楽山の醜態加速2
 
 信仰と経験
 (『わるい夢たちのバザールⅡ 夏の雷鳴』スティーヴン・キング著)
 2021年02月12日 楽山日記(LD)
  を改めて批判。
 
 
楽山は、いつものことですが、本をネタに、自己中・自己愛からの先入観を訂正不能の前提にして、無反省・無責任・無理解・無神経をあらわにしています。分かってるふうの書き方が笑止であります。
 
 
*信仰と経験
キングの短編を読んでいたら、信仰と経験について書いている箇所があったのでメモしておく。
神のおぼしめしとはとってもすてきな考えだ。自分が無傷でいるかぎり、それは信じられる。
(「ハーマン・ウォークはいまだ健在」『わるい夢たちのバザールⅡ 夏の雷鳴』〈文春文庫〉ス
ティーヴン・キング著、風間賢二訳、文藝春秋、2020年、p.40)
 」
これはつまり、人の思考や感情は経験の影響を受けるものだけども、信仰もその例外ではないということだろう。一般的にも、仏教徒を両親に持つ子供は仏教徒になり、キリスト教徒を両親に持つ子供はキリスト教徒になることが多いというし、信仰は環境や経験に先立つものではなく、その影響下にあるのだろう。
 
楽山は、信仰を、神のロボットにでもなるかのような観念で捉えているようですが、経験の影響を受けない人生はありません。経験の中で、聖書を知り、神を知り、信仰に至るのです。楽山のように、気づきのない固着した人格になったら、人間ではなくなるのです。
 
人生の総ての経験は、神のおぼしめしという考え方もありますが、神のおぼしめしでも、経験ということです。どこがどのように?・・という詳細は人には分かりません。楽山は、あらゆる経験を無視しまくって、自我満悦の悪夢の生ぬるい汚泥に浸って、人をからかうだけになっているのです。
 
 
またこの文章は、「神のおぼしめし」を、「因果応報」と言い換えるならば、ヨブと三人の友の対立の原因がどの辺りにあったのかを教えてくれるものだ。ヨブは不条理を経験し、深く傷付いたが、三人の友らはそのような経験はなく、ヨブの心情を理解できなかったのだ。
 
「神のおぼしめし」を「因果応報」と言い換えるのだそうです。明らかに意味の違う言葉を、どういう理路で考えたら、そうなるのでしょう。そのように決めつける権威を誰が楽山に与えたのでしょう。いたるところに偏見があるようだが、思い上がりもいい加減にするべきです。
 
楽山は、ヨブの試練を、一般的な言い方でも不幸と言うべきを、「不条理」と言って、神は不条理という反信仰を刷り込んできます。ヨブは神に試され、それに反応しました。友人たちへの「神のおぼしめし」は、はっきり分かるほどには書かれていないようですし、ヨブ記は、神の関係がテーマです。
 
それにしても、この地上で、楽山のように、神を、軽く見て、嘘と詭弁で、おとしめられると思っている者も珍しいと思います。視野狭窄の上に、我欲のために折れた理路、客観の倒壊、悪意と怨念、・・楽山は、学習と成長を怠る人間が、ここまで落ちてしまうという典型例になっています。
 
つまり、楽山は、楽山への「神のおぼしめし」を、全部、無視してきたということでしょう。それで、今の楽山の人格破壊の悲惨と恥を、惜しみなく露呈してボロ雑巾みたいになっているわけです。しかも、そこで反省するどころか、それを、神のせいにして逆恨みしているのです。
 
楽山は、神が、試練など与えず、甘い言葉と、何でも都合のよい成り行きだけを与えて、好きなだけ能力と富を与えて、いいこ、いいこ、と褒めてくれることを、求めているのでしょうか。与えられた境遇で、努力もせずに、偉くなった白昼夢を見ていたのでしょうか。
 
 
人は想像力と理性によって、他者の経験とその感情を思いやることは不可能ではないだろうけれども、それにもおのずと限界はあり、真に理解、共感することはどだい無理な話なのだ。人は人を分かったつもりになって裁いてはいけないのである。
 
楽山の詭弁です。自分の悪意の罪と偽善を悔いることも改めることもせずに、人の理解は限界があるという部分否定から、理解・共感は無理という全否定にして、ゆえに、裁くのはよくない、批判するな、と言いたいようです。道理で、議論も交流も、世辞以上には成り立たないはずです。
 
人の理解には限界がありますが、楽山の続ける発言が、いつも、人間としての最低の恥ずかしさだけを、白々しくボロクソに表しているのに、楽山は、やさしい、正しい人です・・なんて言えるわけないのです。おかしいことは、おかしいと言うしかありません。まさに、この記事もそうです。
 
 
結局のところ、ヨブと三人の友との対立は、三人の友はヨブを知らないにもかかわらず、分かったつもりになって裁いたところに原因があったのだと思う。
 
三人の友は、神への恐れが足りず、カチンカチンの教条主義的なことしか、ヨブに言えなかったので、ヨブを変えることができませんでした。楽山は、知りもしないことを、分かったつもりになって、知ったかぶりで、いちゃもんの記事を書いているだけです。聖書も、ろくに読んでいないと思います。
 
楽山は、神への恐れが全くなくて、ズルンズルンの自己愛的妄想しか言えません。その本性が招くものは、もはや、人間的配慮など、何も感じられないほどに悲惨であります。思いやり、羞恥心、罪悪感、などが欠損してしまった人格、即ち、温もりと潤いのない非人間の有り様なのです。
 
分かったつもりになっているだけではなく、呆れるほど酷い人格を、楽山は、今も、今までも、表し続けています。とても幼稚な嘘っぱちの理路で、泡を吹くように詭弁を吐いて、不都合無視スルーに、責任回避と自己正当化で、他罰に走るさまは、見苦しさを通り越して、吐き気がしてきます。
 
 
無知と無恥の醜態

無知と無恥の醜態
 
 
(2021年02月13日)
(2022年02月17日、再録+加筆)
 
 
 
  かたすみ
 
滅びゆく家の片隅に
うずくまってじっと耐えているか
去りゆく人の残していく
滅びゆく影を追って
北風に唇をふるわせて野辺に立つか
滅びゆく世界の
残された片隅に
あてがう呼び名もなく
呼ばれることもなく
吹きすさぶ嵐に傾いて
ひび割れた古い柱に
さらに寄り掛かる冬の重さに
耐えるときの命の中に
命に似て
少しく潤んで
しのぶもの
滅びゆく希望の
片隅に凍えて
小さく開かれた永遠を信じて
小さく開いた眼だけになって
やがて白く
広く
 
 
  白い目のピエロ
 
薬をのむ
白い目のピエロが現れる
鉛のような倦怠が襲ってくる
長いトンネルの無為にふらつく
暗闇で見る幻に
縫合の糸をかける踊り
血を抜いた
平気な顔をして笑う好褥の皮膚
その傷から生えてくる
歯を抜いた
血の味 細菌の熱をのどで飲み込む
むかし呑んだ鼻血の味が残っている
拳銃と注射器の危うさに
火の粉とガラスをまき散らす
白い目のピエロ
何度も身を引いて
しばらくすると戻ってくる
静まりかえった舞台で踊る
曲もなく詞もなく拍手もなく
そのたびに眼が白くなっていったという
不眠に遊び
白髪を覆い隠して
笑うために ピエロ
また薬をのむ
脳に回った毒が笑う
泣く
 
 
 
楽山日記へのコメント再録 ( 1.が誰のコメントかは不明 )
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら誤ったら素直に詫びて自分正さなくちゃいけない」「それが出来て初めて人間だと それ出来ないなら人ではないと」「嘘ばかり重ねる君よ 保身だけの卑怯者の君よ そんな君は魅力の欠片もないのに」「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと最大限の反省と共に 開いた出店を畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 
 
「そんな風です」・・楽山は、どんな風だと言っているのでしょう。「人間の性」だから、やむを得ない、自分も人間だから・・とでも言うのでしょうか。人間なら「嘘ばかり重ねる」「保身だけの卑怯者」なのでしょうか。とんでもないことを楽山は書いているのです。底知れない大嘘吐きです。
 
 
 
 楽山のツイッターですが
 
★こも/楽山日記3さんがリツイート
精神科医Tomy@PdoctorTomy話が通じない人も、
一見話は合わせてくるのよね。
「話が通じない」とわかるまで、それなりに時間をかける必要があるわ。
 」
午後6:05 · 2022年2月16日·Twitter for Android
 
まさに、楽山のことです。一見、丁寧で、話が分かるように見せかけて、続けているうちに、何も受け取っていない、理路がおかしい、センスがおかしい、通じない、遣り取りになっていない、・・と分かってきます。そこまでに、実に気色の悪い疲労と徒労しかないことに驚かされる、という破壊者です。
 
 
 
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
(ここは、ブログ記事をコピー・リンク)
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング