隠された攻撃性
 
 神義論、弁神論について(『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著)
 2020年04月07日
 http://mn266z.blog.jp/archives/24263242.html
 楽山日記(LD)
 
 
楽山は、またしても、神についての幼稚な疑問を投げてきました。誰も分からないということだけが、分かっている疑問です。つまり、信仰は、その疑問を克服して生まれるのではないということです。
 
楽山という人は、宗教には全くの無関係なところで、霊能者を気取っているだけの人で、信仰など持つ気もないなら黙っておればよいのに、著しく幼稚ないちゃもんを、嫌がらせのように繰り返し書いてくるのです。
 
楽山には、分からないだけでなく、何度も繰り返し言って、信仰者を、疲労と混乱に陥れようという攻撃的な意図があるとしか思えません。
 
楽山は対話を求めません。また、私も、楽山のような、何も聞かず、受け取らず、嫌がらせだけを書いてきて、話の双方向の成り立たない人と、対話する気はありません。
 
いい加減な楽山の言説を、いちいち批判して否定するのは、丁寧語に騙されて真に受けやすい人がいるだろうと思っているからです。その弱みにつけ込む人です。私は、私にできることをしています。
 
批判記事を重ねて、楽山は、シャロームと同様、悪意と偽善の資料になりつつあります。
 
前々から、神義論、弁神論には興味があるのだけれども、本書でもそれについてチラリと触れていた。
一元論的あるいは汎神論的な見解によれば、悪は、他の一切のものと同じように、その根拠を神のうちにもたなければならない。そこで、もし神が絶対的に善であるとすれば、どうして悪が神のうちに根拠をもちうるのか、という難問が生じる。
(『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著、桝田啓三郎訳、岩波書店、2014年、p.201)
 」
多神教的な世界を想定すれば、神々にはそれぞれ個性があって、善神もいれば、悪神もいる、温厚な神もいれば、戦好きの神もいるだろうから、そういう神々の影響下にあるこの世において正邪善悪のせめぎあいがあったとしても致し方ないことではある。
 
「神が絶対的に善であるとすれば、どうして悪が神のうちに根拠をもちうるのか、という難問」
楽山が同意しているこの引用は、楽山が前から言っていた幼稚な神否定の考えです。楽山は、都合の良いことだけを、学者の名をもって、引用してきます。
 
楽山の言う神は、矛盾のないことが人間にも分かりやすい神で、人間が何もしなくても幸せを与えてくれる神なのです。そのような勝手な者がたくさんいるこの世に対して、神は、そうですかと、いちいち分かりやすく説明するでしょうか。
 
こういうことは、考えれば、ふつうに推測できそうな話なのですが、楽山にはできないようです。たぶん、こう言っても、なお、性懲りもなく、いちゃもんをつけてくるのでしょう。
 
さらに、神は、人類を全体として見るだけでなく、人間一人一人を見て、その個性も、その発言も、その行為も、個別に、漏らさず見ておられます。神は全能だからです。それを、在って在るものとして、神を信じる者は受け入れるのです。
 
楽山のような欲張りで勝手な人を納得させるために、神が、いちいち矛盾がないように摂理を整えるとでも思っているのか。いちいち説明してくれるとでも思っているのか。愚かなナルシストは、どこまで思い上がっているのか。
 
神にとっては、地上には、キリスト者になりそうな、あるいは、救いが必要になりそうな、砕かれた魂を持つ敬虔な人がいっぱいいるわけですから、楽山のような不満と疑問で出来ているようなナルシストにかまうことはないのでしょう・・くらいは、厳密でも完璧でもないが、推測できるわけです。
 
恐らく、楽山のような人物は、神は矛盾するとか疑問だとか言い張って、人を惑わしながら、自己満足するような恵みがないことに、さらに不平不満を募(つの)らせて、キリスト者を何とかして貶(おとし)めようとしながら、納得などいくわけもなく、年を取って、残酷なときの流れの飛沫として、誰にも見られないまま、散って消え去ってゆきたいのでしょう。
 
また、人間の都合に合わせた神を見下ろして考えているだけなら、戒める神への信仰もないわけですから、無反省に終始して、思考も感情も崩壊してしまうだろう、ということも、推測されるわけですが、楽山は分からないのです。
 
楽山が引用しているこの神についての難問?には、この地上では、人間に答えなど分かるはずもない、ということが、常識のない楽山は、まるで分からないのです。
 
つまり、神を信じる気などないということです。ということは、楽山は、神を軽く茶化したいだけの荒らしみたいな存在です。良識ある人が、付き合える相手ではないのです。大真面目な学者口調が、楽山の欲望と悪意です。
 
悲しみ多く苦しみ多きこの世界に、それでも生きてゆくために私たちは生まれています。楽山のような者が、安穏を貪るためではありません。
 
「多神教的な世界を想定」
楽山が、いかに神を軽く想定しているかが分かります。
「善神もいれば、悪神もいる」
楽山が、いかに神を軽く見ているかが表れています。
 
これが「この世において正邪善悪のせめぎあいがあったとしても致し方ない」ことの説明になるでしょうか。まさに、楽山の今日も、詭弁スタートです。
 
でも愛と義を有する唯一の全能の神のみが存在すると仮定すると、その神はこの世の悪を一掃する能力を保持しつつも、それをしないのはなぜだろうという疑問を持たずにはいられなくなる。
 
楽山は、このような、最初から答えなど得られない問題にこだわって、神などいない、いたら、おかしい、というような愚痴をこぼしながら、自分は一段高所から神と世界を眺めている慢心にどっぷりつかりながら、ぼんやり一生を過ごしたいようです。
 
だから、毎回、同じことをグダグダ書いて、何の努力も成長もしないのでしょう。そして、信仰者を侮辱し呪い続けるのでしょう。
 
神にはある種の計画があり、あえて悪をそのままにしているのだろうという推測もできるけれども、そういう場合であっても児童虐待事件などをみれば、どんな計画にしろ、その完遂のために、愛ある全能の神が小さな子供を救おうと思えば救えるのに、それを見殺しにするというのはおかしな話であるし、もしその計画の実現のためにはどうしても子供の犠牲が必要だということであるならば、そういう神は愛深き神というよりも、ホラー映画に出てくる、自分の目的のために無垢な子供の血を欲する悪魔に近いということにもなる。
 
先ず、考えることの順序が、著しく間違っています。楽山は、神を前提にして、おのれの要求を出して、これに沿わないからダメと、まるで、神相手に試験をして合否の否を与えているのです。
 
信仰者は、まず、神がいるとは思えない世界を嘆きますが、そこに、聖書から、希望の光を見出します。今は、ひどい有り様だが、この背後には、いつか、大きな世界への導きを用意した聖なる御方ががいるのだろうと思い、そして、そうでなければ、生きられない自分を、正直に捧げて信仰者となるのです。
 
ここには、キリストとの縁のようなものがあります。また、この世の外に、何があるのか、意識はなくなるのか、何もないのか、しかし、救われるとは何か、こういった問題を、考えながら、生きていくのが信仰者です。
 
分からないことを、分からないから安直に否定するのではなく、分からないこととして、自分で決めたりせずに、自らの存在の小ささと世界の奥深さに恐れをいだきながら、神に、キリストに、希望を託して、待つことと、望むことと、生きることと、祈ることを、学んでゆくのです。
 
楽山は、その縁のようなものを感受することが出来ず、しかも、それを、自分ではなく、神のせいにして、不満だけを述べているわけです。
 
信仰が持てないなら、非信仰者としての生き方もあるでしょうが、その努力を一切せずに、自分の作ったところの、神のいない安穏の沼につかって、インテリ気取りと学者もどきで視野の広いさまを見せかけ、実際は、最も見苦しい有り様を見せながら、自己愛だけを養って、いい気になっているのです。
 
またこの唯一の神からすべてははじまったのだとすると、善だけでなく悪についてもその起点は神にあったということになる。「人は神から与えられた自由をはき違えて、悪を為すようになった。これが悪の始まりである」という考え方もあるけれども、もし人が善きものとして創造され、その内には少しの悪も存在しなかったのであるならば、仮に自由を与えられても悪の犯しようはなかったはずである。悪の種を持たないものには悪は犯せるわけもない。とすると、人が自由を与えられて悪を犯したとすれば、人のなかにはもともと悪の種、悪の因が埋め込まれていたことであろうし、これは神が人を善きものとして創造したという話と矛盾する。
 
神の目的も意志も、神の秘密、神秘であります。神の秘められた意志も計画も、自分で決めつけている哀れな楽山です。
 
どうして、神が、楽山のこしらえる神の理屈に付き合う必要があるでしょう。創造主以上に高いものはないのに、楽山は、完全に、神を見下ろしています。
 
このような者は、神の恵みに与る可能性を自分で否定し拒んでいるに過ぎないだけの、実に、くだらないナルシストとしか言いようがありません。罪の種を人に残そうが、蛇の誘惑に乗ってしまう弱さを造ろうが、楽山の許可など問題にするわけがないのです。
 
善きものと言えば、完全に善きものしか思い浮かばず、どうだ、どうだと、いちゃもんの材料にする愚かで凶悪な反キリストの本性です。
 
このように難癖をつけるのが楽山です。一方では、神によってもたらされた恵みに、いっさい気づかず、人の意見をも、いっさい受け付けず、常同行為のように、同じことを繰り返して、進歩というものをいっさい拒否することで、超常と霊が分かるっぽい自分を、ひとかどの人物に見られたがっているのです。
 
どこまでも、我欲と自己中のみで、完成したつもりでいる人格の末路でしょう。楽山は、神という存在に、思考においても、情緒においても、気づくことなく一生を過ごしたいのでしょう。
 
神に難癖をつけても、何も返ってこないことをよいことに、神と、問答、駆け引き、取引でもしているかのような尊大さは、永遠の退屈地獄への道です。進歩のない楽山の記事は、百害あって一利なしの怠慢の堂々巡りです。
 
こういう話は、興味ない人は本当に興味ないだろうけれども、自分としてはついついあれこれ考えないではいられなくなる話題ではある。
 
楽山は、大事なことを何も考えてなどいません。
考える信仰者や、考える非信仰者とは、全く違う人種です。
 
楽山のような、自己愛からの無神論が訂正不能の前提となる者には、思考も情緒も、有意義に働くことはなく、ただ、言い張って、いい気になって、やたら、しつこく、無駄や詭弁を書いて、自己満悦して、その実、自己破壊しか起こっていないという証拠を自ら積み重ねてゆく経過しかないのでしょう。
 
明けても暮れても、同じところだけを巡っています。考えたつもりでも、自己愛が思考と情緒を妨げるために、同じところだと気づかないのです。気づかない、感じない、考えない、ということだけが、積み重なってゆきます。決して、真面目に相手にしてはいけない人です。
 
これについては多神教的な世界観を持っていた頃はさほど関心もなかったのではあるが、一神教的な世界観を知り始めたら俄然関心を持たないではいられなくなったのである。一見したところでは一神教的な世界観は多神教的な世界観と比べてシンプルで分かり易いように見えることもあるけれども、実際には案外にやっかいな世界観だなと思う。
 
世界観という概念が、楽山の宗教思想なのでしょうか。人間一人の様々な問題について、不感不応で、言いたいことだけを言って、実際は、何の関心もないことが表れてきました。
 
つまり、楽山は、セカイカンに酔い痴れているだけで、世界観を理解してはいないということです。何故なら、世界観を考えるのは、それが、一個人の人間にとって建設的な意味を持つことだからです。楽山が白々しく語る世界観という言葉に騙されないでください。
 
霊が分かるっぽいと楽山が訂正不能に思い込んだときから、今に至るまでの、空疎で、まるで進歩がなく、建設的な要素がまるでないにもかかわらず、反キリストのシャロームの肩を持ったりするような、理路も無ければ人間の正常な感情も持っていない無意味な、信仰への妨害行為が続いています。
 
厄介なのは、意図的に、気に入らないと無視することしかできず、どこまでも悪意に徹する楽山の質量のない口であります。このように、良心のない人は、何を冷静に書いたつもりでも、彼の言う霊性?の訂正不能から、妨害にしかならないのです。
 
楽山の提示する疑問は、ことごとく、いちゃもんであることが明らかになってきて、これからも、単純に、同じ繰り返しになるでしょう。それは、楽山の、今までの、受けて答えることをしない卑怯者の態度と姿勢から予測されてきたことです。
 
丁寧そうな言葉に騙されないでください。文脈と今までの記事の流れから、分からないことを分かったことにしないと気が済まない楽山は、人を巻き込んで混乱させる、きわめて狡猾な攻撃性を持つところの、悪意の人です。
 
楽山は、読書と考えることがお好きなのですね、むずかしいことをテーマにして感心しました、インテリなのですね、やさしいお人柄ですね、など、世辞を言ってくれる人か、素直に受け入れて騙されやすい人、などが現れてコメントを書いてくることを待っている生業(なりわい)なのでしょう。・・とても陰気臭く、腐っていると思います。
 
世々にわたって、この楽山やシャロームのような、責任を負わずに自由を悪用して自己中で勝手なことを言い続ける者たちが、中身のない説法を専らとして、人の良心を破壊して、人にも社会にも世界にも、災いの種を蒔(ま)いてきたし、また、蒔いてゆくのだろうと思っています。
 
しかし、楽山が、いかなる仲間と、いかに神に疑問を呈して、人を、神否定の方向にマインドコントロールしても、命の沙汰は、私も楽山も誰も知らず、神が決めることなのです。
 
私は、楽山のように、神を否定して、逆に、神に否定されるような被造物にはなりたくないから、できる範囲で、書いています。楽山には、くれぐれも近づかないようにしてください。
 
 
楽山には、宗教と信仰を云々するための理解のベースが、論理および感性の両方において、全くと言っていいほど、ありません。そして、ベースがないことを、これまた、理解できずに、弁えもせずに、自己愛の衝動のようなものによって、ボンヤリ言語で、身の毛が弥立つような詭弁と刷り込みを書いてきます。
 
楽山が信仰しないのは楽山の自由であり、楽山に対して福音伝道が不可能なのは明らかであり、神もキリストも分かっていないのだから、宗教と信仰について書かなければよいのに、楽山は、なおも、いちゃもんをつけるという陰湿な自己顕示だけは、じとじとと、じめじめと、いつまでも止めない、まことに恐ろしいほどの不遜な愚か者です。
 
 
 私のライブドアブログの記事
 「神と人の未分化」に付いたシャロームのコメント
 http://st5402jp.livedoor.blog/archives/5829756.html
 シャローム( shalom、シャロム、あなた、私)
 
 
シャロームであることは筆致から明らかですが、名無しの猫と名乗っている荒らしです。荒らしという本性の正体を現して、ライブドアの私のブログに、揶揄コメントを書いてきました。
 
1. 今も名無しの猫2020年04月08日 10:13
おはようございます!名無しの猫です。お久しぶりです!
相変わらず誰も相手にしてくれないようですね。
マグダラさんであればあるいはコメントしてくれるかもでしょうか?
 
上に「相変わらず誰も相手にしてくれないようですね」と揶揄しておきながら、下のほうには「いいですね」と時候の挨拶を入れています。この極めて不適切なアンバランスに、まだ気づかないようです。シャロームという人のケダモノのような荒々しさには、気づくことを期待するのが無理のようです。
 
楽山とシャロームは、カルトの仲間ということです。自称マグダラマリアも仲間なのでしょうか。私が自称マグダラに批判記事を書いたので、そのことを書いています。仲良しカルトの根は深いのでしょう。
 
Yahooブログ時代が懐かしいですね!
今年はことさらにきれいですが、
満開の桜がいいですね!
色とりどりの花と木々の緑も鮮やかな公園を今日も散歩します。
スポーツを楽しむ人の姿もあり、いいですね!
お元気でお過ごしください。
名無しの猫より
 
「Yahooブログ時代が懐かしいですね!」・・反キリストの親分のようなシャロームなど、私は、ちっとも懐かしくなどないのです。早く消えてください。挨拶は入れません。
 
名無しの猫、という荒らし、実は、足掛け10年間、批判対象のシャロームです。
 
いくら、時候の挨拶、自然を愛でる文言、「お元気でお過ごしください」と書いても、上の「相変わらず誰も相手にしてくれないようですね」で、敵意は明らかなわけです。
 
荒らしであることを隠さず「名無しの猫」と書いて、短い揶揄+挨拶のコメント、相手にする価値はありません。
 
シャロームは、アドラー心理学が人間をどうしようもない自己中に変えるということの中心的な要素を持っています。また、在日らしいシャロームは、日本人を嫌韓に変えてゆく典型的な要素を持っています。
 
それは、自己中、人の言うことを聞かない、受け取って反応することが出来ない、反省しない、理路と情緒がない、思考力も理解力も共感性もない、罪悪感がない、訂正不能、平気で嘘を吐く、ありもしない事実を平気で捏造する、真摯な態度を欠片も持たない、などです。楽山も、大方、似たようなものです。
 
シャローム、楽山、易坊、自称ヨシュア、自称マグダラのマリア、この者たちは、つながっていると思っています。言ってることが、よく似てる。ひょっとしたら、アドラー心理学も・・??
 
乱暴だ、と思われて嫌われることを避けるために、言葉だけ丁寧です。
 
共通するのは、自己中、という滅びの道です。言うことが、うっすら、冷たくて、気に入らないことは無視して、刹那的に楽になるので受け入れて、次には気づかない人を騙してゆく、という特徴です。社交の世辞レベルで、既に、心を侵してきます。
 
 
(2020年04月09日)
(2020年04月11日、一部修正)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
https://ameblo.jp/st5402jp/
https://stdsts.hatenablog.com/
(古い記事は載っていません)
 
https://st5402jp.blog.fc2.com/
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
https://twitter.com/st5402jp/
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
https://philosophy.blogmura.com/christian/
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ 
 
ブログランキング
https://blog.with2.net/rank4482-0.html