偽善者が狂うとき
 
   私の「トンデモ信仰」コメント欄
   http://st5402jp.livedoor.blog/archives/5067526.html
   シャローム(シャロム、あなた、彼)
 
 
シャロームは、遠慮も反省もなく、私のブログを荒らしてきます。特徴は、コメントが、みな、自己中心の解釈の決めつけで出来ていることです。恥を知らなくなると、こうなります。そして、最後は、理由もなく笑うしかなくなるのです。理路も、情緒も、常識も、良心も、なくなるからでしょう。
 

1. shalomです。おはようございます
 2019年12月24日 08:35
「私は、楽山やシャロームなどの易坊類については、早く忘れたいところです。しかし、彼らは、厚かましく、サディスティックに、かつ、自慢げに、信仰を妨害してきます。」
早く忘れたいが忘れられないのですね。

 
忘れられない理由は書いてるのに、何をとぼけたこと、書いているんですか。
 

それはそうでしょう。気の毒に!
それはきっとあなたの心が不自由だからでしょう。

 
忘れられない理由は書いてるのに、何をとぼけたこと、書いているんですか。
恥ずかしくないのですか。
 

イエスさまは真理はあなたがたを自由にすると言われましたし、
またイエスさまは私は道であり、真理であり、いのちである、とも言われました。誰でも私によらないでは父のもとに行くことは出来ない、つまり私も父であられる神のもとにも来ることもできない、つまり私も父なる神をも信じることができません。だからいつまでも罪の中にとどまり、不信仰に、不自由に縛られているのですと言われたのです。あなたの聖書には書いてないのでしょう。
あるいはまだお読みになっていないのでしょう。
ですから、あなたの信仰は人に妨害されてしまうのでしょうね?

 
信仰が人に妨害される、というシャロームの言い分の幼稚な詭弁を覚えてください。シャロームは、信仰は神が与えるものだから人に妨害されるのは信仰ではないと言いたいようです。だとすると、シャロームは、自分が神の操り人形のように動いているから、間違いないとでも言うのでしょうか。ならば、今まで、おびただしい嘘を吐いてきたのは、神が嘘を吐かせてきたとでも言うのでしょうか。自分の酷い背教の行為を、神のせいにしています。
 
シャロームは、私が批判してくるのは信仰を妨害されているからだ、とでも言うのでしょうか。私は、信仰を妨害されてはいないからこそ、批判しているのです。
 
人に妨害されることがあるとすれば、迫害においてですが、まさに、キリスト信仰を妨害するような妄想信条を言い張るシャロームこそが、妨害者そして迫害者なのであります。
 
それで、また、何を、こちらのせいにしてるんですか。耄碌ですか、悪意ですか。
 
あなたシャロームの説教など、もはや、言い逃れ以外の何ものでもありません。
 
罪にとどまって、罪に飼われているのは、シャロームです。今もそうです。
 
信仰を妨害しているのは、無駄なコメントを書き続けているあなたです。
 
「不信仰に、不自由に縛られている」だけでなく、背教に、妄想に、縛られているのは、あなたシャロームです。どこまでも他者を縛ろうとして、醜いコメントを書き続けているあなたシャロームです。
 
「罪は悔い改めなくても赦されるから気にしなくていい」と言った反キリストは、あなたシャロームです。人間をやめてしまったあなたなのです。気持ち悪いです。
 

それはあなたの信仰が単なるあなたの論理妄想にすぎず、
聖霊の導き、助けなしの聖書に基づいていない信仰だからです。
だれでも聖霊によらなければイエスを主と告白できないとも聖書には書いてありますね。
他者の信仰を批判する前に自分でしっかり聖書をお読みください。
shalom!

 
楽山の応援なのか。言葉だけが滑り続けるシャローム。論理妄想?、恐らく、造語。
 
結局、シャロームの言いたいことは、批判するな・・だけで、だから言いますが、こういう腐れコメントを書いてくることが、批判の動機を、ますます強めています。
 
総ての悪と偽善は、あなたシャロームのような自己中で訂正不能の狂信条から始まっています。
 
人のケツを舐めてないで、自分のケツは自分で拭きなさい。
 

6. 楽山さん st5402さん こんにちは
 2019年12月24日 11:58
shalomです。2019年12月24日 11:42
(楽山)
「こう言っては何だがstさんのヤバさ、おかしさはブログを見れば、誰だってすぐ分かることだし、仮に分からなくてもじきに「あれ?」と気づくだろう。いちいち注意喚起するまでもないことなのだ。自分はこれまでにも、情に流され、余計なお世話をして面倒に巻き込まれるという失敗を何回もしてるし、いい加減ここは改めねば…。
  でも今回の失敗で、アドラー心理学の「課題の分離」の価値を再確認できたのはよかった。自分の理解だと、この考え方は、自分の努力で変えられるもの、変えられないものを見分けて、変えられるものに優先的に取り組もうというものだけど、ついつい変えられないものに手を出してしまい時間や労力を無駄にしてしまう自分にとってはこれは本当に役立つ方法論だ。」(楽山さんのコメント)

 
楽山の、アドラー教から抜け出ていないことが分かる発言ですが、何が言いたいのでしょう。
 
楽山に、流されるほどの情はありません。
 
「余計なお世話をして面倒に巻き込まれるという失敗」・・自己中の楽山は、自分の本質的な誤謬を、被害的に解釈して、人のせいにしています。
 

カウンセリングの世界ではよく過去と他人は変えられないと言われますが、
自分の無力感や敗北感、挫折感に苦しめられている人は変えられない過去と他者を批判して変えようとし、それがうまくいかないと非難中傷したり、人格否定に走りやすく、自分の苦しみを過去や他者に転嫁して自分を守ろうとしてしまうようですね。

 
前からですが、自分さえ弁えないシャロームは、言い逃れに、私が、いかに、みじめで、病気であるかを説明しているつもりのようです。私を、患者に仕立てないと気が済まないようです。
 
シャロームの場合、決して自分の無力感や敗北感、挫折感に苦しむことがなく、人を苦しめ、逆らう者を、誹謗中傷したり、人格否定に走ったり、罪と偽善を、他者に着せて、保身したつもりになるようです。
 
もはや、人間ではなく、鬼畜の様相を呈していることに気づかず、丁寧語で飾ればバレないだろうという単純さで、罪に罪を、偽善に偽善を、恥に恥を、上塗りしてゆくのです。
 
私の挫折感は、あまり書いていませんが、そういう記事もたまにはあり、あなたシャロームの背教と反キリストと違って、ことさら隠す気はありません。それ以上に、私の個人的な弱さを、妄想的解釈でネタにして、それで批判してくる、という病理を捏造することこそ、あなたシャロームの病理なのです。
 

「自分はこれまでにも、情に流され、余計なお世話をして面倒に巻き込まれるという失敗を何回もしてるし、いい加減ここは改めねば…。」(楽山さんのコメント)…ということの原因も自他の区別、課題の区別ができないために陥りやすい要因のようですね。

 
楽山の失敗の原因を、「自他の区別、課題の区別ができないために陥りやすい要因のようですね」と言っています。・・楽山と仲たがいでもしたのか・・
 
自他の区別が出来ていないのは、こうして、迷惑も省みず、鋭さや説得力の、まるでない当てつけや嫌がらせをしてきて、自己の正しさを主張したつもりのシャロームのことです。他者の思いを、自分で捏造して、説明した気になっている、という、とんでもない未分化なのです。
 

なかなか誰もが俺は、私は大丈夫とは言えない罠だと思います。

 
ただ、シャロームだけが、大丈夫の立場に立って、自他の区別なく、捏造に捏造を重ねている醜態であり、このようにだけはなりたくないという自他を破壊する人格の姿です。私はこれを、ふつうに、悪魔性と呼びます。
 

ですから他者を批判せずにはおられない人も自分と他者との区別、課題の区別ができないために、アドラー心理学の自他の区別、課題の区別が心情的に受け容れることができずにいたずらにアドラー心理学もも批判せずにはおられないのですね。
それがst節(ブシ)の妄想的理路、印象操作の本質なのですね。
shalom!

 
シャロームは、自他の区別ができず、シャロームのことを私が言ったところの、ボロクソ節、妄想、印象操作を、もじって返して批判返しをしたつもりなのです。他者を、我がことのように、区別できずに、捏造の解説を得々と語っています。
 
単純すぎて、説得力が無いばかりか、自分の醜さをモニターできない性質を惜しみなく、あらわにしています。こういう人を見つけたら、先ず、即、言論の場から追放するか、でなければ、逃げるしかありません。百害あって一利なしです。
 
自他を区別できないために、シャロームが、妄想的理路、印象操作、など当ててくる・・こういうことは、自分の部屋で、ゲヘヘと笑いながら、よだれを垂らしながら、壁か鏡に向かって言って、できたぞ、返したぞと、独りで分かったつもりになっておればよい。
 
全く、理路、根拠、どちらもない、折り紙を紙くずにするに等しい言語。あなたシャロームが、治らないということだけは、よく分かりました。
 
楽山やシャロームなどの易坊類の本業であるところの、荒らしのための荒らしになっています。羞恥心のない人間もどきの醜態をさらしているのです。
 
シャロームは、妄想信条のために、必要な最低限の知能も失い、自分の言葉を育て損なっているために、わけもわからずに、こちらの言葉の真似をすることしか出来なくなっています。
 
私が言ったことを主語を代えて私に向けるところの、おうむがえし、本に書いてあった言葉を繰り返すインテリ気取りの猿真似、それらは、楽山にも共通していますが、シャロームは、恥も、罪も、偽善も、醜さも、お構いなしです。・・殆ど、シャロームの訪問は、汚染物質漏出警報と言ってよいでしょう。
 
 
   私の「しらばくれる」コメント欄
   http://st5402jp.livedoor.blog/archives/5062659.html
   シャローム( shalom、シャロム、あなた、彼)
 
楽山やシャロームなどの易坊類の、大仰だが、品のない笑いが目立っています。
 

1. 楽山さん st5402さん こんにちは
 2019年12月24日 12:13

「私は、そろそろ、死んでもおかしくない年齢に到達しているので、暴力ではなく、法的制裁でもなく、批判を続けることに、結果によらず、迷いはないのです。一生、出会いたくないような者たちに、私は出会ってしまったのですから。」
 」
そう迷いはないのですか!素晴らしい!
でも、一生、出会いたくないような者たちに、出会ってしまったのですから」なのですね。 お気の毒に!

 
「一生、出会いたくないような者たち」・・あなたシャロームのことなのですよ。分かっていますか。分かっているけど、「なのですね。 お気の毒に!」と、とぼけているのですか、ひらきなおっているのですか。それで、また、あなたは、のぼせ口調で、みにくく笑っているのですか。
 

わたしのほうこそ、あなたよりもいつ死んでもおかしくない年齢に到達していますが、
私はst5402さんに出会ったことを決して悔いてはいませんよ。
申し訳ありません!(笑い)
おかげで楽山さんにも会えたのですから!(再び笑い)
ありがとうございます!
shalom!

 
シャロームの、いかにも、サディストらしい発言です。そう、このように、シャロームには、いつも、慎重、敬虔、慎ましさの代わりに、白々しい世辞と讃美と、「(笑い)」があります。笑うことで、相手を見下ろして、勝った、と思いたい欲望が、節操もなく漏れ出しているだけなのです。一種の浮かれパニックと言ってよいでしょう。
 
シャロームの「(笑い)」は、冗談ではなく、和みでもなく、余裕を見せたいのでしょうが、下品で愚劣で凶悪な、あざ笑いです。ニコニコの談笑ではなく、笑う理由のない状況での、しまりのない、だらしのない、ゲヘヘ・・のシャローム、なのです。
 
今まで、ずっと荒らしコメントで、嫌がらせを書いてきて、「悔いてはいませんよ」・・それはそうでしょうね、あなたは、悔い改めない反キリストですから。
 
「申し訳ありません!」と矛盾した(笑い)、そして、(再び笑い)、そのあとに、実に白々しい「ありがとうございます!」で、何を言いたいのでしょう。感謝では文脈が成り立たないから、感謝に見せかけた皮肉でしょうか、破綻を隠さなくなったのでしょうか。
 
こういう人に、捕まった人は、確かに、人格は破壊されるだろうということを、シャローム自身が表しています。シャローム自身が、既に、破壊が進行した人だから、こうなるのです。
 
・・もう、誰も、だまされてはいけません。
 
 
(2019年12月31日、同日一部修正)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
https://ameblo.jp/st5402jp/
https://stdsts.hatenablog.com/
(古い記事は載っていません)
 
https://st5402jp.blog.fc2.com/
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
https://twitter.com/st5402jp
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html  
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
https://blog.with2.net/rank4482-0.html