楽山の児戯性2
 
 『竒談の時代』百目鬼恭三郎著 2020年05月16日
 楽山日記(LD)への批判記事を再録+
 
 
楽山は、今までの心霊や超常の話を、子供じみた空想話を出して、ごまかそうとしています。見苦しい言い訳ですが、楽山は、それで済むと思ってしまう人なのでしょう。恥とか罪とかを知る正常な心が無いからでしょうか。
 
 
本書は日本の古い書物にある不思議な話を分類、整理、紹介したものである。頁を繰ってみると、死後の世界や生まれ変わりについての項目があったので、とりあえずその部分だけ読んでみたのではあるが、どうも結論としては、著者の書きぶりからゆくと、それらはみな事実であるというよりも、生きている人々の作り話ということになりそうだ。こういってしまうと何やら身もふたもない話だが、どうもそれが現実であるらしい。
 
まわりくどい筆致です。「古い書物にある不思議な話」について「作り話ということになりそうだ」と書くことで、宗教一般を否定したいのでしょう。しかし、前の記事で、生まれ変わりを信じることができれば便利などと言ったのは、フィクションから何も学べない、「身もふたもない」楽山です。
 
つまり、楽山は、超常が大好きで、日常が大嫌いなのでしょう。霊が分かるっぽい?立場から、たくさんの記事を書いてきたのも楽山です。宗教と信仰を、超常現象でしか考えられず、かつ、そこから学ぶ教訓もない楽山は、勉強嫌いの怠け者と言うしかないのです。
 
心理学の「心の理論」という話を、霊の話にしたのも楽山です。心理学は、心理について語るのであって、霊について語りません。奇跡について、行き詰まりの循環論法を書いておきながら、分かったかのような筆致を捏造して、成り立たないデタラメを、もっともらしく見せていたのも楽山です。
 
楽山の話こそ、「身もふたもない」デタラメなのです。こういう人に、宗教とは何か、真実とは何か、などについて、決して、議論しようなどと、思ってはいけません。混乱し、思考と感性が鈍くなり、果ては、人格が破壊されるでしょう。どうか、関わらないでください。
 
(ネットより)
身(み)も蓋(ふた)もな・い の解説
言葉が露骨すぎて、潤いも含みもない。にべもない。「そう言っては―・い」
 
幼稚な超常の空想で、キリスト教とキリスト信仰を、否定したり、深く信じないほうがよい、などという、わけのわからない信じ方に、おとしめようとするのが、楽山です。楽山は、宗教を信じないのもよくないが信じ過ぎるのもよくないと言って、何の方向も示せない言論のクズです。
 
自分が間違っていたことを認めて修正・訂正するのではなく、くどくど言うだけで、何も実のあることが書けないのは、その場その場で、理解も努力もせず、自分の都合の良いように、ねじ曲げて否定するだけで、いい加減に書いてきた、いちゃもん屋だということを表しています。
 
 
まず死後の世界の話については、その形成過程をみると、人々の疑問に答える形で拡充されて行っており、はじめの嘘を正当化するために、後から話をつけ足していっているようだし、生まれ変わりについては眼前の不条理を我慢し、やりすごすために、前世の因業という話をこしらえ、それが広まったということのようだ。
 
「はじめの嘘を正当化するために、後から話をつけ足していっている」のは、それこそ、前からの、楽山の筆致、というより、楽山の、日常的な、詭弁の営みのようなものです。もちろん、ペテンの営みです。このように、自分の書いたことに、楽山は斬られ続けているのです。
 
今ここで、戒める側にいるかのように言っていることは、楽山が、まとまった思想を持たず、いい加減な人物で、平気で嘘を吐き、その誤りを認めて反省~謝罪~訂正することなく、別のことや、逆のことを、また平気で言うような、空想と思い付きだけの人であることを表しているのです。
 
自らの不全や欠陥を他者のせいにして、自分はそれを指摘しているかのような書き方をすること自体が、楽山という人が、言論というものについて、非を認めることのできない自己中の卑怯者であり、自己顕示欲だけがあって、無反省であり、信頼できない人であることを逆に表しているのです。
 
 
こうしてみると不思議な話は信じ込むのでなく、自分の生活をよくするための方便として聞くか、エンターテイメントとして割り切るのが無難のようだ。
 
言ってみれば、楽山は、ずっと、人を惑わし、だますことを、エンターテインメント(娯楽)としているのです。そして、楽山には、身勝手で、邪悪な、ふざけたライアーゲームの娯楽しか生き甲斐がないのでしょう。関わる者にとっては、大迷惑であり、下手をすると犯罪に結びつくものです。
 
今まで、学者気取りで、批評家気取りで、楽山の書いてきたことを、今さら、エンターテインメントだと言えば、それはそのまま、楽山は、遊びで、キリスト教とキリスト信仰をけなし、遊びで宗教や心霊について、ねちねち書いてくる変態だということです。思想の芯となるものが何もないのです。
 
 
ちなみに余談ながら、自分の周囲にも前世を記憶する子供たちのようなエピソードはある。あくまでも知人の話ではあるが、彼は幼かった頃、生まれる前のことを知っていると言っていて、両親からそんなことがあるわけがないと笑われると、決まってこう答えたそうだ。
「ぼく、お母さんのお腹の中にいるとき、おへそから外を見てたんだもん。だから、みんな知ってるんだもん」
彼は今はもう幼かった頃の自分がそんな荒唐無稽なことを言っていたことはすっかり忘れてしまっているのだが、両親はいまだにこれを笑いの種にするので閉口しているとのことである。
 
