いちゃもん2
 
   とこしえの御座 (詩編9:8)
   2019年07月27日 楽山のブログ、楽山日記(LD)
    改めて批判します。
 
 
楽山は、まじめに読んでもいない聖書に苦情を言っています。
 
主は裁きのために御座を固く据え
とこしえに御座に着いておられる。
(詩編9:8)
 
詩篇9:7のようです。
 
 (詩篇、口語訳)
9:5
あなたはもろもろの国民を責め、
悪しき者を滅ぼし、
永久に彼らの名を消し去られました。
9:6
敵は絶えはてて、とこしえに滅び、
あなたが滅ぼされたもろもろの町は
その記憶さえ消えうせました。
9:7
しかし主はとこしえに、み位に座し、
さばきのために、みくらを設けられました。
9:8
主は正義をもって世界をさばき、
公平をもってもろもろの民をさばかれます。
9:9
主はしえたげられる者のとりで、
なやみの時のとりでです。
9:10
み名を知る者はあなたに寄り頼みます。
主よ、あなたを尋ね求める者を
あなたは捨てられたことがないからです。
 (詩篇9:5-10、旧約聖書)
 
このように、裁きと救いの聖句です。しかし、楽山は、永遠という長さにこだわっているようです。聖書の文脈を読まないで、気になった言葉だけで考えているようです。そういう自分を反省することもなく、聖書に文句を言うのでしょうか。
 
以前は、
とこしえ、永久、永遠という言葉は、けっこう好きだった。
でも近頃は、
そういうことを想像するだけで圧倒されてしまうし、
ふっと気が遠くなるような心持ちがする。
 
けっこう好きだった・・という趣味では聖書は語れません。圧倒されて・・というのは、どうやら、感動ではなく、安っぽく短絡した概念から気味が悪いという気持ちに近いようです。また、信仰を、おとしめるつもりでしょうか。
 
「圧倒されてしまう」「気が遠くなるような」・・楽山の、いつもの、大袈裟なだけの芝居のセリフだと思います。分からないことを、受け取れないことを、共感できないことを、ごまかそうとすると、わざとらしく大仰な言葉を使うしかなくなるのでしょう。
 
たとえば、とこしえという時間は、
宇宙の百倍の大きさの石があるとして、
一兆年に一度、鳥の羽根でかるく撫でることを繰り返し、
すべてが摩耗して塵になるまでの時間よりも、ずっとずっと長いのだろう。
そのくらいの間、神は御座についておられると想像したら、
あまりにスケールが大きすぎて、めまいがする。
 
聖書の、とこしえ、という言葉は、物理的な時空で語れないのは当たり前のことでしょう。楽山の、信仰に対する、いい加減なスタンスからは、「めまい」というのは、嘘だと思います。また、信仰を、おとしめるつもりのようです。
 
また、人が永遠の命を得たとしたら、
そういう時間を生きることになるのだろうし、
これも想像しただけで、足下がふらふらしてくる。ちょっと怖い気もする。
 
足下がふらふら、怖い気がする、・・嘘だと思います。信じるかどうかは、自由ですが、信じてもいないのに、いちゃもんだけは付けてくる楽山です。永遠の命を、時間と安易に決めつけて、永遠の時間を生きるなんて、想像もできないのに、「ふらふらして」「怖い気」がするでしょうか。
 
そんなわけで以前は、
とこしえ、永久、永遠という言葉には憧れを持ってたりもしたけれども、
最近はどうも、そういうことは想像することさえ躊躇してしまう気分になってきている次第である。
 
とこしえ、永久、永遠、という言葉だけに、何らかの興味を持つという、少年の興味から、卒業しないまま、「想像することさえ躊躇してしまう」ほど気分がよくないと言っていますが、永遠なんて、躊躇することではなく、もともと想像できないことでしょう。
 
暗に、信仰は成り立たない、でたらめなんだとでも、吹き込みたいのでしょうか。このように、楽山のような反キリストの魂胆は、ほのめかすことによって、信仰をおとしめ、曲がった印象を吹き込もうとしているようです。
 
楽山のような深みのない病質者は、いい加減な読み方しかしてこなかった自分について、何の反省もなく、軽口で言ってしまいます。結局、何が言いたいのかが分からないほど、記事を、ボンヤリ言語の弊害で満たしています。
 
はっきり否定せず、肯定せず、しかし、否定的な印象をすり込んでゆくやり方です。この記事、企んでいなければ、書く必要など、どこにもないのです。そう感じるから、そう書いた、というのでしょうか。そう感じたなら、そう書く前に、公開する前に、考えるべきです。
 
ふつうは、いい加減な読み方をしたという自覚があれば、いちゃもんは、遠慮して、書かないものですが、楽山は、自尊第一で自分の合理化の意味付けのために、考える前に、自己中のクレームを書いてしまうのでしょう。疑問を、疑問として処理できない体質が表れています。
 
考えもなく、欲求のおもむくままにするのは、欺いてばかりだったことがもたらす災いとして起こり得ます。まっすぐ問題に取り組む姿勢をなくしてしまったからでしょう。ピンと来なくなり、感動できなくなり、不快になるのです。
 
それは、すでに、心と理路の秩序を失っているところの、シャロームの、讃美噴射とボロクソ節に表れているのです。キリスト信仰は、教えられたことを鵜呑みにして、同じことを唱えると褒められるカルトとは決定的に違います。
 
永遠は、測れないし、人知では理解できませんが、あるとき、永遠を感じることはあるのです。楽山には、それがないから、辻褄合わせに走ってしまうのでしょう。次元が低すぎます。 
 
キリスト信仰は、自己愛に固まった者や、訂正不能になった者たちには決して分からないのです。彼らは既に分かったつもりでいるからです。つまり、楽山のような、いちばん分からない人が、いちばん分かっているつもりになって、その思い上がりだけを表しているということです。
 
 
キリスト信仰は、人間として、感じ取り、考えて、神の前に、分からないことを分からないと言う正直さが基本です。楽山は、そこから、最も遠いところに居て、いちゃもんだけをつけてきます。
(いちゃもん:言いがかり、難癖)
 
 
 
 
楽山の、いちゃもんです。聖書の短い聖句だけを引用して、前後の文脈など、お構いなしに、はっきり言って、子供のだましの、いちゃもんをつけているに過ぎません。
 
「ふっと気が遠くなるような」「めまいがする」「ふらふらしてくる」などと、山の上から景色を見ているような書き方をするのは、聖書の伝えようとする意味を、わざと、日常感覚の言葉を使って、的を外し、読者を聖書的な意味への道から遠ざけようとする悪意があるからです。
 
つまり、ブログ記事本文に書いてある言い方は、キリスト教って、おかしいね、という、刷り込みであり、この、ふざけた書き方によって、感想ではなく、作為の揶揄だと分かるのです。
 
楽山は、いつも、一見、ふつうに感想を述べているように見せかけます。一見、ふつうに見せる、これが、楽山のボンヤリ言語です。しかし、実際は、反信仰、反宗教、反キリストの楽山の企みであり
ここでは、キリスト信仰の言葉を、あざ笑っているわけです。
 
もう一度言いますが、キリスト信仰は、訂正不能になった者たちには決して分からないのです。何故なら彼らは既に分かっているつもりでいるからです。いちばん分からない人が、いちばん分かっているつもりになっているからです。
 
正直に祈る心を持たない者は、自己顕示するしかないのでしょう。しかし、聖句を、からかっても、何の解説にもならず、意地悪にヘラヘラ笑っている姿をあらわにするしかないという例です。大人のわざとらしい児戯は、実に醜いものです。
 
もう一度言いますが、
キリスト信仰は、人間として、感じ取り、考えて、
神の前に、分からないことを分からないと言う正直さが基本です。
 
信仰者が
神の前に祈るとき必要なのは
そのとき精いっぱいの正直さだけです。
 
それしか神には通じないことを、楽山は知る由もなく、神聖を侮(あなど)り、低め、笑いながら、結局、自分の見苦しい高ぶりだけを表すことになるのです。
 
自己愛の低次元に囚われたまま成長せず、幼稚な辻褄合わせをするしかなくなり、論者気取りだけでクレーマーとなり、知性の広がりも、感性の柔らかさも、自ら捨てて望まなくなり、気持ち悪さだけを表してしまう楽山です。
 
 
不正直の獣道(けものみち)

不正直の獣道(けものみち)
 
 
(2020年8月13日、リブログ+、同日一部修正)
(2021年08月24日、一部修正加筆して再録)
 
 
 
  自由・不自由
 
拾うも捨てるも自由
与えられるも奪われるも不自由
感謝するも迷惑するも自由・不自由
 
一生を小屋の中で過ごし
与えられた餌(えさ)を食っている隷属の畜生
動物園の檻(おり)から抜け出して
街中を走りまわる狼狽(ろうばい)の獣(けもの)
 
水中で呼吸はできず
空を自由に飛ぶこともできず
鋭い爪も牙も厚い毛皮もないが
その代わりの物を作り出す知恵があり
その代わり作り出した物に苦しめられる
 
買うも買わぬも自由
来るも去るも自由
狂うも障(さわ)るも不自由
集まるも離れるも自由
集められるも遠ざけられるも不自由
自由は広漠たる平原に立ち
不自由は狭いトンネルを歩く
 
区別できることの方が少なく
手に入れた物に縛(しば)られる
貧しさ豊かさ自由?不自由?
死ぬも生きるも自由かつ不自由
自由は全方位が空いていて未知だから
行く先を選んで走ることもできるが
迷うことも飢えることもある不自由
 
自由ほど不自由なものはなく
不自由ほど自由なものはなく
自由ほど・・・
その両価性に循環しながら
存在するのにも存在しないのにも
払える代価はないのです
 
 
(二千年代か)
 
 
 
 
ヤフーブログ時代に、私のブログをコメントで荒らした様々なHNが、スクショで残っています。楽山は、その様々なキャラが楽山だと証明できないことを利用したのでしょうが、一方では、それらが、楽山ではないと証明することも出来ないというネットの罠に嵌っているのです。
 
 
 
学校の先生が、いじめ被害者家族に言ったことは、驚きです。加害者とこの教頭は良心がないと思います。決して許してはいけません。人類の敵は、教育などの制度ではありません。人類の敵は、人間性のないサイコパスです。あらゆる世界に、楽山のようなサイコパスが増えていると思います。
 
サイコパスは、善悪の判断が出来ません。その場で、良さそうな屁理屈をでっちあげます。考えれば、人道に反することが常識で分かるはずですが、その常識そして良心がないのです。被害に遭っていない多数のほうを優先させて言い訳にする詭弁でした。一人の被害者が一大事なのです。
 
いじめ被害者家族に対して、加害者にも将来があると責めたそうです。加害者には、反省しない限り、将来はありません。こういうことを言う教頭は、何の人道も分かっていません。その場で、ぶん殴られても不思議はないと思いました。これが、教育の現状なら絶望的です。
 
そして、その教頭は、よく考えてくださいと家族に言ったそうです。貴様が考えろ!・・ということでしょう。理路が、楽山の詭弁に、よく似ています。形式的で、人間として考えていない証拠です。うわべだけ理屈が通っているつもりのようだが、常識があれば、成り立たないのは明らかなのです。
 
(ネットより)
「10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来、どっちが大切ですか。10人ですよ。1人のために10人の未来をつぶしていいんですか。どっちが将来の日本のためになりますか。もう一度、冷静に考えてみてください」
ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2021/08/post_245909.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

 
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
(ここは、たまにブログ記事をリンク)
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング