楽山の駄々
 
 ★こも/楽山日記3
 
 
数日、ブログの記事を書いていない楽山は、その分、我欲の知ったかぶり欲求を、ツイッターで発散しているようです。ますます何が言いたいのか分かりにくくなっていますが、はっきり言えるのは、何の反省もなく、人のことばかり言って、得意になっているだけということです。
 
楽山の、ストレス解消でしょうか、しかし、もはや、どこに書いても、何を書いても、信頼を得ることはないでしょう。多弁で、執拗で、これが、楽山の、ネチネチ言論ですが、言い捨てるクレームであり、独り言であり、言論になっていないのは、自分を見る目を、全く持っていないからです。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
結局、こも氏は『やめた自分が正しくて、総裁やHSや信者が間違っている』と言いたいのかな。
これが「執念の源泉」なのかな?
 」
私が言ってるのは、「Pさんはいい加減なこと言ってる。信者ならちゃんとORの教を学び、守りなよ」ということです。
 
楽山は、アンチとして批判している立場を自認していたような気がしますが、信者に、ORの教えをちゃんと学び、そして、守れと主張しています。優位に立てると思ったら、立場はお構いなしになっていることに、アンチでない楽山が表れています。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
私は基本的に、きちんと教えを学び、守ろうとしてる真面目な信者さんにはごちゃごちゃ言いません。でも、いい加減な信者に対してはその限りではありません。
 
楽山は、ごちゃごちゃ言いたいようです。きちんと教えを学ぶように教えています。どこがアンチなのでしょう。自分が何を言っているのか、分からなくなってきたようです。"気取り" だけだと、批判の軸がなくなるのが、よく分かります。楽山は、何も言うべきではありません。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
ところで、
Pさんは、言葉を軽視しすぎて、人の言葉を正確に読み取り、理解しようという意識が感じられないです。大川隆法の教えに対してもそうです。
「言葉にとらわれないこと」を「言葉を軽視すること」と勘違いしてるのでしょうか。もしそうなら気をつけたほうがいいです。
 
今まで、ずっと、人の言葉を正確に読み取り、受け取って、返すということが、まるで出来ていない楽山です。楽山は、ずっと、都合の悪いことを無視し、都合の良いことだけを、自分のために利用してきました。体質的に、議論の邪魔しか出来ない人です。
 
今まで、言葉を軽視、というより、言葉を愚弄し、自己中心に悪用してきたのは、他でもない楽山です。詭弁と嘘で出来ている楽山は、自分を見ないので、他者に言った言葉が、ブーメランとして、自分を斬っているのですが、それも分からないのが特徴です。
 
「気をつけ」る、ということが、まるで出来ていない楽山が言っても、無意味なのです。楽山は、アンチではありません。我欲が、混線~暴走しているだけです。気をつけたほうがいいのは、楽山のほうですが、本人だけが、気づかないのです。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
文言だけを切り抜けば
真逆の事を書いている箇所はいくらでもあるんだよ
そんな「言葉のコレクション」を付き合わせて比較しても、非難しても
何の意味もないのサ
これがこの世とあの世を貫く仏法真理だよ
 」
一口に「真逆」といっても、その中身はいろいろです。
 
楽山のボンヤリ言語です。"いろいろ" について、何も説明できない楽山の駄弁が始まります。気をつけてください、純粋な人ほど、傷が深いです。楽山には、罪悪感がありません。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
例を挙げればこうなる。
・方法論の場合(反省と光明思想など)
・事実認定の場合(きょう子夫人は文殊菩薩と認定するも、後に裏切りのユダとするなど)
方法論として真逆の教えを説くならまだしも、
事実認定がコロコロ変わるようでは失笑されても仕方ないです。
 
これで、何か説明したつもりなのでしょうか。楽山は、都合の悪いことを全て無視してきたので、方法論とか、事実認定とか、何を語るにしても、理路を通したことがありません。これが、自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)の宿命なのです。
 
よく読めば、自分の言いたいことが、まとまらず、理路の組み立てが、まるで出来ていないのが、楽山の特徴です。だから、「こうなる」と言われても、説明になっていません。公開しても、誰にも分からないように書いているのでしょうか。楽山の自己満悦に、付き合わないでください。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
あとは、思想の方向性というのもあります。
ORは「唯物論は間違いだ」とはいっても、「唯物論は正しい」とはいわないでしょう。
また、「神、霊界、霊的法則を信じることは救いにつながる」とはいっても、「神、霊界、霊界法則を信じても救われない」とはいわないでしょうね。
 
楽山は、ORの、良き理解者なのでしょうか。アンチを自認してもアンチとして成り立たない者が、理解者として成り立つでしょうか。とても幼稚なことを言って、理屈倒れの無残を、露呈しています。"霊が分かるっぽい"自覚があるからでしょうか、いえ、ただの鈍感です。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
つまり、HSの中核理論の一つという事ですね。
 」
92、3年頃から断続的に説かれてるという話から、
正心法語、仏陀再誕でも説かれてる中核理論だと変わってきてる…。
なんか、自分のトンデモ発言を正当化できる文言を必死に探してるみたい。
 
いかにも他者の言うことを把握しているかのような書き方ですが、だまされないでください、楽山は、他者の言うことを受け取ったことはないのです。つまり、人のことを言う楽山の言こそ、トンデモ発言であり、自己正当化の詭弁であります。問題外とするべきです。
 
数か月の遣り取りと、その後の、約3年にわたる楽山ブログ批判によって、楽山には、まとまった主張などないことが分かっています。楽山が理屈っぽく言っているのは、本質ではなく、楽山の自己顕示欲によるもので、それについて、考えること自体が、無意味です。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
今回の例では…。
・『高級霊の存在や次元構造や波長同通と憑依の関係じゃ人も社会も救えないんだよ』
(神、霊界、霊界法則は救いに関係ない。唯物論的)
・『高級霊の存在や次元構造や波長同通と憑依の関係だけじゃ人も社会も救えないんだよ』
(神、霊界、霊界法則は救いの一条件。宗教的)
 」
★こも/楽山日記3
@komo266
つまり、「だけ」があるかないかで、唯物論か、宗教的かが分かれる。
だからこれは下らない文言問題ではなくて、大きな思想問題になる。
さらには、こっそり「だけ」を付け足して意味を変えるのは、嘘、誤魔化しであり、卑怯な行為になります。
 
楽山は、HSの味方をするために書いているようです。楽山の、難しそうな書き方を信用しないでください。上の2つの命題の比較にしても、救うプロセスが、霊ではないのか、霊以外にもあるのか、という全否定か部分否定かの違いであり、唯物論か宗教的かが分かれるわけではありません。
 
宗教が何なのか、まるで分かっていない楽山には、宗教における理路も、成り立ちません。宗教について、楽山は、机上の辻褄だけで語ったつもりになりますが、そこは、大きな勘違いです。それを、訂正もせずに、今も語っているのは、妄想と教祖願望に過ぎないということです。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
『高級霊の存在や次元構造や波長同通と憑依の関係じゃ
人も社会も救えないんだよ』
総裁先生も同じ事を言ってるし
 」
もう何度も注意してることですが、
総裁は言ったではなく、
自分解釈だとした方がいいです。
でないと、嘘つきになりますよ。
 
嘘吐きが、人のことを、嘘吐きと言っています。これが、楽山の厚顔です。無反省、無責任、自己中、訂正不能の自我の誇大妄想、嘘と詭弁のペテン師、霊能者気取り、言いたいことはあるが聞きたいことはない・・という楽山には、他者の嘘を指摘する資格は、全くありません。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
Pさんは、ORは90年代初頭から何度も『高級霊の存在や次元構造や波長同通と憑依の関係じゃ人も社会も救えないんだよ』と言ってるというけど、大方、この手の誤読をしてるだけでしょう。
HS本の引用があれば誤読を明確に指摘できたろうけど、引用はしなそうだし、いい機会だからここで書いときます。絵文字(握った手)
 
楽山は、誤読というより、曲解しかしてこなかった人です。読書しても、読んだ・・という慢心だけで、実際は、自分に都合のよい文言を漁って引用して、自己正当化をしてきただけです。反省、とほほ・・などと書くことがありますが、その前後で、何の変化もないという大嘘吐きです。
 
なお、楽山は、誰とも、手を握ることも、手を合わせることもありません。それが、自己愛性人格障害です。自らが教えてやる・・というスタンスで生きてきたのでしょう。それは、人の交流において、いちゃもん屋にしかならず、決して、生き方にはならないものです。
 
楽山を、決して相手にしないでください。異常に疲れるだけです。楽山は、小中学校以後、成長していない人で、子供じみた理屈屋で、幼稚な教祖願望~野望をもって、ハナタカになっているだけの人です。楽山は、高慢が、詭弁付きで、訂正不能になっている精神病質者なのです。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
ちなみに、これはPさんのいうような文言問題ではないです。
Pさんは総裁が信仰を否定する唯物論的なことを言ったと主張するから、私は驚いたし、その証拠を求めたのです。総裁が本当にそんなことを言ったのか(思想問題)、Pさんの勘違いなのか(誤読問題)、その他諸々のことを確認するために…。
 
