神義論?(改)
 
   『サピエンス全史(下)』の感想 つづき
   https://ameblo.jp/aankzf2019/entry-12528138068.html
   楽山日記 (a) 2019-09-21 19:23:49
   テーマ:ななめ読み
 
 
楽山の数々の詭弁と嘘と悪意は、既に、かなりの数、資料となっています。楽山の去年の記事の、キリスト教批判が、まるで批判になっておらず、議論の対象ともならないような低次元の的外れであることを、再録+加筆しておきます。
 
神義論とは、神の正しさについての議論というようなことでしょう。
神を信じていない楽山などには書いてほしくないし、全くの見当違いで、神を否定してくる楽山の幼稚な理屈に付き合う人がいないことを祈るばかりです。
 
『サピエンス全史(下)』をぱらぱら見直してたら、第12章の「善と悪の戦い」で神義論的な話題が出てた。善であり全知全能である神は、なぜこの世の悪や苦しみを無くさないのだろうというやつ。著者はこれに対してよくある回答例として「神はそうすることで人間に自由意志を持たせているのだ」というものを挙げつつ、それならば全知である神は、誰が悪を選び、地獄で永遠に罰せられることになるかを知っているだろうに、なぜわざわざそのような人を創造したのかという疑問をぶつけてる。多分この疑問にはそれなりの回答はあるのだろうけれども、この手のことが議論になるということは、少なくとも著書の言う通り「一神教信者が「悪の問題」を処理するのに苦労していることは否定できない」という点だけはまちがいなさそうではある。
 
悪の苦しみをなぜ神はなくさないのか、また、全知である神が、何故、悪を創造したのか、という疑問は、信仰の初期に、多くの人がいだく疑問ですが、信仰があるならば、完全なる神の秘密として、不完全な人が考えても分からないこととして、この地上では答えを出そうとせず、保留するのが信仰者の態度です。
 
何故なら、信仰者は、疑問をいだく以上に、神を必要とし、キリストを必要としているからこそ、信仰者であり、生きてゆく上で、神の、キリストの、癒しと救いと導きがないと、生きてゆけない経験を持っているからであります。
 
神の導きに与(あずか)ることを拒否し続ける妬みの権化となった楽山のような者だけが、信じたこともないくせに、あたかも、真理を見つけた、信仰はこうだ、神がいるのはおかしい、などと言うためだけに、克服も保留もできなかった課題に、心で信仰を必要と認めることが出来ない自分の正当化のためだけに、要らぬ差し出口を挿んでくるのでしょう。
 
全知である神は、誰が悪を選び、地獄で永遠に罰せられることになるかを知っているだろうに、なぜわざわざそのような人を創造したのかという疑問
 
こういう言いがかりというのは、神の摂理や意志を、人は理解できる、という前提で書かれています。そして、理解できたら信じてやる、という、高慢な者が、身の程知らずに言っていることです。
 
神の摂理と意志を人に理解できるわけはないので、分からないから神は作りごとだと言いたいわけです。既に、ここに、高慢からの詭弁が表れており、最初から、信じる気など全くないから、安心して憎まれ口を書けるということです。
 
神の辻褄が分からないことを、否定の根拠にしたいようですが、信仰は、神の辻褄が分かるから信じるものではないのです。全能者を理解できるのは、全能者すなわち神のみであり、人に理解できないのは当然であります。
 
理屈や辻褄は、それだけでは、人を生かすことなど出来ません。信仰に至るのは、趣味的な辻褄合わせの遊びなどではありません。
 
救い主の同伴、孤独からの解放、癒し、といったところに、高慢のために、まるで、感受性のない楽山に、信仰を理解することなど出来ないと知るべきなのです。
 
楽山が、幼稚としか言いようのないようないちゃもんを、大外れのピントで、言い得たかのような態度で書いて、それで、自分だけ、まともだと思っていられることが、良識を疑われることであり、否定されるべきは、まず、楽山の言であります。
 
救いと癒しと生き方に関わる信仰について、辻褄合わせだけにこだわり、理路を組み立てる次元が狂っていて、共感性など考えたこともないような、楽山こそ、違う畑を荒らす盗人であり、もはや、人間としての存在意義を疑われてもおかしくないのです。
 
キリストを、その同伴を、その癒しを、楽山は、聖書から分かっていないのだから、これからも、楽山が書けば、何も理解する気のない証拠となるような、議論の対象にもならない、幼稚、低次元、悪意、といったような、いちゃもんだけを並べることになるでしょう。うんざりします。
 
「一神教信者が「悪の問題」を処理するのに苦労していることは否定できない」
 
何を決めつけているのでしょう。その疑問は、既に、卒業しているのです。むしろ、例えば、楽山の惑わし言葉のような、悪の問題があるからこそ、悪に対して、取り込まれることなく生きてゆけるように、信仰者は、心に深く信仰を考えることが必要なのです。
 
ここで、悪の問題は、楽山問題、即ち、どうして、楽山のような理解の足りない悪者が、しかも、身の程を弁えない乱暴者が、生まれてくるのか、そして、無反省に、無責任に、悪意を持って、余計なことばかり言うのか、という問題です。
 
ちなみに自分がこの話に興味を持ったきっかけは、スティーヴン・キングの「デスぺレーション」を読んだことだった。これはキング作品なので当然のごとくホラーものなのだけど、大雑把なあらすじは、主人公の少年は、友人が交通事故で意識不明の重体になったことを切っ掛けにして、宗教に興味を持ち、牧師のもとに通いはじめ、やがては多大な犠牲を払いながらも、永い眠りから目覚めて悪をなしはじめた邪悪な悪霊らを地下に封印し、世界を救うという使命を果たすというものだけども、この少年は作中で、神は僕に僕の役割を果たさせるために、友人をあんな目に遭わせた、神は友人を救うことができたのに、そうしなかった、友人があんな目に遭うのをゆるしたんだ、僕はそんな神をどうしてもゆるせないと悩んでいたのだった。
 
そうして、楽山のような、心で読み取ることのできない者は、興味本位だけで、本を読み漁りますが、心と人間性において読んでおらず、ホラーやヒーローものの超常話の心のない筋書きをつないでは、いい気になり、神聖についての知識であるかのように、ひけらかすのです。楽山の、子供だましに引っかからにようにしてください。
 
神は神聖でありますから、人が、人の劣った知恵で読み解くことなど出来ないのです。むしろ、神にとって、どういう者が、救いの導きから自ら漏れてゆくかということを、表す例示のために、楽山のような者が存在するのかもしれません。
 
それが、今言える真相の経過であり、私たちは、神を知識として知るのではなく、神を仰ぐ人は、神に逆らう者を区別するためにこそ、人間の知性と感性と信仰が与えられているとしか言えません。まことに、そのことに沿って、楽山は、反キリストらしく、勝手に、いちゃもんを言いまくるという成り行きになっているのです。
 
自分は不覚ながら、これを読んで初めて、もし神が全能であるなら、神はこの世の不幸の全てを止めることができるなずなのに、それをしない、これはつまり不幸の存在をゆるしているということになるのじゃないかと気付いたのだった。
 
楽山の気づきの、いかに、お粗末で、他罰的であることか。楽山という悪で偽善の存在が、今も野放しになっていることの方が、より大きな疑問と言うべきでしょう。しかし、それも、また、神のみぞ知ることなのです。
 
信仰が興味に過ぎない段階で、欲望まみれの知性をもって、そういう疑問に気づく者は、稀ではないのです。私もそうでした。まだ、人生の苦難を知らず、小理屈だけで、真理を語ろうとする未熟な青少年だったのです。
 
しかし、そのことに、大人になっても、中高年になっても、成熟しない者だけが、こだわり続けているという悲惨を、楽山は表しているに過ぎません。
 
心で感じることのできない者は、そうなってしまうのです。そして、楽山のような者は、信仰者を嘲笑いながら、結果としては、信仰者の信仰を、むしろ逆に、鍛える結果になり、良心を持たない者が、いかなることを企むのかということを例示するための資料となってゆくのです。
 
不幸の存在があるからこそ、信仰が必要なのですが、楽山は、不幸がなくなったら信じてやるというスタンスのようです。そのスタンスでは、どこまで行っても、信仰にたどり着くことはありません。代わりに、楽山のような者は、いつまでも、お高くとまって、自己満の台詞を吹き続けるのでしょう。人間の、もっとも、おぞましい失敗の姿です。
 
楽山は、キリスト教について批判しているのではありません。自らの無理解をごまかすために、何の解決にもならない文句をつけているだけです。
 
もう一つこれと似たことは、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」にもある。有名な大審問官の前段で、イワン・カラマーゾフは大体次のような主張をしている。歴史上、罪もなくいたいけな子供たちが不当な仕打ちを受け、虐待され、殺される事件は幾度も起きている、なぜ神はそんな子供たちを救わないのか、なぜ子供たちが苦しめられるがままにしておくのか、もし仮に偉大なる神の計画なるものがあって、その計画の成就のために子供たちの犠牲が必要であり、一切が済んだ後は犠牲になった子供たちも復活してみんなが幸福になるというすじがきがあったとしても、子供を犠牲にするようなそんな計画は認められない、神は存在しないというのでなく、そのようなことをする神は認めない、認めたくない云々と。
 
もろにキリスト信仰者を攻撃しているようです。本当に嫌な奴って、いるものです。誰も楽山など当てにしていないのに、独りで鼻毛を伸ばして、文句だけ言って、分かるなら答えてみろと、自己満悦の境地から、なおも、心ない反信仰者としての役割を果たしているのです。
 
神の秘密、すなわち、神秘について、人は、決して答えを見つけることはできません。もし見つけることが出来るなら、その者は神秘を知る者となり、神の秘密ではなくなるからです。
 
楽山のような者が、いかに、神を、自らの浅薄な知恵をもって、批判しても無駄なのです。必要だから信じるのです。必要ない者は黙っていなさい、ということです。まことに、楽山は、執拗で、小蝿か蚊のように、なんて煩わしいことでしょう。
 
楽山は、世界の悲劇に対して、自分の悲劇に対して、自ら、何も努力する気がなく、ゆえに、何も解決できていないのを、ひたすら、神のせいにして、文句だけを言うことで、結果として、ますます、悲劇を伝染させようとしているだけです。
 
これも言われてみれば確かにその通りではある。善であり、何でもできる全能の神であるなら、誰をも犠牲にしない計画を立てて、それを成就することもできるだろうに、なぜに子供が犠牲になるのをゆるすのか分からん。そんな計画をする神のいる天国に入るより、そんな神にノーと言い、天国への招待券は謹んでお返しすることこそが正しいことであり、これこそが真なる神の求めていることではないかとさえ思えてくる、もし真なる神が存在するとしたならば。
 
神の全能性を、ひたすら、自らの欲望に引きつけても、神は沈黙されるだろうに、狭い視野から、文句ばかり言って、総てを、神にせいにしている楽山です。こういう人が、自己中のために、あらゆる平和活動の妨害となって悪態専門のクレーマーとなるのでしょう。
 
このように執拗に、楽山は、自分の知恵で理解できなければ、神は、おかしい、いない、と文句を言ってきます。人間の知恵で理解できて、辻褄が合うなら、それは神ではありません。
 
本当の知恵は、深い洞察や共感をもたらしますが、楽山の知恵は、せいぜいクイズの、あまり優秀でない回答者のように、誤答で恥をかいては、問題が悪いと言うような出来なのです。
 
すなわち、楽山は、今まで、一度も神について語ったことはない、ということです。邪魔するだけの存在だから、ますます、宗教にも信仰にも縁がなく、ただ自尊の自惚れだけを後生大事に、神?として崇めている自分信仰者なのです。心無い楽山が、真の神の存在に気づくことは、恐らく、ないのではないかと危惧されます。
 
ちなみにマクグラスの『キリスト教神学入門』ではイワンの無神論を「抗議する無神論」としてるし、同書によれば孫引き的になるけどユルゲン・モルトマンは「唯一の真剣な無神論」としていたそうだ。宗教信者のなかにはイワンの主張を理解せず、単なる無神論であり典型的な悪魔の論理であり間違いであると断定してバッサリ切り捨ててまったく心を動かされず関心も持たない人もあるようだけども、自分としてはそれよりかは「抗議する無神論」「唯一の真剣な無神論」と受け止める方がよほどまともなのではないかと感ずる。
 
インテリ気取りで、学者の名前をいっぱい出して、箔をつけたい楽山です。その理路も、感性も、言ってる内容も、小学生のレベルを超えていません。だから、いっそう、有名人の名前をたくさん出して、自慢のネタにするしかないのでしょう。楽山の陰険ワールドに引き込まれないように注意してください。
 
無神論は、一定の役割を果たします。何故なら、多くの信仰者は、神がいるなら云々、本当に神はいるのか、という疑問にぶつかるからです。そのとき、物を言うのは、神、私の場合はキリストですが、キリストを離れて、生きてゆくことが出来るかどうかなのです。
 
その問題を、投げかけてくるのが、無神論かもしれませんが、既に、絶対孤独からの解放という信仰の恩恵を受けている、ゆえに、キリストを離れることはできないということがあります。ましてや、説得力も文章力も、自己愛のために損なっている楽山の言など、何の意味もありません。
 
その疑問を超克し、限りない愛を示すために、御自ら、全く無力で孤独な殺され方をもって、命を捧げたゆえに、イエスは、私に共感と解放を与え、私のような怠け者にとっても、救い主であります。
 
楽山のような知恵の浅い者は、いつまでも、浅薄な自意識で、魔法使いのヒーローのような救世主を、きっとこうだ、きっとこんな神だ、そうでなければ信じない、答えよ、神、とでも、わめきながら、地団駄を踏み続けることになるのでしょう。
 
楽山が、神についての記事など書くのは、全くの身の程知らずで、人心を惑わす偽善でしかないので、早く、やめてほしいです。
 
楽山は、その引用する無神論ほどにも、何の役割も持っていません。ただ煩わしいだけの人です。楽山が、どんなに本を読み漁っても、楽山の幼稚な興味を卒業しない限り、神の恵みも導きも、楽山に訪れることはないのです。心が別の余計な自尊の執着で満たされているからです。
 
つまり、楽山の言は、ルサンチマン、ある意味、みじめな負け犬の遠吠えであり、誰も聞いてくれないものだから、それをも、神のせいにして、気取ってい見せますが、傍迷惑な、八つ当たりも甚だしいのであります。
 
…と、まあ、あれこれと書いては見たけれども、やはり一神教的な見地から、悪の存在を考えてみると、いろいろと難渋するということは言えそうではある。ついでに書くと、一神教では、悪の存在だけでなく、悪の発生についても説明するのに苦労しそうだ。善なる神が、善なるものとして創造した世界において悪が生れたというのは、どうも理屈に合わないし、矛盾してるだろうから。
 
まだ、言ってる・・。理屈って、人間の理屈だし、神のあり方など、知る者はいないのだから、知るのが当然であるかのように慢心している楽山は、なおも、信仰周辺を、蝿か蚊のように飛び回るのでしょう。信仰とは、神とは、と言いながら、信仰の世界を知ることもなく、的を外し続けるのです。
 
ここにおいて、悪の存在とは、楽山のような者が、どうして、今まで放置されてきたのか、という問題です。矛盾とは、楽山のような者が、どうして今も、気づきがないのに、図々しく、信仰について語るのかという問題です。理屈に合わないのは、楽山のような者の言うことが、どうして万人から批判されないでいるのかということです。
 
書き捨てや言いたい放題を可能にするネットのあり方、思想と言論のあり方、罪悪感のない異常者の問題、などが、精神医学、法制度、政治などと、複雑に絡んでくることになります。
 
もっともぶっちゃけていえばこの手の議論は、著者が第20章で書いているように、「過去四〇億年近くにわたって、地球上の生物は一つ残らず、自然選択の影響下で進化してきた。知的な創造者によって設計されたものは一つとしてなかった」と言い切って、神も善も悪もそんなものはすべて人が後から考えたものであって、人に先立って存在したわけではないとしてしまえばそれで終了してしまうのだけども、
 
40億年を見た者はいません。根拠のないところから、楽山は、自分の好みと怨念によって、まるで結論が出ているかのように、決めつけています。これが、楽山の根性であり、詭弁の誘導であり、狙いなのです。
 
楽山の系譜は、どうやって、自然選択の影響下で、神にも触れてもらえず、今のような情ない人格に進化してしまったのでしょう。そこには、何の救いもないのですが。
 
生まれつき優柔不断で根が信心深く、かつ迷信深くもできている自分はそこまで単純には割り切れないのだから仕方がない。そういう自分はそういう自分の性質を承知した上で科学的客観的とされる現実解釈と折り合いをつけつつ、両者のズレをうまいこと調整しながら生きて行くよりほかはないんだろうな…。
 
またまた、楽山特有の、反省や謙譲に見せかけた嘘で結ぶようです。
「生まれつき優柔不断で根が信心深く、かつ迷信深くもできている自分」
「そこまで単純には割り切れない」
今まで、とんでもなく失礼で、全く次元の違う方向に、大きなテーマについて語っておきながら、ここで、反省言葉など、通用するわけがないこと、楽山は分からないのです。文脈も状況も、まるで弁えず、まるで分からず、まるで無視して、わざとらしい謙虚芝居をしている楽山です。
 
「自分の性質を承知した上で科学的客観的とされる現実解釈と折り合いをつけつつ、両者のズレをうまいこと調整しながら生きて行く」・・楽山にだけは出来ないことだと思います。無反省、無責任、悪意、詭弁、自己中、訂正不能、というような経過しか見せていない者には、何の折り合いも調整も成り立たないと思います。
 
一生、割り切れないまま、知ったかぶりを続けるのでしょう。楽山の言こそが、既に、いかなる説諭をもってしても、割り切れないのです。自分を見ようとしない者が、自己愛や自己中や自認や自慢だけはしてくる、という矛盾が、楽山の大きな病巣です。
 
楽山は、優柔不断ではなく、いい加減なのです。信心深いのではなく、妄想深いのです。迷信深いのではなく、迷信作りなのです。割り切れないのではなく、ゼロで割ろうとしているのです。
 
謙譲も反省も見せかけであること、優柔不断はボンヤリ言語の言い訳であること、迷信深さは既に妄想の域に達していること、ゆえにシャロームと仲良くできること、などが、明らかになってきたのに、楽山は、自分は単純ではなく思索を専らとする者だと自慢したくて書いてきます。
 
人間の分際で、小蝿の力量で、嘘吐きの経歴で、的外れの執拗な継続で、蚊の羽音で、蝿の五月蠅さで、幼稚な理屈で、小学生のままの説得力の欠如で、卒業できない自分を正当化するためだけに、心をどこかに置き忘れたまま、本当の謙譲も敬虔も知らないまま、信仰にも真実にも有害でしかない言説で、粘液のように不快な執拗さで、屁理屈ををを繰り返して、解答にも納得にも共感にもつなげられない楽山を、間違っても誰も信頼することのないように、心から願っています。
 
 
丁寧な暴言
丁寧な暴言
 
 
(2019年09月25日、同日一部修正)
(2020年09月27日、一部修正して再録)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
https://ameblo.jp/st5402jp/
https://stdsts.hatenablog.com/
(古い記事は載っていません)
 
https://st5402jp.blog.fc2.com/
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
https://twitter.com/st5402jp
(ここは、たまにブログ記事をリンク)
 
 
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html  
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
https://blog.with2.net/rank4482-0.html