罪と偽善
 
 
私たち人間は、どう役に立つのか、ある程度は明確になる場合もあるけど、道具や生産物のようには明確にならない場合が多いと思います。つまり、生きることが先で、役に立つことは、継続する一生の問題になり、目標への道ということになります。自分は役に立たない、と自分で思うことも、私も含めて、稀ではありません。
 
しかし、稀にあるかもしれないという希望を持つことと、稀にしかないんだと失望に変えてしまうこととは、キリストが、社会が絶望の烙印を押してしまった人々を訪ねて救ったことを考えれば、前者が、神の御心に適うことは、言うまでもありません。
  
かといって、やはり、はっきり自分の役割が見つからないときや、一生続くかもしれないマイナス面を持っていると思うときには、さらに、心無い人にマイナスの評価をぶつけられたときは、失望や絶望が親しく近寄ってくるかもしれません。そのとき、どうするべきでしょう。
 
思い煩いが長引いて、来る日も来る日も思い煩いにに明け暮れたりなどはしたくないけれど、一切無視したつもりで、無理に笑えば、いずれ、笑えないときに笑った無理が返ってくるでしょう。
  
私見ですが、自分はダメな人間ですという位置から、ときには、自分は塵や埃やウンコみたいなものですという位置から、できることを考える生き方を、慈しみの眼差しで見ておられ、目いっぱい、という、それだけで善しとしてくださる御方がおられます。
  
劣等感や妬みで生きることのないように、いじけることのないように、また、敵意や恨みで生きることのないように、生きる日常が他者へのボロクソ節にならないように、一人一人をすべて見て、功績や才能ではなく、その正直さだけを評価される御方がおられます。言い換えれば、正直さ以外は、通用しない御方です。
 
偽善は、罪を隠し、世辞を言ったり、嘘を吐いたりして、偽りによって、善人ぶる分、罪よりもさらに重い最悪の罪であり、二千年前に、キリストが見抜き、キリストの敵となったものです。
 
偽善も罪だから赦されると言って、平気で嘘を吐き続ける偽善者もいますが、思考も情緒も破壊されて、正常な思路の発言も情緒的な共感も出来なくなっています。それでも、笑い続け、嘲り続けるのが偽善者です。
 
神の前に正直さを失うと、人の前にするのと同じような体裁を繕うようになり、神に対して嘘を吐くようになります。それを、神が見逃すことはないのに、見抜かれることを恐れないので、神を恐れなくなり、結果として、罰ではなく、裁きでもなく、ますます、救われるために大切な人格を、自らの嘘と偽りの保身が壊してゆくのです。
 
 罪は地獄への片道切符ではありません。
 罪は正直な祈りの告白によって赦されるでしょう。
 それが悔い改めです。
 
 罪を隠し善を装う偽善が地獄への片道切符になるのです。
 
 罪を告白する正直さは、
 祈りによって宝となります。
 
 
(2019年09月19日、過去記事に修正加筆)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
https://ameblo.jp/st5402jp/
https://stdsts.hatenablog.com/
(古い記事は載っていません)
 
https://st5402jp.blog.fc2.com/
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
https://blogs.yahoo.co.jp/st5402jp
(更新、コメント不可、12月消える)
 
ツイッター:
https://twitter.com/st5402jp
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html  
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
https://blog.with2.net/rank4482-0.html