ウソの国:st5402jpのblog

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

2011年01月


  ラジコン
 
ラジコンの自動車が欲しかった
高くて買ってくれと言えずに
自分で買える頃には
ラジコンで遊ぶ歳ではなかった
ラジコン飛行機なら大人も遊んでいるが
そこまで凝る気はない
それどころではない生活の中で
ときおり思い出したように呟く
ラジコンが欲しい
コントロールして遊びたい
コントロールしたい
コントロールされたくない
 
(1998年2月23日)
-------------------------------------------
次は、怒りなど、陰性の感情について
 
 
  怒りとリラックス
 
苛々(いらいら)したり
怒りたくなるときほど
自分の弱さが身に沁(し)みる
どれくらい効用があるか知らないが
祈りという手段がある
どれくらい効用があるか知らないが
少し背筋を伸ばして座って
何か飲み物を手に取って
肩の力を抜いて
できるだけゆっくり飲む
一口飲み込んだら溜め息のように
鼻でゆっくり
ゆっくり深呼吸をしてみる
 
一生に一度くらいは
本気で怒ることがあるかもしれない
しかしその場合は
肉体的・精神的・社会的・何的であれ
命を捨てて掛かるときであり
なおかつその怒りは
コントロールされていなければならない
間違っても
怒りにコントロールされたくはないものだ
 
(2002年02月04日)
 
---------------------------------------------------------------
関連コメント:ブログ「日常×非日常」より(記事は全く別の文章です)
以下は私のコメントです。
 
陰性の感情についてざっと並べてみると
軽蔑・嫌悪・憎しみ・怒り
感情の振幅・強さは右ほど大きく、
持続時間は左ほど長く右ほど短い、
そして右に行くほど衝動~行動(化)に近いような気がします。
いずれの感情にしても自覚しコントロールされていないと、
文章化、さらには考えることすら出来ないように思います。
実際には出来ていないか、ずっと後になることも多い気がします。
 
警戒すべきこととして、特にクリスチャンにおいては、
軽蔑や憎しみを持っていても、それを隠したり、
逆に、ときには気づかずに、無理に同情の言葉を返すことで処理しやすく、
それを美徳のように思い込み、
そうすることで「愛せよ」という教えを守った気分になりやすいような気がします。
これは、愛とは程遠い陰湿なものを人の懐に隠し持つ姿だと思います。
 
(2011年01月27日)
 


  もウソう・環境問題
 
環境に最も優しいことは・・・
「人類がいなくなることです」
と言ってしまうと
身も蓋もないけれど・・・
 
人類ほど必要以上に
環境を破壊してきた生物はいません
それは人類の宿命でもあります
 
もともと人は
鋭い牙も爪も角もない
「裸のサル」ですから
それだけでは他の動物に敵わない
真っ先に絶滅していても
おかしくない動物です
しかし牙や爪や角の代わりに
人は知恵によって
道具を作り発展させて
集団となって組織となって
ときには人間性も失って
非情になって
他の生き物に負けず
むしろ利用することで
 
昔・・・ご飯を注文すると
「じゃ、稲刈りに行ってきます」
という笑い話がありましたが・・・
 
人は資源を含め
必要であってもなくても
買っても買わなくても
あらゆる商品を店に並べるという
今日の流通社会を作ってきました
 
それを英知と呼べるかどうか・・・
人類は今に至るまで
自分で自分の首を絞めるような
歴史を繰り返してきましたから・・・
 
仮に人類が滅亡したとしても
何の文句も言わずに
自然に滅びるものは滅び
栄えるものは栄え
自然は続いてゆくのです
 
環境問題「環境に優しく」は
「絶滅危惧種・人類に優しく」
という前提に他ならないのです
 
そのために今言えること・・・?
メカ・トロ・アグリ(カルチャー)
ここではバイオ燃料に期待する云々
・・・と言うだけにしておきます
 
(2008年10月11日)
 
-----------------------------------------------------------------
関連コメント:ブログ「日常×非日常」より
 
温暖化の原因を、何だったか、太陽風?とかに求める学者がいて、
そうなると結局二酸化炭素については何もしなくてよい
ということになる。私としては今のところ二酸化炭素説をとります。
この説の場合人類にも出来ることがあるが、
太陽風?説(後者)では出来ることがない。
前者(二酸化炭素説)が嘘で後者(太陽風?説)が本当なら、
間違って前者をとった場合、責任者出て来い、という話になるが、
前者が本当で後者が嘘なら、
間違って後者を取った場合、結果は壊滅的になりうる。
両者の過ちの重さを比較すれば、ということです。
前者は余り金に縁がないが、後者は、何もしなくていいよ、という感じで、
既得権益をもつ人たちが群がるだろう。・・・ということも考える。
 
しかし私は原発増設は優先順位最下位、核武装は反対です。
 
二酸化炭素の温室効果というのは科学的な事実で否定しようもないが、
それだけが原因と考えるのはあまりにも非科学的という話もある (*)
 
専門家でも意見の分かれることについて、しかも多因子であるなら、
素人が正しい情報・事実を知るのはかなり難しいとは思います。
 
二酸化炭素よりもはるかに有害な原子力発電所を増設することには、
なんの正当性もないだろう (*)
 
バイオ燃料というのも、南米、アフリカ、東南アジアなどの
森林を伐採して畑を作るという意味では、
環境破壊の一因になっているそうです (*)
 
私は、原発推進で核に慣れさせる→ゆくゆくは核武装推進
という思想の流れがありそうで、それに反対です。
 
したがって温暖化は二酸化炭素が原因だから、
二酸化炭素を出さない原発を増設すべきだという考え方には反対です。
 
私としては、化石燃料を掘って出して使うだけだと、
いずれ枯渇するし、燃やしっぱなしだから、何かおかしい
という感じを持っていました。
それで、70(~80?)年代にバイクの雑誌か何かで、
ブラジルかどこかでガソリン+エタノール混合燃料が使われていて
ガソホールと呼ばれているという記事を読んだことがあって、
再生可能な燃料だろうから、そういう方向がいいかなと思ったものです。
当時は安価だからという理由だったかもしれないけど。曖昧ですいません。
再生可能か、今のところ無尽蔵の太陽か、等々、
上のように考えたのですが・・・
そうですか・・・「バイオ燃料・・・森林を伐採して」となると、
営利に走っていて、方向性としては逆になってしまいますね
森林伐採しないと駄目なのか・・・(嘆)。
 
「環境破壊」「環境問題」とは何のための環境かというと
人類存続のための環境ですよね。エコロジー的に、というか
エコマークは「地球にやさしく」ということになってるようですが、
ほっといても地球にはやさしくなります。
破壊者である人類がいなくなるから(黒冗句)。
人類がいなくなっても、自然は自然に自然であり続けるし、
地球もまた同様です。
だからやっぱり人類のための子孫のための地球と自然、
即ち人類のための環境だから、
自然を保つにしても、森林伐採を止めるにしても、
エコにしても、省エネにしても、新しい技術を考えるにしても、
単なる自然保護や動物愛護の精神ではなくて、
人類の存亡が懸かっているのだから、
「地球にやさしく」は言葉とは裏腹に軽すぎる感じがします。
まとまりません。失礼。
 
(2011年01月27日)
--------------------------------------
(*)以外は私のコメントです。
 


  私の仲間
 
私のポエムは多くのベクトル
括ってしまえば皆よい仲間
けれど向きも大きさも測れない
衝突したり離れていったり
今日はどんな矢印描こうか
やっぱり誰かとぶつかるんだろ
仲間はみんな付き合い下手
私の仲間は余りに少なく
私は仲間と付き合い下手
大きくは成れなくて
ときどき変に向きになる
ポエムは向きに見栄を張ります
大きくは成れなくて
 
(2011年01月23日)
 
 
  弱気の癖
 
はじめから
がっかりしてもらったほうがいい
あとでがっかりされると
けっこう応える
期待や賞賛って
教祖みたいなもんにでも
ならないかぎり
幻滅が待っているだけだろう
けなされて
けなされて
死ぬ前に
すこしだけ
ほめられるほうがいい
 
死ぬ前は知らないが
今まさに
けなされるか
無視されるかだけじゃないか
・・・・・・
それにしても口癖みたいな
ちょっと言ってみただけさ
・・・って
ちょっと言ってみただけか
 
(2007年01月12日)
 
 
 
 


  水の淵
 
生産物のやり取りもない
何も生産していないから
そのあいだ
この世を搾取している
水の色の淵
察しをつけて思いやるつもりで
ご迷惑をおかけしないように
関わりをできるだけ避けて
何の文句も言わずに
入力だけで出力しなければ
悪い影響も最小限に
 
しかし出力をゼロにすることは出来ない
誰も見なくても見せたいときがある
見せたくて作るときがある
生産ではないのに
様々な水の色
抑えられないことだけ
心の中で少し謝って
 
良かれ悪しかれ
水の色を様々に変えた出来事がある
経験は否定できない
しかしどうしても変わらないものが
救い難くずっとあるようだ
それが何かは定かではないが
良かれ悪しかれ認めざるを得ない
あるということだけ
 
目一杯の慈愛を持って
伝え教えてもらった正しさが
正しいかどうかを疑ってしまうところに
厄介でありながら捨てられない「ある」は
深く
あり続けている
様々な色の水を
取りながら捨てながら
こぼしながら
 
(2011年01月22日)
 
 
  彷彿
 
ワイパーが水滴と一緒に
視界を拭(ぬぐ)い去る向こうに
道はあるとアクセルを踏むから
車は暗がりを轢(ひ)いてゆく
 
ときに所々の街の灯(ひ)が
一瞬だけ信号に見えたりするから
ブレーキは早めの後ろから
大型トラックがぴったりついて来る
 
進めばよいのか止まればよいのか
後退でもすればよいのか
最初から出かけなければよい
飛ぶこと以外望まないのなら
 
空色の信号が浮かんでいる
そこでもチェックは厳重だ
拭い去れないものを火が乾かす
拒めば落ちてゆくことだけには限りがない
明るい人も大地も星も
水天彷彿(ほうふつ)皆落ち続けている
 
(2002年02月28日)
 
 
 
 


 この世は三角
 トライアングル
 トリニティよ
 高さは半径に
 底辺は円周に
 円は
 三角形の最も美しい姿だ
 
円周率πを高校レベルの数学で求めようとするなら
円に内接する正n角形の面積と
円に外接する正n角形の面積で
円の面積を挟みつけることしか今のところ思いつかない。
 
半径1の円に外接・内接する正24角形
の面積から円周率 π の近似値を
求めてみたことがあります。
イメージ 1

外接24角形を求めるとき、
 
 角度15度の三角関数は(45-30)から
 加法定理を用いて、また
 
tanθ=(1-cos2θ)/sin2θなどより、
 
 tan7.5°=(√3-√2)(√2-1)
 
と割と綺麗な形になったので、それを使いました。
 
 3√2(√3-1)< π <24(√3-√2)(√2-1)
 
という結果を得ました。
 
電卓(8桁なので不正確ですが)で計算すると
 
3.1058 < π < 3.1597
 
  ∴ 3.1< π <3.16
 
つまり、π≒3.1 までは正しいということになります。
ちなみに、不正確ですが、内接正192角形まで計算して
ようやく3.14まで出てきました。
 
-----------------------------------------------
 
 tan7.5°について
 二重√について
 分かっているつもりの範囲で
 ・・・何も分かっちゃいないけれど・・・
 復習してみます・・・
 
 
 「 tan7.5°と二重√ について」
 
 復習として「πを24角形で近似」の
 tan7.5°に補足します。
一般に加法定理(倍角定理)より一次化が可能。
(sinθ)^2 を、ここでは sin^2 θ と表すことにする。
 sin^2 θ=(1-cos2θ)/2
 cos^2 θ=(1+cos2θ)/2
0°<θ<45°の範囲で考えると
 sinθ=√((1-cos2θ)/2 )
 cosθ=√((1+cos2θ)/2 )
∴tanθ=√((1-cos2θ)/(1+cos2θ) )――――①
また tanθ=(1-cos2θ)/sin2θとも。――――――②
(∵①の分母子に √(1-cos2θ) を掛ける。
 または検算として
 ②の右辺=(1-(1-2sin^2 θ)/2sinθcosθ
 =2sin^2 θ/2sinθcosθ=sinθ/cosθ
 =tanθ=左辺 )
そこで、まず加法定理より
 sin15°=sin(45-30)=(√6-√2)/4 ───③
 cos15°=cos(45-30)=(√6+√2)/4 ───③
 
ゆえに②③を用いて
 tan7.5°=(1-cos15°)/sin15°
 =(1-(√6+√2)/4)/(√6-√2)/4
 =(4-√6-√2)/(√6-√2)
(分母子に(√6+√2)を掛けて)
 =(4-√6-√2)(√6+√2)/4 ――――――――――④
 =(4√6-6-2√3+4√2-2√3-2)/4
 =(4√6-4√3+4√2-8)/4
 =√6-√3+√2-2
 =√3(√2-1)+√2(1-√2)
 =√3(√2-1)-√2(√2-1)
 =(√3-√2)(√2-1) 
 tan7.5°=(√3-√2)(√2-1) ・・・・・・・(答え)
 
①③を用いると
 tan7.5°=√((1-cos15°)/(1+cos15°))
=√((1-(√6+√2)/4)/(1+(√6+√2)/4))
=√((4-(√6+√2)/(4+(√6+√2) )
(分母子に(4-(√6+√2)を掛けて)
=√((4-(√6+√2))^2/(16-(√6+√2)^2))
=(4-(√6+√2))/√(16-8-4√3)
=(4-√6-√2)/√(8-4√3)―――――――――⑤
=(4-√6-√2)/(√6-√2)――――――――――⑤
(分母子に(√6+√2)を掛けて)
=(4-√6-√2)(√6+√2)/4
ここからの計算は④と同じになる。よって同じく
 tan7.5°=(√3-√2)(√2-1) ・・・・・・・(答え)
 
※ ここで⑤の分母において
 二重√を外していることについて説明(?):
一般に √(A±√B)=√Ⅹ±√Yとして
Ⅹを求めることによって得られる恒等式
 √(A±√B)=√((A+√(A^2-B))/2)
         ±√((A-√(A^2-B))/2)―――⑥
において(A^2-B)が平方数であるなら
√(A^2-B)は整数になるので、これをCとおくと
√(A±√B)=√((A+C)/2)±√((A-C)/2)―――⑥
というふうに二重√を外すことができる。
⑤においては
√(8-4√3)のA=8,B=16×3=48だから
∴A^2-B=64-48=16=4^2と
平方数になり√(A^2-B)=4=Cであるから
⑥に当てはめると
√(8-4√3)=√((8+4)/2)-√(8-4)/2)
 =√6-√2 ということになりました。

※ なお⑤の、二重√については、
√(8-4√3)=√(8-2√12)として
足して8、掛けて12になる2つの数は、6と2なので、
上の式=√((√6ー√2)^2)=√6-√2
という方法のほうが一般的なようです。
 
(2008年06月18日・・・に若干加筆)
 

このページのトップヘ