楽山は、人の言うことについて、文句を言ってきますが、正当な理路も直観も見られない、つまり、いちゃもんに過ぎません。楽山は嘘吐きです。楽山の読書は誤読で出来ています。思想問題も誤読問題も、楽山が、他者に対して指摘するのは、笑止であります。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
これはあくまで想像であるし、まちがってるかもしれません。ただそれでも、信者でありながらこれだけのトンデモ発言をしたということは、Pさんの思考回路は相当すごいことになってそうではあります。おそろし 絵文字(握った手)
 
「pさんの思考回路は相当すごいことになって」・・婉曲的な言い方ですが、侮辱です。楽山が、いちばん、快楽に浸るところです。自己愛性人格障害の言論サディストが、楽山の本性です。真剣には何事にも興味を持てない人なのです。
 
「想像で」物を言ってはいけないところで「想像であるし、まちがってるかもしれません」と書いてくるのは、楽山の、責任逃れの言い方です。白々しい謙虚芝居に過ぎません。楽山の言ってることに、決して理路を読み取ろうなどと思わないでください。理路は、楽山には、ないのです。
 
楽山は、散乱して使い物にならない自らの理路と鈍い感受性をごまかすために、丁寧語や反省言葉を書いてきますが、それは、保身のための、保険的な詭弁なのです。ゆえに、楽山は、卑怯者です。楽山には、人が発言するために必須であるところの、共感や思いやりなどの高等感情がないのです。
 
楽山と遣り取りをすることは、時間をドブに捨てて、心身をグルグル空回りさせるようなものです。批判する気のない人は、決して関わらないようにしてください。悪意と慢心を相手にして、いかなる議論も成立しません。そういう人だと知らせるために批判があります。
 
楽山は、頭に浮かんだ理路の断端を、まき散らして、評論家やインテリ宗教家を気取るペテン師です。自分の言ったことを分かりやすく説明するすべを持ちません。相手が理解するかは気にしないようです。楽山の頭は、まとまりません。そのような学習をしてこなかったからです。
 
 
散り散り断端のみ

散り散り 断端のみ
 
 
(2021年12月04日)
 
 
 
  々々破綻
 
無々と考えてあぐねて
捏(こ)ねた駄々が残るだけなら
むしろ念々に生きて
何も望まず
何も諦めず
虚々と鳴く鳥のように
何も信じず
何も疑わず
否々と猫のように
 
しかし叶わぬこと
すべてを疑い
すべてを信じ
すべてを諦め
すべてを望み
空転する日々
昏倒する年々は千々に綻び
離々と破れてゆくばかり
もはや何も
空々と痩せ犬のように弱音を吐いて
吼(ほ)え哮(たけ)ることも出来ないまま
 
 
  老いたる男
 
独り暮らしの老いた男は
もはや写真にさえ写らないのだ
彼だけしか使わないカメラによって
撮られた景色に彼が
いるのは確かなのだが
彼がシャッターを切る限り
彼は決して写らないのだった
写真は存在でも不在でもない
 
トイレで放屁二発
近所の犬が二声吠(ほ)える
フ、何吠えてやがる
ここから聞こえるのかな
と苦笑した後
はたと思い出したように
今日は満月だったかと
狼男は外に出て
欠けた牙の歯肉炎を
空に向かって剥(む)き出すのだった
ぽつりぽつり雨粒が顔に落ちて
頬を伝って流れていった
 
 
 
楽山日記へのコメント再録 ( 1.が誰のコメントかは不明 )
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら 誤ったら 素直に詫びて 自分 正さなくちゃいけない」「それが出来て 初めて人間だと それ出来ないなら 人ではないと」「嘘ばかり 重ねる君よ 保身だけの 卑怯者の君よ そんな君は 魅力の欠片もないのに」「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと 最大限の反省と共に 開いた出店を 畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 
誰かが注意しても、聞く耳を持たない楽山は、反省も謝罪もしておらず、邪悪な性根の根深さが治りません。「人間の性」「自分もそんな風です」などと言って、人間一般のように、醜い詭弁の言い訳をしていますが、成り立ちません。
 
自分を見ないで人のばかり言ってきた楽山の、人間離れの悪と罪と偽善です。最近は、ツイッターで、いちゃもんを書いていますが、公開するに値するような、読者を理解を考慮した書き方が全然できていない、つまり、独り言なのです。
 
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
(古い記事もインポート済み)
 
(ここは、たまにブログ記事をリンク)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング