
 
https://blogs.yahoo.co.jp/tenzinkuoshi/64564984.html
  by Yhoshuah (以後、ヨシュア、あなた、彼)
 
 
ここは、特別のテーマとして、緊急にアップします。
神がかりの人間離れのカルト信者であるヨシュア氏の話です。
 

使命があって批判をしているとあなたは答えました。
アブラハムのことについてや、解釈が違うから批判をしていると
いうのなら、ある事をおしえます。

 
ヨシュア氏は、ここから、
話を、必要もなく、イスラム教に、超常にと、広げてゆきます。
 

我らクリスチャンの聖典の一部 旧約聖書のアブラハムの子イサクはアブラハム家を継ぎました、側めが生んだ子イシュマエルはアブラハム家から出されました、、。旧約聖書は明確にそう書いています。
しかし 或る宗教教団ではイサクとイシュマエルの立場が逆転しています。
その宗教教団もキリスト教の聖典旧約聖書を信奉しています、でも
彼らはべつにコーランという聖典があってこのコーランでイサクが追い出され イシュマエルがアブラハム家を継いだとなっています。
さぁー、 間違っていませんか? 間違っているものを正す使命が
あるのでしょう? stさん 今からイスラム教の人のところに行って
批判を始めたらいかがでしょう。

 
何の関係があるのでしょう。
私はキリスト教のことを言っているのです。
 

アブラハムは新約聖書でイエスさまの系図に存在する人物です。
アブラハムに義が無い、または人としてイサク燔祭で罪を犯したという事に
なれば、イエス様は罪の人間につらなる者となり、悪魔の訴えの種になります。
クリスチャンが、stさんの論に少しでも 同調したら、最後、悪魔がその同意を人質にとって
こういうのです。


イエスさまをメシアとしている、クリスチャンがイエスさまの先祖にはアブラハムが居るが、
聖書に書かれた言葉を無視し、
アブラハムは義人では無い、または義人とはわからないと言っているではないですか?
人として子を捧げようとした事は罪だと この人らは言っていますと。
メシアの祖先は罪ある血筋であるから、イエスさまの血は穢れている!


つまり、イエスさまは メシアの資格が無いのでは!と
サタンらは 神様に訴えることになる。

 
このように、話が、
系図にこだわったり、世界宗教に成り上がりたいのか、
誇大的になります。大きなスケールで語りたいのでしょう。
 
ただ、イエスの系図にこだわって、アブラハムが完全に義人でないなら、
イエスは罪ある血筋になってしまうと言いたいようだが、
 
ヨシュア氏は、
ダビデが罪を犯したことを知らないのでしょうか
 
つまり
イエスの先祖と書いてある人が罪を犯したことは
イエスが救い主キリストであることには何の影響もないということです

 
神が愛する人々を、神が導いたというのに、
そして、
神が御子イエスをキリストとして遣わされたというのに、
何を言っているのでしょう。ヨシュアというカルト信者は。
 
このように、筋の通らないことを必然のように語り、
サタンは訴えるなどと、知りもしない超常の話で知ったかぶりをする
だから言うことを聞け、というのでしょうか。
 

だから、絶対に 悪魔に人質とならないように、アブラハムは義人だと神様自身が
おっしゃった事はそのまま正しいと信じる事が大切です。

 
ふざけないでください。
以上の話はどんでもない詭弁です。結び付けているのは、ヨシュア氏です。
 
私は人間です。人間としてキリストを好きになったのです
異教は関係ありません。
こういうところが、ヨシュア氏の教条主義であり、
人間の温もりも潤いも無くしてゆくカルトの宿命のようです。
キリスト者が人間であることを忘れるとこうなります。
 
知りもしないキリスト信仰を
下手な理屈でこねて、
キリストに系図上の条件を付け、神をけがす者

 
ヨシュア氏はカルトの大嘘吐きの詭弁家です。
引っ込んでください。
そして、もう出てこないでください。
でないと、ヨシュア氏、あなたが、
でたらめな話で、人を惑わすサタンということになるでしょう。
憤りを禁じ得ません。
 
 
次回は、同記事の他の部分を2回にわたって批判します。
 
 
(2018年08月01日、同日一部修正)
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]