「讃美の家」批判16
   聖書の聴き語り→「7×7×10=無限」未承認コメント
 
 
無題→「からくり」
他の人の記事らしい。「弱さを認める」
この記事を自らの意思を持って選択し
掲載したのはあなたである。
 
>自分は弱い。しかしどこかで自分の弱さを認めるのが怖い。
>それで、人を批判する。
>批判しているうちは、自分に目を向けなくて済むからです。
 
恐ろしい人だ。
私は私で既に嫌というほど弱いのに、
あなたを批判することを、私の弱さのせいにする。
批判の原因はあなたの一つの行為であるのに。
あなたは自分に目を向けない。
あなたは人にも目を向けない。
 
(私)
批判している内容に目を向けず、シャロームこそ自分に目を向けず、批判自体を異常だと決めつけていますが、そのことがシャロームの病的な決めつけなのです。、
 
>この「からくり」に、私たちも早く気づいて自分の弱さと向き合うときに、
>私たちは本当に強くなれる。独り立ちできるはずなのです。
>そのために、教会という場は、きっとあなたの助けになるでしょう。
 
この記事の引用・転載があなたの「からくり」でしょう。
悪意と殺意を持って、いじめて楽しんでいるかのようだ。
私が若き日に行った教会があなたの教会でなくてよかった。
 
(私)
シャロームは、言葉の絡繰りだけで、つまり小手先の言い回しで何とかなると思っているようですが、そんな安易な権威主義からけなしたところで何も変わりはしないのです。
 
もう疲れたからやめようかと思っていたのだが・・・
批判は死ぬまで続けることになりそうです。
2011/10/12(水) 午前 10:46[ st5402jp ]
 
恐らく、例えば
「誹謗中傷に対しては
黙々と自分の為すべき使命を果たし続けることが大切だ」
とでも思っているのだろう。
 
(私)
彼の使命?は、他者を無視し続けることだったのです。今に至るまで。
 
批判を誹謗中傷と見做されれば
誰も自らの本音の意見を言えなくなる。
言えなくしようとしているのはあなただ。
 
>「ここは宗教くさい」「世界で貧困や戦争を起こしている原因は、宗教だ」
>「あいつが悪い」「ここのやり方が悪い」すべて悪口になる。
 
ひどい人だ。
誹謗中傷や悪口と、批判を同一視している。
それによって人を貶めていることに気づかないのか。
 
最初に戻るが、
相手を格下と思っていなければ、反対意見を封殺したりはしない。
まして人を封殺するというのに「お元気で」などという
ふざけたことを書いたりはしない。
人を格付けする体質をあなたが持っている証拠であろう。
つまり、あなたが培ってきた体質が
「神の下に人は平等」という信仰に反しているのは明らかだ。
2011/10/12(水) 午前 10:49[ st5402jp ]
 
(私)
ゲニックな牧者(心の病と悩みの病因となる牧者)は、
 
いつでも、どこまでも
人の気を狂わせる発言を止める気はないようである。
(※ ゲニック:前にも使った言葉だが、
 シゾフレノゲニックは統合失調症を発症させる性質をさすが、
 ここでは「人の心をかき乱す体質を持っている」ことを意味する。)
2011/10/12(水) 午前 11:01[ st5402jp ]
 
批判はよくない、悪口だから・・。
悪口は自分に目を向けないことだから・・言ってはいけない。
こういうことを
批判の原因を作った人に言う資格があるのか。
 
2011/10/12(水) 午前 11:13[ st5402jp ]
 
(※ 修正として 
 ゲニックは前にも使った言葉だが、本来の
 シゾフレノゲニックは、統合失調症の発症を促進させる因子として
 母親や家族などの感情表現の問題を含めたものを意味しているようだ。
 ここでは省略して
 ゲニック:「人の心をかき乱す体質の人」として比喩的に使っている。)
 
(2011年10月12日)
(2011年10月13日、加筆修正)
 
(私)
シャロームのような偽善者に対して、悪口ではなく、批判をする心をも持たないでいることは、シャロームの奴隷になることです。それは、人格の破壊を招くことです。
(私)
シャロームの言い分は、一見、穏やかに諭しているように見えることがありますが、実際は、自己中心の立場しか持ち得ない妄想家の訂正不能な、それこそ、悪口なのです。それに屈して批判を止めてしまうことも、人格破壊につながることです。
(私)
批判しない、あるいは、できない人は、少なくとも、決して、シャロームの小手先に乗せられてはいけません。シャロームに関わらないでください。彼は、丁寧語と聖書語で騙してきます。彼の徹底した訂正不能の不感不応の持続は、サイコパス相当の異常人格でないと出来ないことです。正体は、ケダモノだと思ったほうがよいでしょう。
 
 
(2019年04月30日)
 
 
 
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html  
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]  
https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]