楽山の幼児期のことでしょうか。のちに親から聞いた話みたいなことでしょうか。それで、楽山は、ずっと、自分は特別だ、霊の世界が分かるんだ、と思うようになったのでしょうか。
「心の理論」で、仏様の気持ちが分かるっぽい自覚を語っていた楽山です。安易に超常に感情移入する傾向があるのでしょう。
 
楽山が、このように書くのは、まるで真剣味がなく、今まで書いてきたことなんか、オチャラケですよ、・・と言っているようなものであり、そのことは、楽山が、いかに、お気楽に、嘘を吐く人であるかを表すことになるのです。
 
ふつう、そういう人は、叱られて、書くことを禁止されるか、恥ずかしくて自ら控えるものですが、楽山には、その気がなく、何とか、冗談として乗り切れると考えているわけだから、あきれます。つまり、楽山は、言論者たる資格と節操を何も持っていない自己愛だけの人です。
 
つまり、楽山は、自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)だということです。惑わされないためには、近づかないようにするしかない、という結論になるでしょう。楽山は、嘘を吐いても、罪悪感も羞恥心も感じない人です。
 
 
想像するに、こういうことは子供なりのユーモアで言っていたことであろうし、それならば生まれ変わりがどうこうと真面目に受け取る必要もなく、このご両親のように朗らかに笑って楽しむくらいが丁度いいのだろうと思う。
 
楽山は、ユーモアだから、笑って楽しむのがいいと言っています。子供の話ならば、それでいいのでしょう。楽山は、子供でしょうか。いいえ、楽山は、大人として、実に長い間、宗教や心霊や超常のことを書いてきました。そして、宗教と信仰は、笑って楽しむ娯楽ではありません。
 
楽山は、真剣味もなく、霊や超常のことを話して、否定も反省も訂正もしていないということです。オカルト趣味、ホラー好み、そして、宗教を、魔法の世界としてしか語ってこなかった楽山の、小学校レベルの興味に付き合うことだけは、どうか、しないでください。
 
すでに、うんざりするくらい、読書家気取りで、本の、都合の良い文言を引用して、大きなテーマについて、空想~妄想話を書いてきて、今さら、「子供なりのユーモア」の話と言っても、嘘と詭弁で逃げようとすることによって、ますます、楽山の醜い悪意が明らかになってゆきます。
 
楽山は、底知れない悪意と企みの人、反省せず、学習せず、成長しない人、そして、病識のない異常人格です。批判目的以外では、関わってはいけない人だと思います。勉強嫌いの意地の悪い子供が、そのまま大人になっているようなものです。
 
 
独り芝居3

独り芝居
 
 
(2020年)(2021年)
(2022年05月25日、再録+加筆)
 
 
 
  しみる夜
 
ぬるい夜
ぬるい湯に
爛れるばかりの
阿片の夢に
流れ出しては崩れていく
この顔を直接
一生見ることはない至福よ
何のために
どのようにあり
あるいはあったのか
過去は現存しない
死んだ果実の名残を求めて
臆病な浸出が
皮肉な川を渡り
また一つ色褪せて
薄くなった肌をなぞっては
しみる
痛みから
否応もなく
犠牲になって
消えてゆく
それが現存する
唯一の夜
 
 
  虫の音
 
物音は
集まれば集まるほど
耳に障る
気にすればするほど
大きくなる
集団の声は苛つく
人の声も 雑踏も
独り聞いた蝉の声も
蛙の声も
耳鳴りも
恐らく幻聴も?
 
波のように
あたり一面
姿のない虫の声
遠くか近くか
どれほどの数か知らぬが
ただ一匹だけ
窓近く
チロチロと
鳴いているのがいる
不思議と耳に障らず
寂しく泣いて
訴えているようにさえ聞こえる

眠れない夜を殺し
耳鳴り騒ぐ
眠れない夜を死なせ
秋の虫 なく
 
 
  青年と老人
 
公園のベンチに
青年と老人が並んで座っていました
声にならない独り言が
ときおり二人の唇を細かく動かしていました
 
青年は寂しさを知らない
寂しくないことを知らないから
たのしい人になる
たのしい人になる
老人は苦しさを知らない
苦しくないことを知らないから
しあわせの人になる
しあわせの人になる
紙袋がすうっと飛んできて
不意に舞い上がって
また飛んでいきました
青年は風を見ない
老人は風を忘れた
二人とも目の前にあるゴミ箱の
ゴミを燃やしてくれる人を待っていました
二人の間に座っているはずの男を
いつまでも待っているのでした
 
二人とも
ベンチを壊して
カゼになれ
カゼになれ
 
 
 
楽山日記へのコメント再録 ( 1.が誰のコメントかは不明 )
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら誤ったら素直に詫びて自分正さなくちゃいけない」「それが出来て初めて人間だと それ出来ないなら人ではないと」
「嘘ばかり重ねる君よ 保身だけの卑怯者の君よ そんな君は魅力の欠片もないのに」「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと最大限の反省と共に 開いた出店を畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
 」
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 
 
一種も二種もなく、反省しないのは、人間の性ではなく、人間性の欠陥です。誰でもそうでしょ・・みたいな書き方に騙されないでください。自己正当化の詭弁を、いろいろ書いてきた楽山ですが、一つとして成り立ったことはありません。持つべき病識もないのは、質量のない人格とも言えそうです。
 
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ブログ記事をコピペなど)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング