安楽の果て2-2
 
 『はじめての宗教論 右巻 見えない世界の逆襲』佐藤優著
 2021年03月29日 楽山日記(LD)
  を改めて批判2
 
 
自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)の楽山は、自己愛によって、有名無名お構いなしに、俎上に置いたつもりで語りますが、結局、みじん切りにされるのは、自己顕示欲だけのペテン師そして偽善者の楽山のほうなのです。楽山が書くたびに起こる現象となるでしょう。
 
 
自分は遠藤周作の語るイエスに共感するところは多いのではあるが、遠藤周作は日本人に理解できるキリスト教を求めていたとのことであるし、
 
今までの記事から、楽山は、誰にも共感したことはないと思います。みな、楽山が自分を飾るための嘘です。遠藤周作は、私が、一部、読んだ著作からも、神からも、教会からも、乖離した信仰だったわけではないと思います。
 
「遠藤周作は日本人に理解できるキリスト教を求めていた」と言いながら、そのキリスト教も信仰も、全く理解していないから、読者に理解できるように説明できないのが、楽山です。こういうことから、もはや、思い上がりからの飾りに過ぎないということがバレているのです。
 
同氏は、著名な小説家ですから、人間の立場から考えるのは当然でしょう。それは、同氏の器としてあるもので、いかに楽山が共感すると言っても、嘘吐きの楽山の発達不全の器では理解できるものではないということです。このように、病質者は、嘘の報いとして、いたるところで否定されます。
 
楽山という我執による短絡魔が、宗教から、文学まで、何か、見なして決めつけたいようだが、度外れた無理解の誇大妄想から、誰よりも自分を真っ当に見せかけようとして滑り続けるという破廉恥を、さらしてゆくだけです。自己愛者は身の程を知らない、という症状に過ぎません。
 
 
それなら遠藤周作の語るイエスに共感したところで、それは氏によって日本的に再解釈されたイエスに共感することにはなっても、本来のキリスト教の語るイエスに共感したことにはなるまいと考え、若干さみしい心持ちがしたものだが、上の話からすればこれはさほど気にする必要はなさそうだ。
 
「日本的に再解釈されたイエス」と言って切り捨てているところで、いかなる器も縁の無い楽山の言は終わりです。キリスト者の共感ということが分からない楽山は、有名人も侮辱するような、傲慢で、かつ、それを "気にしない" だけの、無視の鈍感を持ち合わせていることを、自分で漏らしています。
 
今まで、有名人や学者の名前を、自分の満悦や快楽のためだけに、好きなように、見なし、悪用して、"気にしない" 楽山です。思想と言論の邪気として、追放されるべき人格でしかありません。舌足らず、ではなく、心無い楽山の、悪あがきであります。
 
反省力や責任感という最小限の節操さえ持たず、身の程を弁えない楽山は、社会人として成り立たず、言論者としてはワームかバグという回路の混乱を招くだけの虫です。したがって、いかなる真実追求の思想にも議論にも、参加する資格はないのです。人間として成り立っていないからです。
 
実際、楽山の言は、日常会話のゴシップ以上の深みを持っていませんし、そのような恣意の罪業(ざいごう)だけを、発言・発信として、もたらしているだけの、煩わしい自己循環性のモノローグに過ぎません。執拗な欲望くずれの因業だけで投稿を続けています。
 
 
人は純粋なキリスト教は知り得ず、その文化と融合させた形でしか認知できないのであれば、自らの属する文化を通してキリスト教を理解することの是非を論じても仕方なく、それはそのまま受け入れる他ない。
 
「純粋なキリスト教は知り得ず」と思うなら、書かないことです。自分だけは、高所大所にいて分かるんだと言いたいのでしょうか。その実質は、フケほどもない質量なのです。欺きの軽口、そして、罪悪感の欠如が表している楽山の正体であります。
 
人間は、神ではないのだから、完全性と純粋性の総てを知ることは出来ません。まさに、信仰がそれを教えています。人間には、人間の弁えるべきことがあります。その不完全の自覚にこそ信仰の中心があるのです。楽山は、受け入れることも考えることもしない、怠慢粘液の、伝染性ジュクジュク発疹です。
 
楽山は、無理な辻褄合わせをしているようです。「そのまま受け入れる他ない」・・・楽山が、いったい、何を受け入れたというのでしょう。楽山が受け入れてきたのは、まるで実感の無い、賛同と、世辞と、褒め言葉と、ごまかしなさいという悪魔の誘惑だけです。
 
いかなる文化を通しても、自己愛性人格には、宗教の是非など分かりません。根底から、宗教を見くびって、言葉の恩恵を、慢心だけで、超えたつもりになっている短絡志向の楽山だけが「是非を論じても仕方なく」なっているだけのことなのです。楽山の、ただ一言も、正当な意味などありません。
 
今に至るまで、宗教の是非とか理路とかを、外し続けているのが、楽山その人です。しかも自覚がないから、学習もせずに、書物や学者の名前を出しては、読解不能・説明不能の自我に、いつも、慢心を塗りたくって、見せびらかし、その結果、救いがたい有り様を呈しているわけです。
 
弁えるどころか、あざ笑うように、宗教を机上でもてあそんできた楽山が、宗教について、受け入れる気もないくせに、幼稚な見方で、宗教理解を是非の論外のように言っています。病質者というのは、ここまで外れて、自己正当化してしまう、ということが分かります。楽山に分からないだけなのです。
 
個人の事情によって異なる部分がありますが、そのことと矛盾なく、共有できるところがなければ、宗教も信仰も成り立ちません。楽山は、実際に信仰に救われた人々がいることを無視して、自らの成り立たないことを、自らの不遇の怨念の反発で、望み、言い張っているに過ぎません。
 
楽山の、嘘八百の言論力で、だまされる人はいても、活躍できる仕事場は、どこにもありません。せいぜい、インチキ占いで、悩める人から、金銭を巻き上げるくらいしかないでしょう。ネットだから、まともそうなことを言って、いい気持になっていられるなど、鼻つまみの醜さに他なりません。
 
 
*イエスの教え
とはいえ、現実のイエスはどのような教えを説いたのかということは、やっぱり気になる。
 
こちらのほうが二千年前のことだから、いっそう確定できない、ということを、楽山は、分からないために、「やっぱり気になる」などと軽口で言う始末です。小学生レベルの欲望でしょう。これで、中庸な宗教と信仰を説くつもりなのです。自分の罪の問題さえ、考える気のない楽山の空転です。
 
「どのような教えを説いたのか」ということは、聖書に書いてあります。楽山は、そのレベルでも、聖書を、まともに読んだことはないと思います。宗教、特に、キリスト教について、楽山の言うことを信用しないでください。楽山が、キリスト教を語るとき、その目的は否定と侮りだけです。
 
 
 (▼不勉強の楽山の無知がバレています。▼)
 
関連書籍を調べてみれば、現代のキリスト教はイエスというより、パウロによるもののようであるし、悔改めよ天の国は近づいた云々というのは洗礼者ヨハネの言葉ではあってもイエスのそれとはいえないだとか、安息日についての教えはイエス独自のものとは言えず、ユダヤ教ですでに説かれていたともいう。
 
誰によるもの?という意味はありません。新約聖書にパウロの名が多いから、あるいは、そう聞いたから、言っているだけです。安い見なしが、楽山の常套手段です。実質となる見解など、何も用意していないことが、今まで、嫌というほど明らかになっています。
 
楽山は、教えについて述べず、誰によるものかに興味があるようです。洗礼者ヨハネといい、使徒パウロといい、イエス独自ではない、という、教えそのものを理解してない楽山の、安っぽい、いちゃもんに過ぎません。聖書から、何かを学ぼうという気が、元々ないからです。
 
楽山は、自身の未熟人格によって、すべてがイエス独自の教えでなければならないという子供じみた条件を付けたいのでしょうか。イエスは、公生涯以前に、律法や戒律について、知識と、その実情を見て学んだであろうという解釈が、楽山には出来ないのです。尻を拭く紙さえ見つからない楽山です。
 
パリサイ人の戒律主義と対立して、イエスは、人間の心に寄り添い、心と命を生かす信仰を宣べ伝えたことが、楽山は、知識として入っておらず、学ばないままで、文句を言っているのです。人頼みの、受け売りの、安っぽさが、随所に臭ってきます。誰の糧にもならない楽山の言です。
 
律法を、廃するためではなく、成就するために来た、という、イエスの言葉(マタイ5:17)も知らないようです。ゆえに、昔から安息日というものがあったけれど、安息日が戒律となっていることを批判して、イエスは、人の子は安息日の主である(マタイ12:8)と言ったことも知らないのでしょう。
 
事前に調べるということをしないのでしょうか、思いつきで書いているのでしょう、楽山は、何も勉強しないで、文句を言って、キリスト教を否定しています。怠慢の上で、慢心する楽山です。
・・うわぁ、呆れる・・とでも言うべきで、底が知れる・・楽山、最低です。
 
自分では大事なことを何も言えないために、大昔のことですから、誰が書いたかについては、正しいとも間違いとも言えないことを利用~悪用して、漁って拾ってきたらしいことを書いて、否定したつもりで満悦している楽山であります。
 
上の聖句は、キリストの使命に深く関わることです。楽山は、聖書を、全く理解していないことが明らかです。それで、キリスト教を否定して、どうするんでしょう。楽山に学べとでも言いたいのでしょうか、永遠にありえないことです。毎度、怠慢からの愚かさだけを公共に垂れ流している楽山です。
 
また、他者の言うことを持ってきて、けなしていますが、楽山には、全く独自性がないという表れなのです。「・・によるもののようであるし」「だとか」「ともいう」・・この情ない曖昧な愚言は、おとしめ、けなし、否定する、という目的だけで書いてくる欠陥人間の筆致として資料になります。
 
 (▲楽山が無知であることの証拠になります。▲)
 
 
果たして現実のイエスの真意はどのようなもので、どのような教えを説いていたのだろうか。どうもこれは現実の釈迦は何を説いたのかという問いと同等か、それ以上に難しそうだ。
 
キリストと、釈迦を、楽山が、十把一絡げと見なしていることが表れています。こういう人なのです。何も分かっていない、にもかかわらず、何でも分かっているふうを装う芝居、何度、見せられてきたことでしょう。自己愛性人格障害、もはや、人間性の大部分を損なって、不治となっているようです。
 
 
*人それぞれ
ある人にとって絶対的なものはある。しかし、それはその人にとってのみ絶対的なものである。人は複数存在するのであるから、絶対的なものも複数あるのは当然のことです。そして人は、自らの信じる絶対的な原理に従って、この世界について語る。そこで語られた異なる言説の間で折り合いをつけるという作業を繰り返していくしかありません。
(同上、p.214)
 」
人には絶対は知り得ず、自分にとって絶対的なものしか分からないのであれば、それを他に強要はできず、自他の信じる絶対的なものの差異を受け入れ、折り合いをつけてゆくしかないというのは当然のことではある。
 
絶対でなくても、個人が生きる上で、必要とするものがあり、それに答えるのが宗教であり、それを、縁(よすが)とするのが信仰であります。キリスト信仰は、自分絶対を否定することから始まります。決して、自分絶対の楽山のようになってはいけないからです。
 
つまり、楽山が、楽山を斬っている結果です。愚かな自己中は、他者を斬っているつもりで、実は、熱心に自分を斬って、その醜さを表してゆくのです。自分を見る目を持たない楽山においては、必然であり、これからも、ずっと続いてゆくことでしょう。
 
自分にとって絶対的なものが何なのか、楽山には分かるのでしょうか。そんなこと、誰にとっても、分からないと思います。だから、思想・宗教などを学ぶ意義があるのです。学ばないで慢心している楽山ならではの発言です。楽山は、神髄はもちろん、初歩的なことも分からないまま書いています。
 
楽山が、信じないのは、楽山の勝手ですが、「折り合いをつけて」などという言い方は、宗教と信仰に対する侮辱でしかありません。人付き合いの折り合いを付けることと、信仰とは違います。楽山が、いかに宗教を軽く見なしているかという証拠です。自分に折り合いをつけすぎた報いでしょう。
 
今までもあったことですが、似て非なることを同一視して、いい加減なものだと見せかけようとする楽山の、卑しく汚らしい印象操作の企みです。こういう手段しか楽山にはないのです。まっすぐに物を見て物を言うことから、最も遠いところで満悦し、のぼせあがって、ふやけている楽山です。
 
楽山は、真面目・真剣・真摯を旨とする求道者と信仰者への、言論による迫害者と言ってよいでしょう。はっきり言わず、語尾でごまかすのが特徴の、ボンヤリ言語の慇懃無礼による悪魔性が全開です。こういう人にだけは成りたくない、という典型例であります。
 
 
一神教は他に不寛容になりがちだという意見があるけれども、こうしてみると、一神教だからといって必ずしもそのようではなく、人としての相応の謙虚さを持つならば多神教的な側面を持たざるを得ず、必ずしも寛容を拒絶するとは限らないのだ。一神教は不寛容で、多神教は寛容だという単純な決めつけはよろしくない。
 
楽山のような者に、寛容になる人は、だまされている人だけです。「人としての相応の謙虚さ」を、欠片も持っていないのが楽山です。「多神教的な側面」も「相応の謙虚さ」も、楽山の妄想的勘違いの世界です。神を見下ろす報いを、楽山が、目を背けたくなるようなほど表している醜態です。
 
加えて、不寛容という成り立たない固定観念をもって、「一神教は不寛容で、多神教は寛容」などということを持ち出すのは、信仰を持たない者の、刷り込みであり、ごまかしても、むしろ、まさに「よろしくない」楽山のような人が企むものだと分かるのです。
 
楽山の言葉を信用してはいけません。何の責任も負う気はないのです。思考と感性が、滅裂に近いほど整っていません。楽山は、信仰という大切な問題について、全く圏外に向かって、呆れるほど的を外して、空中分解してゆくのです。楽山の俎上には、自身の鼻クソを載せるのが精いっぱいでしょう。
 
非信仰者とは、限界はあっても、常識の範囲であれば、ある程度、話が通じるものです。実際、そういう話し合いの中から、新しい信仰者が生まれることもあり、私も、かつて、その一人だったわけです。しかし、謙虚さも良心も持ち合わせていない楽山のような自己愛性人格障害者は害毒でしかありません。
 
楽山には、どのような話し方をもってしても、やはり言論は無理です。今回、それを再確認しています。理路に、接点のない妄想的破綻をきたしている楽山です。整合性も、共感も、成り立ちません。未熟で成り立たない、いちゃもんだけをつけてくる楽山は、100%迷惑なだけです。
 
「多神教的な側面を持たざるを得ず」などという言い方で、一神教からの、否定の短絡を許してはいけないし、さらに、それが、寛容であるかのような詭弁を許すことは出来ません。楽山の、思いつきの嘘、皮肉、詭弁、どれをとっても、無分別で無節操な、荒らし以上ではありません。
 
いつもながら、詭弁と捏造で、無思考と鈍感を表して、丁寧に、ボンヤリした言葉を使って、理路の厳密性を全く考慮せず、捻じ曲げて、結論に持っていく婉曲というより歪曲のボンヤリ言語は、楽山の悪意と悪臭の催吐作用しか持ってはいないのです。
 
今回、楽山の病質が、惜しみなく、高慢、慢心、傲慢、気取り、不感不応、訂正不能、無遠慮、という形で、文章に表れています。いつもと同じように、汲み取れるところが、どこにもなく、恐ろしいほど無自覚の、言論者として欠格と言ってよい非常識の、感受性の鈍麻と理路の破綻を見ています。
 
今までの楽山の言から、楽山が持っているのは執念深い悪意と共感性の欠如でしかないと思います。感情鈍麻であり、理路と感性の欠如であり、もたらしてくるのは徒労と疲労であります。楽山の行く先は、真実ではなく、排泄でしかありません。汚染しないように気をつけてください。楽山は疫病です。
 
 
テカる手垢(てあか)の刷り込み

テカる手垢(てあか)の刷り込み
 
 
(2021年03月31日)
(2022年04月02日、再録+加筆)
 
 
 
  虫
 
許してくれ
幾度お前は
焼けるような
熱い光を浴びようとして
その手を伸ばしたことだろう
私はお前を
汚れた筆箱の中に
手垢のついた革の袋に
閉じ込めたのだ
 
私は今
しおれた雑草の捨ててある
湿った日陰に来てしまって
小さな手のふるえにも
くずれていきそうな
お前の屍を抱いて
 
まっすぐな国道が見える
あそこに私の車がある
扉(ドア)が開(あ)いたままだ
 
 
  叫び
 
叫びがある
叫びになりたい
 
命ある人ではなく
命になりたい
夢見る人ではなく
夢になりたい
歌う人ではなく
歌になりたい
 
何を見つめたらいい
 
無意味な人ではなく
無意味になりたい
死ぬ人ではなく
死になりたい
 
叫びがある
叫びになりたい
 
 
 
★こも/楽山日記3
結論は、塩氏は、自説に都合のいいように、あちこちのツイートを切り貼りした上で、さもそういう議論があったかのような画像を作成したということ。
しかも、「海乱鬼様、田中満様らのツイートから引用」と自分の名前を隠してもいる。
こういうのはよくないと思います。
 
また他者をせえているようですが、楽山こそ「自説に都合のいいように、あちこちのツイートを切り貼りした上で、さもそういう」恣意的な解釈に沿う事実があったかのように片寄った印象付けをする性癖があります。楽山に、だまされないでください、関わらないでください。
 
ゆえに、楽山と本気で議論をすると理路が混乱させられ疲労という病魔の餌食となります。受け入れると感情鈍麻の無神教カルトに呑み込まれるでしょう。精神衛生を保つために、くれぐれも楽山と時間を共にしないでください。楽山は、誘導の詭弁の罠だけを用意して待っているのです。
 
 
 
楽山日記へのコメント再録 ( 1.が誰のコメントかは不明 )
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら誤ったら素直に詫びて自分正さなくちゃいけない」「それが出来て初めて人間だと それ出来ないなら人ではないと」「嘘ばかり重ねる君よ 保身だけの卑怯者の君よ そんな君は魅力の欠片もないのに」「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと最大限の反省と共に 開いた出店を畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
 」
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 
 
楽山に騙された人は、恐らく、楽山について、死ねばいい、と思うでしょう。私も、そう思っていますが、大人の節操くらいは持っていますから、冷静に、というより、冷淡に、というか、冷徹に、楽山を批判してきたし、これからも、そうするでしょう。誰も出会わないことが幸いとなる楽山です。
 
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ここは、ブログ記事をリンク・抜粋)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング