楽山の詭弁と正当化2
 
 『実践 快老生活』渡部昇一著
 2020年06月28日 楽山日記(LD)
 
 
今回は、楽山は、露骨に嘘を吐いてきます。しかも、著名人の名を借りる不遜もあらわになって、本当に、醜いさまが、バレバレになってきました。
 
 
*渡部節
佐藤優の対談本『読む力』で、渡部昇一が高評価されていたので、ひさしぶりに氏の本を読みたくなり、前々から読もうと思いつつも読めないでいた『実践 快老生活』を通読してみた。相変わらずの渡部節であり、超ど級の率直さがおもしろい。
 
楽山が「おもしろい」というのは、過激で、しかも、否定的なことのようです。そういうのは、言った人以上に、思慮のないサディストの趣味である可能性が高いということです。自分では、何も理解できず、人の言葉を、特に有名人の言葉を礼賛する卑屈で反社会的な貧乏根性が見え隠れしています。
 
 
たとえば今の時代は、孫子を持つ幸せだとか、結婚相手を選ぶ際に遺伝について考慮すべきということは、声を大にしては言い難いところがあるが、著者はそれをあけすけに語っている。こういうことができるのは著者の他には、石原慎太郎くらいしかいないのではなかろうか。
 
楽山は、自分の子孫が持てそうになくて、結婚相手にも選ばれそうになくて、いじけた根性で、逆に、優れた遺伝子を持っている自分を夢想したいのでしょうか。それで、過激な評論を面白がるのでしょうか。しかし、楽山には評論をするような視野の広さなど皆無なのです。
 
あけすけに言うのと、嘘を吐き、詭弁を弄し、有名人の名を利用して飾り、理路も情緒もお構いなく書くのは、全く違うんだな・・ということを、楽山を通して実感します。著名人さえも、上から見下ろして楽山が、自分の知識人気取りのために、利用しているのは、実に見苦しい限りです。
 
 
*穏当な意見
とはいえ本書にはそれほど波風はたたないだろう穏当な話も多く語られている。健康のためには精神面だけでなく、栄養など唯物論的な見地からも注意すべきだとか、年をとっても詩歌などを暗唱して記憶力を磨くことができるだとか、一般の健康論をそのまま実行すればよいというわけでなく、自分の体調によって調整することが大切だとか、大方の人がなるほどと思える話もある。
 
「大方の人がなるほどと思える」などと、大人になれなかった楽山に言われたくはないのです。健康と栄養の問題は誰にとっても大切なのに、短絡して「唯物論的な見地」などとという言葉を使いたがる楽山の未熟で狭小な世界を、どうか真に受けないでください。未熟児の背伸びに過ぎません。
 
理想の老後の話ですが、楽山は、精神面が壊れ、栄養を語って唯物論と言い、人間らしさを語れません。気に入らないことをことごとく無視している楽山の記憶は虚妄以外何もないのではないかと思われます。そして体調だけでなく心の調整が狂っているために、詭弁で誘導することに専念しているのです。
 
 
論語の「七十にして心の欲するところに従って矩をこえず」という言葉についての解釈もおもしろい。これは悟りの境地というよりも、加齢によって心身が衰えてくると、「矩をこえようと思っても、もうこえられない」(p.18)というものであり、孔子はそのことを、率直、正直に語ったのだろうという。たしかに怪力乱神を語らずという立場からすると、これは精神的神秘的な境地のことではなく、著者の言う通りのようでもある。
 
若くして矩に反している楽山は、恐らくもう長い間、少なくとも一年余り、いかなる批判も無視して、自身の欲するところに従って、精神の犯罪性を発揮して、非常識なことばかり言ってきたのです。矩(のり)や法や徳は、楽山の欲せざるところなのでしょう。
 
ゆえに、楽山にとって幸いなことは、自分でブレーキをかけられないのなら、もはや、一日も早く、楽山の欲せざるところが、詭弁の記事を書けなくすることだけのように思われます。有名人に賛同して、自分もなんです・・という自己顕示欲の見苦しさを、むしろ、むき出しにしています。
 
しかし、そこにおいて、自由と勝手を、正直と恣意を、ありのままと欲のままを、すっかり混同した楽山が、石を投げながら暴走し続けているのです。いい歳をして、自慢げに、もっともらしいことを言ってるつもりの自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)の災いです。
 
(ネットより)
怪力乱神を語らず(かいりょくらんしんをかたらず):
怪力乱神を語らずとは、君子は、道理にそむいたこと、理性で説明がつかないようなものについては語らないものだということ。また、怪しげなこと、不確かなことは口にしないという意。
 
楽山は、とても怪しげなことを、道に背いたことを、理性で説明がつかないようなことを、知ったかぶりで語ってきました。また、霊が分かるっぽい話や、不確かな、どっちつかずの、ボンヤリ言語を弄してきたのです。そうして、今回も、楽山の批判が、楽山を斬っているブーメランが実態なのです。
 
 
*知的正直
正直といえば、著者は知的正直について、「自分がおもしろいかどうかを一つの絶対的基準として読書を愛好してきた」(p.57)と語っている。これは漱石の「私の個人主義」における自己本位に通じる考え方であろうし、自分も大いに影響を受けた考え方だ。
 
正直ということには、無視しない正直さだけがあればよいのに、楽山は、他者無視と、我欲の自己中心の利己主義を持ち出して、大いに悪と偽善をまき散らしているのです。楽山は、個人主義を我欲の恣意と混同している知恵足らずの未熟者です。一見、まともに見えても、詭弁だらけの楽山です。
 
 
読書に限らず、ものごと全般について正直な感想を述べると、傲慢だとか、生意気だとか言われて責められることもあるが、他人の機嫌をとるために自分の感想を偽ったところで仕方がないし、自分は自分という独立心を持ち、権威に盲従することなく、正直な思いを忘れないのは本当に大切なことだと思う。
 
我執により我欲だけで言動している者は、楽山のように、傲慢になります。他人の機嫌を取るのではなく、他人の意見を無視しているのが楽山です。また、自己正当化の詭弁を弄しています。楽山が「自分は自分」とばかり我を通すなら、行きつく先は、反社会性でしかありません。
 
「自分は自分という独立心」は、正直で率直に物が言える人物に見られるもので、悍ましいことに、楽山の動機は、独立心ではなく他者を無視して妄想的唯我独尊に生きていて、自ら権威者のごとく傲慢であり、嘘ばかりついて、詭弁ばかり弄して、正直の欠片もない我欲の力動に過ぎません。
 
楽山は、独立心を、我欲・我執の自己中と、混同しています。これは、思考障害であり、病質からの症状に他なりません。
 
 
*簡単に天国に行ける宗教
著者は宗教についても随分正直なようで、「宗教として信じるのなら、私はどちらかといえば簡単に天国に行けるものを信仰したい」(p.227)と語っている。これはあまりに正直すぎて笑ってしまうけれども、実際、真理とはシンプルなものだろうとは思う。
 
楽山の言う「簡単に天国に行ける」宗教は、楽山のように、都合の悪いことを、ことごとく他人のせいにして、どんなに卑怯なことをしても、ヘラヘラ笑ってゆけるような天国であり、楽山の妄想の中にしか存在しないところなのです。
 
シンプルな信仰を、何をやらかしても天国に行ける身勝手と、混同しています。いったい、楽山は、どこまで、単細胞の、短絡魔なのでしょう。いつまで、自己中から迷惑想を振り回すつもりなのでしょう。自分を見ない体質は、こういう考え方になるという典型でしょう。
 
 
たとえば、三木野吉は真理については単純、明快、矛盾なしなものだと定義づけているし、晩年の釈迦は教団の内外の区別なしに法を説き、握り拳の中には何も隠していないと語ったという。丹波哲郎はスピリチュアルな教えを、「あかるく、すなおに、あたたかく」という、この上なくシンプルな教えにまとめているし、『近思録』には道というものは細く険しいものではなく、沢山の人が通ることができる大道だとしていたかと思う。
 
楽山の思考は、隠し事で出来ていると言っても過言ではありません。単純に悪、明快に暴露された詭弁、矛盾だらけで、いったいどうやって、スピリチュアルを語れるというのでしょう。凶悪な楽山は、今も、白々しい嘘をを吐いています。それで、言いえたと思う病質者なのです。
 
陰気臭くて、素直さ皆無の根性で、とても冷淡で、温もりも潤いもない人、それが楽山です。だから、安易な道ばかり、求めては、人を平気で裏切ってきたのでしょう。本当に底の浅い軽薄な、だますことだけで長らえている人のようです。
 
楽山は「単純、明快」「あかるく、すなおに、あたたかく」というのを、"何事もなかったかのようにヘラヘラ笑って、我欲だけに素直に、悪意だけを熱して" 生きることと、混同しています。そこには、熟練からの達観に裏打ちされた爽快な時空が必要であることを、楽山は、何も理解していないのです。
 
 
こうしてみると、まっとうな宗教は救いについて複雑な条件をつけたり、凡人には分からない神秘について語ったりはしないだろうし、著者の宗教選びの基準はそうまちがっていないように思える。
 
真っ当な宗教は、伝道者に、霊が分かるっぽいなどということを要求することはありませんし、ふつうの人間らしい感受性があればよいということです。また、救いは、楽山のような自己顕示欲だけの者には、全く縁がありません。すごい詭弁ばかりです。救いは、怠け者の短絡ではないのです。
 
また、神秘は神のものであります。人は人の節操を考えるべきです。ましてや、神を信じ仰ぐことは、即ち、救われるということは、神に対して、自身の下等な屁理屈を当てはめて、机上でもてあそぶような楽山には、これまた、全く縁のないものです。
 
 
ちなみに著者の弁によれば、カトリックの救いは次のようなものらしい。「カトリックの場合は、ごく単純化していってしまえば、終油の秘跡(サクラメント)を受けていれば地獄には絶対に行かないという教えである。だから私は、自分が死んだあとには確実に天国に行くと信じている」(p.228)。こういうシンプルな信仰を持てる著者は幸せだと思う。
 
このような儀式だけで天国に行けるという信仰は、自尊過大の楽山にとって、垂涎の的であり、また悪意ある揶揄の的でもあります。表している「シンプル」の意味が、楽山の下卑た見なしとは、全然、違うのです。楽山は恥ずかしくないのでしょうか。
 
楽山は、シンプルを、安易や安楽と、履き違えています。人間性の底が浅いと、こうなります。ゆえに、楽山が、語れば語るほど、救いなど、本気で求めていないことが、作為の捏造の嘘っぱちであることが表れるだけになるのです。
 
 
*勇気と正直
本書を読んで改めて思ったことだが、批判をおそれず、真実と信じることを語るという渡部昇一の勇気ある正直さは本当に尊敬する。
 
批判を受け取らず、嘘を吐き、詭弁を弄しているのが、楽山です。このように、楽山は、自己正当化のために、本を漁っては書いてきますが、いちいち、的を外して、だんだん、失敗して滑りまくっているピエロとなってゆくのです。涙の代わりに、冷や汗を散らして、迷惑なだけの楽山であります。
 
批判を恐れないことと、批判を無視することを、混同して賛同しています。このように、楽山の理路は、悪質で、ボロボロなのです。これらの、多くの混同は、詭弁でもあり、恐らく、楽山の病質的未熟からの作為だろうと思われます。
 
 
渡部昇一の本のおもしろさは、その知識と発想にあると思っていたけれども、それは表面的なことにすぎず、その底流にある勇気と正直さこそがその主因なのだろう。渡部昇一のおもしろさは、勇気ある正直さによって支えられている。
 
楽山の記事の低劣さは、その知識不足の貧相さにあるだけでなく、中身が表面的であります。そして、底流にある怒気と欺瞞こそがその悪意の主因なのでしょう。楽山の卑怯さは、これからも続きそうな、臆病なのに我欲に邁進する者の言い逃れによって続いている地獄であります。
 
 
この見立てが当たりか外れかは分からないが、本書を読んで自分はそのように思った次第である。自分は生まれつき根がどこまでも臆病にできているし、渡部昇一とは考えが異なるところもあるが、この勇気と正直さは見習いたいと思う。
 
当たりか外れか分からないでも書いてくる楽山です。そして、反省しないのです。楽山のこういう無責任発言には、ごまかしの曖昧後の悪用とともに、それでも人間か!・・と疑いたくなるほど、いつも呆れるばかりです。
 
楽山の、いつの見立ても的を外れていて、何を読んでも自己正当化しか見えてはこない楽山であります。楽山が正論のつもりで書けば、楽山自身が矛盾するというブーメランなのです。楽山は、厚顔無恥であり、今まで一貫して、勇気と正直さに真っ向から背いてきたのです。
 
楽山は、どういうわけか、勇気と正直さの代わりに、怒気と嘘を覚えたようです。よく読めば、実に、全体に、その悪意を湛(たた)えているのが、楽山日記なのです。また、妄想的に勘違いして、見倣いたいと言っているのは、恐怖としか言いようがありません。
 
しかしながら、今回のように、自己正当化が見え見えのようになってきたのは、人格破壊が進んで、ネズミのような、子供だましなのに何処もだましの狙いで書いてくる、嘘吐きチェーンメッセージの根性を、楽山の壊れつつある人格が、隠せなくなってきたのかもしれません。
 
楽山の自己正当化は、だんだん下等になってきて、著名人の言葉さえ、単純に真逆に悪用して自己満悦するようです。言葉を、ことごとく勘違いし、または、わざと曲げて、言い逃れたつもりで、もはや、内容がありません。殆ど自滅を暴露しています。
 
こういう者が、実際、世の中にいるのです。カルトには、特に多いと思います。しかも、シャロームもそうだったように、決して、珍しくはないのです。良い言葉を、自分の都合の良い意味にだけに解釈しますから、良い意味に受け取る社交の人々は、簡単に、だまされてゆくでしょう。
 
楽山の病質的な卑怯さや詭弁や嘘が、今回、実に、分かりやすいものになって表れています。どうか、楽山には、決して、関わらず、近づかないようにしてください。
 
 
焼き切れる本性

焼き切れる本性
 
 
(2020年)
(2022年07月07日、再録+加筆)
 
 
 
  冷たい風
 
冷たい風
動かぬ山
火の国の 火の山
ときに山肌の色を変えて
煙と雲の向こうに
命を生む太陽
命を奪う太陽
 
冷たい風
動かぬビル
人の国の 人の山
ときに人々の顔色を変えて
雑踏と騒音の向こうに
命を生むシステム
命を奪うシステム
 
冷たい風
ふらつく私
私の国の ウソの山
ときに人々の顔色におびえて
心と体の中に
明日を生む命
明日を奪う命
 
 
  太陽に抜かれて
 
見なければ抜かれることはなかったのに
じかに目を合わせて 見てしまった
あわてて瞳孔をしぼっても
もう遅い
 
見てしまった
形の 秘密を 守るために
見なければ抜かれることはなかった
剣の 一つが
瞳をつらぬいて
焼き付けた残像が
視界をさえぎり
やがて 頭痛を呼んできた
 
見たものは
抜かれた魂の幻と
めまいと
歪んだ形から
まるで不治の病のように
守りようもなく残されて
脈を打って光る
暗点
 
直接 見ては
ならないものがあるらしい
 
 
  捨てる
 
破り捨てることは
いつでもできる
書くことはいつでもできる
わけではない
 
捨てることはいつでもできる
君の中の僕の記憶のように
何てやすやすと
僕はまだ生きているのに
 
書いたもの全部
引きずって
何て重たいと
つぶやいたのは
書かれたものたち
 
もう放しても
いいよ
 
 
  創造
 
今の今
今しかない
今に長さはない
時に長さはない
時などない元々
神は今を創造された
人は過去と未来を想像している
感じる
感じるから存在する
存在するから居場所を求める
場所などない元々
神は存在を創造された
存在は場所を想像している
そのように
神は人を創造された
人は神を想像している
 
ばあちゃんが失禁した
ばあちゃんは落ち着かない
ばあちゃんはわからない
何もわからないから
わからないことをする
それが病気だから
病的なことをする
と思われてきた
ばあちゃんは感じる
感じるから想像する
想像がはっきりしないから不安になる
感じるから不安になる
不安だから落ち着かない
ばあちゃんは失禁する
存在するから失禁する
 
存在するから不安になる
不安になるから言葉を求める
人は言葉を求める
言葉は神であった
言葉は神から贈られた
ウソは人から送られてくる
 
 
 
楽山日記へのコメント再録 ( 1.が誰のコメントかは不明 )
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら誤ったら素直に詫びて自分正さなくちゃいけない」「それが出来て初めて人間だと それ出来ないなら人ではないと」
「嘘ばかり重ねる君よ 保身だけの卑怯者の君よ そんな君は魅力の欠片もないのに」「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと最大限の反省と共に 開いた出店を畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
 」
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 
 
楽山は、自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)の大方がバレているのに、まだ書こうとします。このことが、不治の病質を証明することになるのに、わざわざ、書いてくるのです。文章で、まともだと言いたいのでしょうか。結果は、真逆となっているのです。
 
 
 
 楽山のブーメランツイッター
 
★こも/楽山日記3
@komo266
これは、その通りですね。
ゴリ押しは奪う愛なので、人は逃げて行くのでしょう。
 
何を言われても、楽山が、同じ方向のことを訂正不能に執拗に繰り返すのは「ゴリ押し」に近く、それで議論を凌いでも、途方もない精神的ダメージを受けた側は、逃げるというより、相手が人間とは思えなくなり、二度と対等の議論などしないが、体質と実態を暴くための批判の動機を得るのです。
 
一方的で、しつこく粘着する楽山の主張は、その理路の単方向を見抜かれて、また、その方向の、人に対する精神の害毒性を見抜かれて、いずれ気づかれて、結局、孤立し、居場所を失ってゆくでしょう。予想されたことであり、予測通りに、楽山の無恥も無視も、じわじわと知られてゆくのです。
 
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ブログ記事をコピペすることあり)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング